カークランド ルワンダコーヒー

カークランド ルワンダコーヒー

カークランドシグネチャー ルワンダ フレンチローストコーヒー 1.36kg
購入時価格 1,798円

我が家がコストコに行く度に必ず購入しているのがコストコのコーヒー豆、スターバックスロースト ハウスブレンドです。コーヒーは毎日飲むのでコストコの大容量サイズでも1ヶ月もつかもたないかって感じなのですが、安定の美味しさなのでいつも同じものばかりをリピし続けています。

そんなわけでいつもはハウスブレンドばかりなのですが、たまには違うものも飲みたいなーということで今回選んだのがカークランドシグネチャーのルワンダコーヒーです。

ルワンダコーヒーというものに馴染みがなかったので、今回はある種チャレンジみたいなものですが、このコーヒーはローストレベルが「dark」と表示されていて、我が家が好む深煎りのコーヒーなんですよね。

また、こちらは正式名称として「ルワンダフレンチロースト」と書かれておりまして、フレンチローストと言えば、スターバックスのフレンチローストコーヒーはかなり深煎りのコーヒーでほとんど酸味は無く、濃いズッシリした味がするなかなか好みのコーヒーなので、このルワンダコーヒーもちょっと期待できそう。

ハウスブレンドもかなり大容量ですが、カークランドシグネチャーのこちらのシリーズはさらに量が多いので、好みの味じゃなかったらダメージが大きいんですよね。

ただ、今までもカークランドシグネチャーのコーヒーはいくつか試しているのですが、わりと失敗なく買えている印象なので多分大丈夫かな?

名称:レギュラーコーヒー(豆)
原材料名:コーヒー豆(生豆生産国:ルワンダ)
内容量:1.36kg
賞味期限:裏面に記載
保存方法:直射日光や高温多湿を避け、涼しい場所で保存してください。
使用上の注意:開封後はできるだけ早く使用してください。
原産国名:アメリカ
ローストレベル:dark
※コーヒーの入れ方:大さじ2杯に約180ccの水が目安です。

ルワンダは中部アフリカにある内陸国であり、標高が高い丘や山が延々繋がっていることで別名「千の丘の国」と呼ばれているそうです。

アフリカのコーヒー豆だと、タンザニアのキリマンジャロなどが有名で、コーヒーの産地としてルワンダはそんなにメジャーではない印象があったのですが

肥沃な山灰質の土壌と豊富な雨量、標高1500~2000mの高地栽培が可能で昼夜の寒暖差が激しいなど、ルワンダという国は実はコーヒーの生産にとって理想的な環境が整っている国で、高品質のコーヒー豆が採れるということで人気なのだそうです。

世界中のコーヒー生産国において、その年の最高のコーヒーを選出するために毎年行われる「カップ・オブ・エクセレンス (COE)」をアフリカ大陸で初めて開催した国も、こちらルワンダ共和国なんだとか。

大きな袋にはフレーバーロックが付いていました。開封後は密閉保存ができる形状の袋ではないのですが、口の上部にワイヤーが付いていますので、開封後も綺麗に封をすることができます。

開封してみたところ、いかにも深煎り!といったテッカテッカに黒光りしたコーヒー豆がたっぷり詰められていました。

カークランド ルワンダコーヒー 豆

コーヒー豆は新しいものを初めて開封する時のこの瞬間が楽しみなんですよねぇ~!バリッと袋を開いた瞬間、コーヒー豆の香りが広がります。

いつも通りにドリップで飲んでみました。

美味しいです!一言で言えばフルーティーな味のコーヒーです。もっとガッツり深煎りというか、コクコクしていると思っていたのですが、見た目ほどビターな感じではありません。

深煎りのコーヒーは「濃い」「苦い」と思われる方も多いと思いますが、ルワンダコーヒーは濃さや苦味がかなりまろやかで飲みやすいんですよね。トガッたところがないというか、とにかく飲みやすい!という印象です。

私は酸味があるコーヒーはあまり得意ではないのですが、このコーヒーに感じる酸味はまろやかな口当たりとうまく融合している感じで、嫌な気持ちにならずスッと飲むことができました。

ただ淹れたコーヒーの香りはあまり好みじゃないかな。フルーティーさが影響しているのか、なんとなくコーヒーっぽくない柑橘っぽい酸味のある香りがする気がします。

コーヒーの香り自体がそこまで強く出てこないので香りがめっちゃ気になる、というほどではないのですが、香りだけで言うとハウスブレンドの方が好きです。

また、ハウスブレンドと同じ分量でコーヒーを淹れると、私にとっては若干薄い感じがします。ミルクを足したりするのではなく、そのままストレートで飲みたいコーヒーですね。

カークランドブランドということもあり、価格はかなり良心的。グラム単価で言うとスターバックスローストのコーヒー豆よりもさらに安価になりますので、とにかく量を飲むという人にとってはお買い得です。

万人受けするタイプのコーヒーだと思うので、1袋1.36kgという量さえ問題なければ試してみる価値はあると思います。

我が家ではいつものように、小分けした後に真空パック器を使って脱気保存し、冷暗所で保管しております。開封したものからコーヒー用の瓶に詰替え、冷蔵庫に入れながら使用している状態です。

冬場になると特にコーヒーを飲む量が増えるので、小分けしたパックをどんどん開封しなければおいつかないような状態なんですよねぇ・・・。なので、この量でも問題なく飲んでしまえると思います。

久々にいつもと違うコーヒー豆を購入したのですが、スッと受け入れられました。コスパも良いし、また買っても良いなーと思えるものでした。

おすすめ度:★★★

コメント

  1. 1
    千葉在住です says:

    おはようございます。
    また寒さの戻る関東です。
    コス子さん更新ありがとうございます。

    コーヒー毎日何杯か飲むのですがドリップバッグのものばかり…一杯20円弱。量を飲むならコストコは素晴らしいですよね。

    魔法瓶のコーヒーメーカーもしまいこんでしまった…
    でも、コス子さんの記事を読ませていただくと、やはり豆を買いたいな!と思うから凄いです(^^)

    とりあえずスタバで粉買ってからコストコにチャレンジします!
    コーヒーとお菓子…コストコはティータイム商品最強ですね!

  2. 2
    そら says:

    いつも楽しみにしています。
    豊富な情報、ありがとうございます。

    1点だけ指摘。ジャマイカは中央アメリカです。

    今日の記事は、コーヒーの良い香りがしてきそうです。

    • コス子 says:

      そらさん
      本当ですよね^^;何で間違えたんだろう・・・。ご指摘ありがとうございました!訂正しましたー。

  3. 3
    きよまママ says:

    おはようございます。

    写真ではかなり深炒りな感じですが見た目ほどではなさそうなので試飲に巡り合いたいです〜。
    あの量で失敗したら毎日ブルーな朝を迎えなければならないのでなかなか新しい豆に挑戦できない小心者です(^^;

    今飲んでいるスタバのブレックファストがそろそろなくなりそうでハウスブレンドがスタンバイしてますが次回ベランダブレンドと共に購入してみようかなと思います(^^)

  4. 4
    yosimama says:

    このコーヒーはスタバのものと同じで、酸化が早くないですか?
    保存状態が悪いのだろうけど、半分くらいまで消費すると、大分味が変わってきます。
    だいたい1袋を1か月ちょっとで飲みきってしまうのですが・・・
    少しずつ挽いて残りは冷凍庫や冷蔵庫に保存しています。
    真空状態にしないとだめかなあ。

    • コス子 says:

      yosimamaさん
      深煎りのものは油が多いので例外なく酸化が早いですよねー。この量を1ヶ月程度で飲みきれるのはなかなかのハイペースですが、それでも味の変化があるんですね。真空パックオススメです。

  5. 5
    178のうさぎ says:

    コーヒーは、通販の超安価なドリップバックばかり使っていましたが、先月家族にせがまれてハウスブレンドコーヒーを購入。その都度ミルで挽いて飲むのは面倒だと思っていましたが、いい香りで嬉しくなりました。
    ペーパードリップ式を使っていますが たてる時間も楽しいものですね。大人3人家族で1ヶ月持たない位の消費ペースだったので 増税前に コレ買ってみようと思います。見覚えのないパッケージですが 探してま~す(*^。^*) 

  6. 6
    KAZ says:

    昨年、このカークランドのルワンダンを6パック買いました。最初は1998円で売られていましたが、次に行ったときは977円で1パック買いました。フレンチローストと記された割には飲みやすく、サンフランのピーツコーヒーを思いだし、再び買いに行くと477円になっていました。
    そこで5パック買って友人にもあげました。、1パック3lb飲み終わる頃にはみんなこの味の虜になったようです。同じカークランドシグネチュアーのコスタリカンやガテマランより美味しいです。しばらく見なかったのですが、この土曜日に行ったときには山積みでありました。しかし1798円。
    まだ477円の最後の1パックを飲んでいますが、冷蔵庫保存で味は変わらないですね。ファインカットミルで挽いていますが、ステンレスの粉受けに引っ付いて残るようになりました。油のせいでしょうか、でもディープローストが油が多くて酸化するというのは間違いでしょうね。もともと豆に含まれている油ですから浅煎りであろうと深煎りであろうと油の量には変わりありません。強いて言えば浅煎りのほうが豆に油が残っているので味が落ちるかと・・・。深煎りで浮いている油は豆には含まれるものではありませんから。
    ドリップも最後の一滴まで落とさず、ドリッパーにまだ半分くらい残っているくらいでカップをいっぱいにして捨てるのが良いらしいです。
    残っているのは灰汁だそうです。
    しかし、コスコって面白いですね、時々案内もなしにとんでもない安値で売ってる時があるんですよね。昨年ゲインのアップルマンゴタンゴが1200円引きで798円で売ってたました。重たくて6個しか買わなかったのですが、腐るもんjじゃないからもっと買えばよかった。あの香りはやみつきになります。
    いま冬もの衣料が激安、TUMIのダウンジャケット約9000円が3000円弱で、良質のウールのトレッキングソックス4足入りで約1400円が1000円弱で売ってます。ちなみに好日山荘で買うとスマートウールという商標の同じ中厚手ですが1足が1785円します。
    もう週に3回はコスコ通いです。

  7. 7
    yosimama says:

    そうですよね、深煎りであろううと浅煎りであろうと油の量は変わりませんよね。
    深煎りだから酸化が早いってわけでもないんでしょうか

  8. 8
    もぐもぐ says:

    始めまして、いつも楽しく拝見させていただいております。
    珈琲豆ですが、元々の豆の油含有量はかわりません。
    ですが、焙煎度によって表面に滲み出す油の量が変わっていきます。浅煎りは油が少なめ、深入りになればなるほど表面の油が多くなります。
    油は空気に触れる面積が多い程酸化していきますので、コスコさんの言うとおり深入りになればなる程酸化スピードは早くなります。
    また冷蔵庫保存の際、夏場などは温度差によって結露が発生する事があります。湿気る原因になりますのでコスコさんのように密封するのが一番いいですね。
    コスコさん、濃く飲みたい場合は硬水のお水でコーヒーいれてみてください。苦味が強くなりますよ♪

  9. 9
    優子 says:

    こちらの記事を読み、ルワンダ珈琲買って来ました!すごく美味しかったです!
    スタバのハウスブレンドが好きで緑パックを買いましたが、少し苦く香りがスタバで買うものよりイマイチな気がしていました。深煎りが好きやしお値段を考えると十分納得の味ですが。
    でもルワンダ珈琲はホントにフルーティで苦味も申し分なく、今度から緑パックをやめてこっちにします!
    いつも参考にしてます。ありがとうございました。

  10. 10
    ぴろり says:

    おはようございます。
    昨日、コレ買ってきて、今挽きたてを淹れて飲んでみました。なんか爽やか〜!
    いつも、スタバのエスプレッソなんですが、たまにいいですね。うちも2人で大量に消費するので、、、って、⒈36kgってスゴイな( ゚д゚)
    ほんとにアンチエイジングの効果があるなら嬉しいんだけどな〜。

  11. 11
    りょたもと says:

    はじめまして。いつも大変参考にさせていただいております、今回コストコ中部にいきまして このコーヒー買いました♥うちも 毎日コーヒー飲む上に 気になってましたので・・・。買ってドリップして飲んだ感想。かなり濃い目ですが 本当美味しかった。開封したときのコーヒーの香りを楽しみたい人にとっては ちょっとだけコーヒー感がないのが残念だが 全く問題なく飲めます 

  12. 12
    ひつじ says:

    ゴールデンウィークに買いました。
    ミルで細か目に挽くと濃くカフェオレに合い、中挽きだとあっさりでストレートで飲みたい味でした。
    私はカフェオレが好きなので、細か目に挽いて飲んでます!
    たくさん入っててお値打ち価格だし、躊躇なく?毎日挽きたてが飲めます(笑)

  13. 13
    送球ママ says:

    先月 これを目当てに広島倉庫店に行ったのに、無くなってましたil|li _| ̄|● il|li
    ミル付きのコーヒーメーカーに変えて 毎日飲んでいたのに…ショックでした‼︎
    近くにはあの巨大サイズで安価な豆はないので尚更ですm(;∇;)m

コメントを投稿