アティチュード ディッシュウォッシングリキッド(食器用洗剤)

アティチュード ディッシュウォッシングリキッド(食器用洗剤)

ATTITUDE ディッシュウォッシングリキッド 700ml×2本
購入時価格 1,068円
参考価格 948円(2016年7月)

コストコで販売されていた新しいメーカーの食器用洗剤を購入してみました。元気よく跳ねるクマノミの写真とスタイリッシュなフォルムが気に入り、キッチンに置きたいなーなんて思いましてね。いわゆるパケ買いというやつです。

ただ、実際にキッチンに置いてみると想像以上にボトルが大きすぎちゃいまして、キッチンに備え付けの洗剤ラックから頭ひとつ飛び出るような形になっちゃいました・・・。

一般的なキッチン用洗剤といえば大体300ml入り前後のボトルが多いのですが、こちらはその2倍以上の容量となる700ml入りですからね・・・当然と言えば当然かも。

コストコで販売されている洗剤類は詰め替え用の大容量なものが多いため、店頭でこの商品を手に取った時はそんなに巨大サイズとは思わなかったんだけどなぁ。久々のコストコあるあるですね。^^;

アティチュードシリーズは人と地球に優しいエコフレンドリーな製品です。体に負担がかかるといわれる石油系成分や有害成分を含まず、天然由来成分や植物抽出香料を使用した生分解性に優れた洗剤です。

品名:台所用合成洗剤
用途:食器類、調理器具
成分:界面活性剤(15%:ヤシ油アルキルグルコシド、ミリスチルグルコシド、ラウリルグルコシド)、洗浄剤、増粘安定剤、pH調整剤、香料
液性:弱アルカリ性
正味量:700g(×2本)
原産国:カナダ(ケベック州)

アティチュード ディッシュウォッシングリキッド(食器用洗剤)1本

この商品のポイントは、石油化学誘導品、合成着色料、人工香料、硫酸塩及びリン酸塩、動物性脂由来の成分が一切含まれていない、人体と自然に優しい成分で作られているということみたいです。

エッセンシャルオイル等といった100%天然香料のみ使用され、無着色。動物実験は一切行なわずに作られている完全ヴィーガン製品とのこと。

Vegan(ヴィーガン)と言えば、動物に由来するものを一切口にしないベジタリアンの事を言うのかと思っていたのですが、食べ物だけでなく動物に由来するものを使用しない・身につけないといった生活スタイルの事を指すこともあるそうです。

アティチュードはヴィーガンの方でも安心して使えるとのことなので、宗教上の理由等でそういった生活スタイルの方が多い諸外国の方にとっては必要な要素みたいですね。

またこの商品は、カナダの環境省が認定する機関のエコロゴを取得しているらしく、パッケージにもエコロゴのマークが印字されていました。

これは再生利用可能でエネルギー効率が高く、安全原料含有率など一定基準を満たす「環境に配慮した製品・サービス」と認められたものだけが取得できるマークで、このマークが付いているということは国がこの商品は環境に優しいものだと認めている、という解釈で良いのだと思います。

生分解性に優れたエコな食器用洗剤といえば、コストコでも販売されているドイツ生まれの食器用洗剤フロッシュを思い出すところです。この商品も目指すところは同じような印象でした。

使用方法はよく湿らせたスポンジに2〜3滴たらして泡立てて使用するとのこと。自動食器洗い機では使うことができないそうです。

アティチュード ディッシュウォッシングリキッド(食器用洗剤)使っている様子

ややトロミがある透明の液体です。少々糸を引くこともあり不思議な使い心地。2〜3滴で良いみたいですが、どうしても多めに出してしまうのが悪いクセですね。あと、片手で持つにはちょっと重いです。

香りはシトラスゼストとのこと。海外製の洗剤にありがちなキツめの香りではなく割と穏やかな香りだと思いました。柑橘系ですがややフローラルな感じもある優しい香りです。

泡立ちはやや少なめかな・・・泡の量=汚れ落ちの良さと考えるととても足りないんじゃないかと思いますが、アティチュードのホームページには泡立ち=洗浄力ではなく、少ない泡で汚れをしっかり落とすと書かれていました。

とはいえ、フロッシュと比べれば泡立つ印象です。フロッシュに至ってはもはやこすり洗いを諦め、漬け置き洗い用の食器用洗剤として使用していた位でしたからね・・・こちらは特に問題なく、洗剤を付けたスポンジでこすり洗いすることができます。

泡立ちがあまり良くないというのもエコ洗剤特有のものなのでしょうね。泡が少ないということは、その分泡切れが良く、すすぐのが短時間で済むので節水になりますし、水質汚染防止にもなりますからね。

汚れ落ちに関しては、よく落ちる!というわけではありませんが必要十分かなという感じです。泡立ちだけでなく泡持ちも良いわけではないですが、確かに使っていて泡と汚れ落ちの良さには関係が無いようで、泡がそんなに立ってなくても汚れはしっかり落ちているようです。

泡が少ないとなんだか綺麗に洗えた感じがしなくて、使い慣れるまでは違和感がありましたが、今はエコな使用感に随分と慣れてきましたね。香りが食器にニオイ移りするようなこともないのでいい感じです。

そして手荒れ!今のような寒い時期だとお湯を使って食器を洗ったりして手が荒れがちなのですが、この洗剤を使うことによる手荒れは今のところ大丈夫みたいです。

ただ、注意書きには荒れ性の方や長時間の使用には炊事用手袋の使用が推奨されていたり、使用後は水でよく洗い流し、クリームなどでのお手入れをおすすめしますとありました。自然に優しい、手肌に優しいとはいえやはり使う人によっては合う合わないがあるようです。

容器が重たいという以外で気になることといえば・・・仕方がないことなのですが、やはり透明の容器じゃないため残りの残量がちょっと分かりづらい点ですかね。

容器が重いので始めはちょっと使いにくいですが、量が多く1回の使用量も少しで済むのでかなり長持ちします。環境に配慮したこだわりの商品の割にはコスパも悪くないように思いました。

手肌に優しく環境に良い物で、それでいて油汚れをしっかり落とせるものが使いたい!という方にもオススメできる商品だと思います。

おすすめ度:★★★

コメント

  1. 1
    ギンチョコ より:

    おはようございます。 初めての投稿です。フロッシュを買いに行ったところ、もう取り扱いがないと言われ代わりにこの商品を紹介されて購入しました。 普段の食器洗いにはじゅうぶんな使い心地だと思います。 ただ、冬の寒い台所に置いて置くと朝固くなって出てこないのが難点ですが。 その時はお湯で容器ごと温めて使っています。

  2. 2
    さゆりん@久山 より:

    えーーー フロッシュはもう取り扱いがないんですか??ショックです。

  3. 3
    みきんこ より:

    この洗剤使っています!
    1本目を使い終える時少し水を足して使ったのですが、泡立ちもよくとても使いやすく感じました!
    そのため2本目からは空いたボトルに洗剤と水を入れ、少しずつ詰め替えながら使っています。
    割合としては20プッシュに水50mlほどです。貧乏くさくてすみません(;´д`)
    あと外のビニールを剥がせば真っ白のボトルなので、大きいわりにスッキリして見えます。

  4. 4
    幕ニュー より:

    手に火傷や切り傷をよく作るのですが、ついゴム手袋ろ使わずに洗い物をして、傷を悪化させていました。そんな時、 フロッシュを使ったら、傷も悪化することなく、むしろ治り早いって感じるくらいでした。 フロッシュの取り扱いがなくなってがっかりしていましたが。今度この商品使ってみます。

  5. 5
    ma.- より:

    コストコの洗剤はどれも大,容,量。
    なかなか手が出ませんでした。今は、プッシュ式のハンドソープの空きボトルに、少しづつボトルに出して、プッシュしながら使用してます。
    洗剤を毎回ボトルを持つことなく、oneプッシュで楽ちんです。もともとキッチン仕様でのハンドソープなので、コンパクトに収まってます。次回この商品購入を検討したいです。

  6. 6
    ぱんちゃん より:

    思わず…
    洗剤はいつも決まってものしか使用しないのですが、コス子さんの画像で使われている「スコッチブライト」のセルローススポンジ、いつも行く八幡店では最近見なかったのですが他店にはまだあるのでしょうか?

  7. 7
    ヴィーガン より:

    フロッシュがなくなったので、これに切り替えています。

    わが家は植物性の油汚れだけなので、スッキリとキュッキュッとなるくらいまで落ちます。
    それに比べると、動物性の脂汚れはなかなか落ちにくいだろうと思います。
    汚れ落ちの感覚に個人差があるのは、これだったのかと気づきました!
    なので、コメントしちゃいました!

  8. 8
    ぴちょ@いるま より:

    うちもara◯.泡ハンドソープの空き容器に2倍から3倍に薄めて入れてます。そのままだと泡の出が悪いので。
    特に不満はないけど、ara◯.台所用洗剤の方が泡持ちがいいように思うので、無くなったらそっちに戻そうかな…。なかなか無くならないけど。

  9. 9
    ふくにゃこ@多摩境 より:

    私もボトルを見て手に取りました。お値段はそこそこするし、悩んで止めました。でも今度買ってみます!
    ところで、コス子さんも書かれていましたが、泡立ち=汚れ落ちではありません。例を挙げれば食洗機の洗剤は無発泡です。何故か日本では高発泡=高洗浄力という認識があり、メーカーが消費者の好みを受けて、わざわざ界面活性剤を大量に配合しているだけですから。もちろん泡で汚れを落とすと言うのもウソじゃありません。泡が続くと洗剤を無駄に追加しないですしね。自然由来の界面活性剤は汚れを落とし易くなるので必要です。元洗剤メーカー勤務の呟きでした。
    そうそう食洗機に中性洗剤はご法度です。泡だらけになって最悪は壊れます。
    海外だと食洗機用じゃなくても無発泡の洗剤も結構有るんですよ。

  10. 10
    なちょ@つくば より:

    市販のジョ○やキュ○ットだと、
    手荒れがひどかったので、
    以前はエコベールをネットで購入していました。

    でもこちらをみつけて、
    目指しているところは似ているのかなと思い、買ってみたら、
    いい感じ^^

    エコベールの方が香りがあって好きですが、
    手荒れもしないし、
    フロッシュより洗っている感があるし、
    エコベールの半額程度で買えちゃう^^

    クーポンが出たら買うようにしています。
    おすすめですよ~☆

コメントを投稿