コストコは会員制

コストコホールセールに入店する為には、年会費を支払ってコストコ会員になる必要がある話は冒頭お話しした通りです。

でも、変な話だと思いませんか?一度でもお店に入ってその雰囲気や、どんな商品が売ってるかを知らなければ、そもそも会員になって得かどうかなんてわからないのに、お店の事について何の情報も無い中、入店するための権利を高いお金を出して買わなきゃいけないなんて。。

実際私の周りにも、「コストコでお買い物はしてみたいけど、高い年会費を払うのはイヤだ!」という人は多かったりします。

しかし心配することなかれ!コストコの年会費は退会することで返金を受けることができます。

コストコには、会員保障制度と言うものがありまして、年会費を払って会員になっても、もし「自分に合わなかった、損した、もう二度と来店しない」なんていう場合、コストコメンバーシップの有効期間中であればいつでも年会費を全額返金してくれる制度があるんです。

とりあえず興味本位で入会してみて年会費を支払ったとしても、気に入らなければ会員カードをコストコに返却することで、支払った年会費がまるまる戻ってくるという仕組みになっているのです。

このシステムのおかげで、入会してから継続するか決める、という事ができます。まぁ・・・この事に関してはのちのち詳しく書くこととして、まずは会員制度について説明しますね。

会員の種類には、ゴールドスターメンバービジネスメンバー(法人)のふたつがあります。

ゴールドスターメンバー

年会費4,400円(税込:4,752円 2017年9月より改正)
個人で入会する場合・・・例えば一家庭の普段のお買い物として利用する場合の一般のお買い物の方はゴールドスターメンバーでの会員登録になります。会員登録の際には、免許証などの身分証明書が必要になります。

また、ゴールドスターメンバーは無料で家族カードを1枚作ることができます。

家族カードとはなにか?

入会した本人でなければカードは使えません(顔写真入りですし)。つまり、家族間でもそのカードをシェアリングすることはできないわけです。会員の旦那さんが仕事に出ている間、奥さんが旦那さんの会員カードを拝借し友達と一緒にコストコに行く。なんてことはできない、ということになります。

その為に、家族カードが必要になります。

会員と同じ住所に住む家族1名の名前で、無料でカードを作ることができます。※住所の違う家族は作れません。

ちなみに私が持っているのも家族カードです。このカードがある為、会員の旦那氏がお仕事で行けなくても、私は自分名義の家族カードを使用し、本会員と同じ条件で友人と一緒にコストコでお買い物を楽しむことができるわけです。また、家族カードも普通の会員カードと同様、身分証明書が必要であり、顔写真が入ります。

ビジネスメンバー(法人)

年会費3,850円(税込:4,158円 2017年9月より改正)
事業所、自営業、非営利団体、又は事業主に相当する人が対象となります。つまり、何かしら商売をしている人や会社を経営している人は、ビジネスメンバーで登録できるということです。年会費が個人よりも安いので得した気分になれますね。

そして、会社等の従業員は追加会員として6名まで、1人3,780円(税込)で入会が可能です。ちなみに、ビジネスメンバーカードも無料で家族カードが1枚作れます。

極端な例をあげれば、自分の父親が「八百屋」の場合。

この場合、ビジネス会員になれるのは社長である父親のみです。跡取りの自分でも、ビジネス会員にはなれません。父親がビジネス会員へ入会した場合、自分が父親と同居していれば自分名義の家族カードを作ることができますが、同居していない場合はそれも不可能です。

ただし自分が、父親の経営する店・会社の従業員の場合は、追加会員として3,780円(税込)で自分名義のカードを作ることができます。

ビジネス会員になる場合は、会社名を含む身分証明書が必要です。私はビジネス会員では無いのでわかりませんが、聞いたところによると経営者である証明は名刺1枚あればそれで証明できるとのことでした。

会員になると会員本人と大人2名まで一緒に入店できます。1枚のカードで3人の入店が可能ということですね。

ちなみに18歳未満の子供は人数に含まれません。また、精算は会員のみしかできません。お会計の際にはレジで会員カードの提示を求められます。

会員カードの更新について

会員カードは1年以内に更新が必要になります。時期が来れば更新の案内が届きますし、更新が近づいてくるとコストコのレジでも教えてくれますので、その場で商品代金と一緒に更新費を支払うことで更新できます。

仮に更新時期を忘れて期限内に更新しなかった場合でも、ある一定の期間であれば登録情報は残っていますので期限切れのカードで入店することはできます。ただしレジを通す必要があるため、お買い物の際は年会費の支払いが必要です。

つまり、あまり更新時期は気にする必要はない、ということですね。登録情報が残っている限り、更新はレジで他の商品と共に年会費を支払うだけで手軽に行うことができます。

会員権を更新すると、コストコのタイヤセンターで使えるタイヤクーポンを頂くことができます。これを利用して車のタイヤを交換すると、4本あたり4,200円値引いてくれるんです。

ゴールドスターメンバーの年会費と同じ分だけの値引き額なので、もしもコストコでタイヤ交換の予定があるならば、このクーポンを使うだけである意味年会費の元がとれちゃうということにもなりますね!

更新時のプレゼントは年々変化しており、以前はさくらたまごを1パックプレゼントしてくれたり、クーラーバッグをプレゼントしてくれたり、非会員のお友達にプレゼントできるワンデーパスを頂いたりしていました。

近年ではずっとタイヤクーポンのプレゼント、というスタイルが多いみたいですが、こちらもまた時期によって変更となる可能性もあります。