スイスミス ミルクリッチチョコレート ココアミックス

スイスミス ミルクリッチチョコレート ココアミックス

スイスミス ミルクリッチチョコレート 1.98kg
購入時価格 1,298円(2017年10月)

コストコの冬の定番商品の1つ、スイスミスのホットチョコレート(ココアミックス)を購入しましたー!

こちらは粉をお湯・または牛乳に溶かすだけで甘〜いココアを手軽に作ることができるという商品です。冬季限定で販売されるこの商品は私も大好きで、寒い日の朝やちょっと疲れた時などにこちらを作り、身体も心も温めております。

ココアミックスは日本メーカーのものも販売されているのですが、やっぱりスイスミスは一味違う感じがするんですよね〜。

国産メーカーの商品と比べて甘さが容赦ないというのも理由の1つですが、こってり濃厚すぎというわけでもなく、意外と口当たりはさっぱりしており、甘いのにもう一口!もう一口!とどんどん進みます。アッツアツのココアをふうふうしながら飲むのがたまりません(´艸`*)

すごく甘いのであまりガブガブ飲めるものではありませんが、ちょっと甘いものが欲しい!という欲をすぐに満たしてくれる、私にとっては大事な商品だったりします。

コストコで販売されているスイスミスのココアミックスはクラシックタイプのミルクチョコレートマシュマロ入りのココアミックスが定番でして、こちらは1杯分ずつ小分けの袋に入ったものが1箱60袋入りで販売されています。

一方、今回発見したのはそんな小分けパックの隣に並べて置いてあったミルクリッチチョコレート。キャニスタータイプという、蓋付きの容器に入っている商品でした。

小分けされているわけではなく、ココアミックスの粉がどーん!と詰められている商品というわけですね。コストコでこのタイプのスイスミスは初めて見たかも・・・(゚∀゚)

小分けタイプのものは、飲む直前まで密閉保存されているということもあり衛生的だし、湿気などといった心配はほとんど不要です。小分けパックなので例えば仕事先で飲める用に持ち出すこともできましたし、パッケージデザインもおしゃれなので、1〜2袋人にプレゼントしたりもできていたのが、こちらのキャニスタータイプでは不可能になってしまいますね。

ただ、小分けパックは60袋入りで1680g入りだったので全体の総重量で言えば今回の1980g入りの方がたっぷり!ココア1杯につき、大さじ4杯(28g)のココアミックスを使用するため、こちら1つで82.5杯分のココアが作れるということになります。

小分けパックの方は1箱1,148円で販売されていたのに対し、こちらは1,298円。小分けの手間が無い分、今回購入したものの方が価格的にはかなりお安く購入できた、ということになりますね。

価格重視の方や、ほとんど家でしか飲まない!という方にはこちらの方がお得だと思います。

商品詳細

名称:粉末清涼飲料
原材料名:砂糖、無脂肪乳、乳等を主要原料とする食品、ココア、コーンシロップ、植物油、食塩/pH調整剤、乳化剤、増粘剤(カラギナン)、カゼインNa、香料(一部に乳成分・大豆・ゼラチンを含む)
内容量:1.98kg
賞味期限:購入日より1年先まで
保存方法:直射日光を避け、乾燥した涼しい場所に保存してください。
原産国名:アメリカ
※開封後はお早めにお召し上がり下さい。使用後はしっかりとふたを閉じて保存してください。

この商品を手に取った時は、いつものクラシックタイプのものが小分けじゃなくなっただけなのかなー?と思っていたのですが、よく見てみるとこちらには「リッチチョコレートフレーバー」と書かれているんですよね。

スイスミスの公式ホームページを見てみると、どうやらこちらは定番のミルクチョコレートとは異なるフレーバーみたいでして、ミルクチョコレートより甘さを抑えた濃厚なチョコフレーバーを楽しむことができるのだとか。

普通にミルクチョコレートのつもりで購入したのでちょっと驚きましたが、少し甘さ控えめということであれば、リッチチョコレートの方が私好みかも!(゚∀゚)

スイスミス ミルクリッチチョコレート ココアミックス 蓋を外した

上部のプラスチックの蓋をあけるとシールで密閉されていました。

スイスミス ミルクリッチチョコレート ココアミックス 開封中身

剥がすとこんな感じ。封を開けるとふんわり甘〜い幸せな香り(*´艸`*)

容器の縁の近くまでたっぷりのココアミックスが入っています。粒子が細かく、サラサラした赤茶色の粉なので扱いが悪いとすぐにザラザラと外に溢れてしまいそうです。

特に計量スプーンなどは付属していませんでした。

スイスミス ミルクリッチチョコレート ココアミックス 規定量で作った様子

作ってみました!外装パッケージに書かれていた作り方は、大さじ4杯のココアミックスをカップに入れて180mlのお湯またはホットミルクをゆっくり注ぎ、よくかき混ぜるだけです。

お湯でサッと溶けるしダマにもならず、作り方はとっても簡単!お湯を入れてかき混ぜると表面にふんわり泡が立つのもスイスミスの特徴です。

味について

う〜ん、やっぱり甘いぞ!( ゚д゚)全然甘さ控えめじゃない!想像していたけどやっぱり期待を裏切らなかった!笑 

言われてみるといつものミルクチョコレートよりも若干控えめかな?くらいです。2種類を並べて飲み比べれば多少違いはあるのかもしれませんが、とっても甘いココアという味の感想はほとんど変わらないと思います!

しいていえば、こちらの方がクリーミーさが控えめで、甘さの中にほのかな塩気を感じるんですよね。その塩気で甘味がより際立ち、味がひきしまっているような気がします。

気のせいかチョコの風味もこちらの方が濃厚で、確かに「リッチチョコレート」という名前通りのココアだなぁ〜と思える味でした。いずれにせよ「こちらの方が通常よりも甘さ控えめらしい」を期待する甘さ控えめ派には向かない商品だと思われます。

ただ、私は通常チョコレートといえばビター派でコーヒーもノンシュガーで飲むタイプでして、普段は甘ったるい系のものを好んで口にする方ではないのですが、こちらのスイスミスのココアに関しては別扱いなのです。この甘さがいい!

この歯が浮くような甘さ、飲み物なのに飲んでもちっとも喉が潤わない感覚がスイスミスにはあり、国産メーカーの商品とは一味違うものだと感じるところなんです・・・寒い日の朝や夜寝る前などにアッツアツをいれて、きっと飲んだら太っちゃうよなぁ〜と思いながらもちびりちびりと飲んでしまう背徳感がたまらんのですよ(´ω`)

あと、こちらのレシピで書かれているできあがりの量がめっちゃ多いんです!!マグカップの写真を見てわかりますかね〜?大きなカップにたっぷり!!

まず、表示されている1杯を作るための大さじ4杯が、こんなにー!?( ゚д゚)とビックリしてしまう分量ですし、そこに180mlのお湯を入れるとかなりの量になります。

このレシピ通りに作れば1杯あたり計量カップ1杯強くらいのココアが作れちゃいまして、この1人前の量も私にはちょっと多すぎるんですよね・・・。

今までの小袋タイプで販売されていたスイスミスも私には1杯の量が多すぎたため、いつも袋の半分の分量で小さなコーヒーカップに作って飲んでいたのですが、中途半端に使った小袋がゴロゴロ出てきたりしまして、あれ?これいつ開封したんだっけ?みたいなものは飲まれることなく処分したりもしていて、ちょっと勿体無いなぁと思っていたんです。

その点、こちらのキャニスタータイプだと、好きな分量・好きな濃さを自分で調整しながら作ることができるので、そこは良い点だな〜と思いました。

例えば私のように規定量じゃ多すぎる!という人はココアミックス大さじ2☓熱湯90mlとかで作れば良いし、通常よりもさらに濃厚にしたい!という人は規定量よりもココアミックスの量を増やせば良いし、ちょっと甘すぎるから薄めに飲みたいという人は減らしたりと、飲む人の好みで調整することができます。

また、スイスミスのココアミックスは普通にお湯で希釈して飲むだけでなく、トリュフやパウンドケーキ、クッキー生地に練り込んだりといった製菓材料としても利用できます。

スイスミスの公式ホームページには、お菓子だけでなく、朝食メニューや手作りバレンタインギフト、クリスマスパーティー用のレシピといった、スイスミスのココアミックスを使った沢山のレシピの提案がされていました。

キャニスタータイプの方が分量の調整もしやすく、なにより量が多いのでいろんな活用ができるのが嬉しいですね。来年のバレンタインはスイスミスを使ってお菓子を作れないかな〜?

欠点を上げるとすれば、計量スプーンが付いていないことと、量が多い上に粉の粒子が細かいため、時々ココアの粉がフワッと舞ってしキッチンを汚してしまうことがあるくらいでしょうか。。

まとめ

スイスミスのココアは大好きで、毎年冬場は必ずお世話になっています。とっても甘いのですが、この甘さが疲れた時やほっこりしたい時にちょうど良く、一口飲むだけで身も心も温まります。

リッチチョコレート味は従来のミルクチョコレート味よりも若干甘さが控えめでチョコレートの風味が強い感じがします・・・が、やはり国産のココアミックスと比べるとかなり甘く、ビターという感じではないので甘いものが苦手な人には難しいかもしれません。

また、従来の小分けタイプのような利便性はありませんが、その分キャニスタータイプの方が飲み方の自由度が高いため、専ら家の中や職場だけ、といった飲む場所が決まっているといった場合にはこちらの方が価格もお手頃だし、使いやすくて便利だと思いました。

たっぷりのココアミックスで今年の冬も安心です(*´艸`*) 飲みすぎないように注意しながら楽しみたいと思います。

おすすめ度:★★★

コメント

  1. 1
    千葉在住です says:

    スイスミスの季節ですねー
    ここのココアはお湯出入れてるのに濃厚で美味しいですよね。国産には無い甘さと濃厚さ。

    カフェモカにしたり、パン耳ラスクにかけたりと利用していると一冬に一箱なんてあっという間で。。。カロリー怖いなー

    でもキャニスタータイプ、買っちゃおうかなぁと悩まされる朝です。いつもありがとうございます!!

  2. 2
    猫の耳に真珠。 says:

    日本では去年から「立冬の日はココアの日」と制定されたそうです。今年の立冬は今日11月7日で、とってもタイムリーなご紹介ですね(*^^*)

    まぁ、制定したのは「ココアはやっぱりM〜♪」でお馴染みの日本の製菓屋さんですが(^^;)

    久しく我が家で眠っているギフト缶のスイスミスを出して見ようと思います♪ 甘すぎだから、コーヒーに入れてカフェモカ風が良いかなぁ…(*´ω`*)

  3. 3
    ブロッコリーヌ@札幌 says:

    スイスミスは甘いとのことで今までもレビューはじっくりしっかり読んでいましたがまだ購入したことありません!
    寒くなってきたので朝、子どもたちに温かい飲み物出したいな〜と思っていましたがコレいいんじゃない!?家が狭くてこのジャータイプ置く場所がなさそうなので…まずは従来の小分けタイプから挑戦してみようかな?
    先週久しぶりにのんびりコストコ見て来れた〜と思いましたがココアはまったく目に付きませんでした(^^;)ほんとにコス子さんのレビュー助かります♡

  4. 4
    千葉NT利用者です says:

    店頭で見かけたときに悩みましたが、夕飯時に甘いものに飢えたうちの子達が指突っ込むことや、それに伴い蓋をあけるのに失敗してひっくり返されたりなどの事故が頭を駆けめぐり……いつもの個包装にしました。
    我が家にも、半分使ったものが何個かでてくるのでキャニスター魅力的です。

  5. 5
    直虎 says:

    スイスミス、カルディで買うより安いですよね〜
    さすがにこれは挑戦できないけど、いまシロクマさんとかが帽子をかぶった可愛いパッケージの4缶セットがコストコにあったので買おうか悩んでますー!!クーポンにならないかな…

  6. 6
    ここなっつ says:

    コストコ購入品のコスコさんの投稿の画像を見て、私が買いたかったやつだーと思っていました。レポしていただいて嬉しいです!

    うちは一冬4箱は消費するほど大大大好きなココアです。子供は一袋でも良いですが、私には甘すぎてちょっと罪悪感が‥^^;

    なので、量を調節できるキャニスタータイプ、ありがたいです。次回行ったら買いまーす♪

    • ここなっつ says:

      コス子様、お名前間違えました。
      大変失礼致しましたm(_ _)m

  7. 7
    はる says:

    普段はココアなんて甘くて飲まないのになぜかとっても惹かれてしまいます!

    アレンジレシピも見たくて公式ホームページを見ようと検索したのですがなぜだか見つかりません(*_*)

  8. 8
    ゆゆ says:

    前橋、プラスマークだった気がします。
    気になっていたので、レビュー嬉しいです。

  9. 9
    ちるちる says:

    キャニスタータイプを キャスタータイプと読み間違え、「え、キャスターつくほど巨大な缶?? さすがコストコ!!」と一瞬思ってしまいました。。。。

    小袋タイプは毎年1箱買って いとこのちびっこにおすそ分けしてました。子供 大喜びも甘さですよね。

  10. 10
    ごっしぃ。@札幌 says:

    缶入りだと見た目がオサレでいいですね♪空き缶も何かに使えそう♪
    ただ時間がたつと風味が落ちたり、固まったりしないかな…うちは消費ペースが遅いので何となく個包装に留まっています。残念。。

    ちなみに私は容赦なく一袋投入派です!魔法瓶に作ったやつをスキー場で飲むのが真冬のお楽しみ…(*´ω`*)

  11. 11
    map says:

    会社のみんなで飲むように買いました!

    半分も飲みきらないうちに、フタが割れてきてしまいまして・・・
    ちょっとフタが弱すぎです・・・

  12. 12
    エコるん says:

    海外製のココア甘いんですよね〜なので私は
    ココアにインスタントコーヒー入れます。
    これで少しは甘みが軽減されます。
    コーヒー飲める方お試し下さい(๑° ꒳ °๑)

  13. 13
    マスオ says:

    MJBのグリーン缶のコーヒーが1kgでしたよね。
    となるとあの大きさの倍ですか?
    具体的な大きさが全く想像できませんがきっと大きい事には違いないでしょう。

    • のんきぃ@京都八幡 says:

      突然失礼します。
      スイスミスのココアの缶の大きさはMJBのコーヒーの缶の大きさとほぼ同じ大きさですよ。質量の差ですね!スイスミスの缶はずっしり重いです。

  14. 14
    のんきぃ@京都八幡 says:

    私も先日、このスイスミス見つけて思わずその場で単価計算してしまいました。で、やっぱりお得なキャニスタータイプを購入。ちょうど1ヶ月位にになりますがほぼ毎日子供達の朝食時に大さじ3杯ほど使ってます。濃さの調節出来るので便利ですよ~♪

  15. 15
    卵オーナー(ポン母) says:

    https://bbs.costcotuu.com/recipe/1051026

    どのスイスミスでもできる消費レシピです。
    このスイスミスのコス子さんレポを見てレシピ板で書きました。好評価頂いたので、コチラにもリンク付けてみます。参考になれば幸いです。

  16. 16
    ななっしー says:

    RODELLEのベーキングココア(純ココア・700g)を利用していましたが、ちょうど切れたのでこちらを買ってみました。
    (本日11月8日、ひたちなか倉庫ではRODELLEのココアパウダーが見当たらなかったような…扱わなくなった?)
    熱湯かけるだけなのと、小袋入りと違ってゴミが出ないという楽さで選んだんですが、蓋が弱いんですね>mapさま
    ジップロックで小分けにするべきかな…

  17. 17
    MXP says:

    >ななっしーさま
    すいません、我が家では買ったことが無いです。なので蓋の強度はわからないです。
    蓋が固くても弱くても、五歳児が食い意地で開けたときにひっくり返す事が想定されたので、このタイプは諦めました。
    紛らわしいこと書いてすいません。

  18. 18
    MK says:

    かなり悩みましたがモカカプチーノの缶がまだあるし、こっちの方が量が多かったので止めましたが、やっぱり買えば良かった・・・・

  19. 19
    りんご says:

    スイスミスのキャニスタータイプは数年前にも取り扱いがありました。以前買っていて、しばらく見かけなかったので。冬場にココアをたくさん飲む我が家では量を調整できるのでこちらのタイプが好きです!

コメントを投稿