ビヨンドタイム ベルギー産ミックスチョコレートトリュフ

ビヨンドタイム ベルギー産ミックスチョコレートトリュフ

BEYOND TIME ベルギー産ミックスチョコレートトリュフ 200g☓3
購入時価格 998円(2017年10月)

クリスマスが近づいてくるとコストコでは決まってチョコレート関連のアイテムが増えはじめ、通路側の目立つ位置にチョコレートの島が生まれます。

この商品はリンツリンドールやマセズプレーントリュフ、ゴディバアソートなどといった人気のチョコと同じ並びで販売されていた商品です。

今まで見たことがないのできっと新商品かな?お菓子っぽくないおしゃれなデザインが目をひき、思わず手に取りました。チョコレートの本場ベルギー産のトリュフアソートらしいです。

ピアノの上に座って頬杖をついているドレスアップしたブロンドの女性という、もうどこをとってもしゃれてる!としか言いようがない水彩画っぽいイラストに赤い箱。意味はよくわかりませんが「ビヨンドタイム」という名称もなんだかおしゃれ(´艸`*)

パッケージには特に窓などがついているわけではない普通の箱なので、この状態だと中身の様子は見れないのですが、外装の説明文によるとどうもこちら1箱の中に200gずつに分けられたチョコの詰め合わせが3箱入っているみたいなんですよね。

1箱332円ってこれ、ベルギー産のチョコ詰め合わせと思うとすごいお買い得じゃないですか??

というか最近、チョコレートってすごい高くなったと思いません?コンビニやスーパーのチョコ売り場を見てみると、箱入りで売っているタイプのチョコはどれも軒並み200円以上で、しかも知らないうちにお馴染みの商品も内容量が少なくなったり小型化していたりしているんですよ。最近久しぶりにスーパーのお菓子売り場を眺めてみてビックリしちゃいました。

そういう背景をふまえると、今回のベルギー産チョコはすごいお買い得だな〜と。パッケージも素敵だし、このまま手土産なんかにも使えそうだと思えたので試しに購入してみることにしました。

商品詳細

名称:チョコレート詰め合わせ
原材料名:砂糖、植物油、カカオマス、ココアバター、全粉乳、乳糖、低脂肪粉乳、ホエイパウダー、バター加工品/乳化剤、香料、(一部に乳成分、大豆を含む)
内容量:600g(200g☓3箱)
賞味期限:購入日より1年2ヶ月先まで
保存方法:直射日光や高温多湿を避け、涼しい場所で保存してください。
原産国名:ベルギー
※本品製造工場では、小麦、カシューナッツ、オレンジを含む製品を生産しています。開封後はお早めにお召し上がりください。

原材料を見る限り、ベルギー産のチョコレートとはいえ砂糖や植物油の含有量が多いみたいだし、決して高級チョコって感じではなさそうですね。まぁこの価格だし当然っちゃ当然かな。パッケージだけを見ればなんだか良さげなお菓子っぽい雰囲気を醸し出しているんですけどね。。

ビヨンドタイム ベルギー産ミックスチョコレートトリュフ 開封(3ケース入っている)

外装を開くと、外側と同じデザインの平たい箱が3つ入っていました。

ビヨンドタイム ベルギー産ミックスチョコレートトリュフ 1ケース

こちらが一箱。まるで小さなキャンパスに描かれた古い水彩画みたい。

ビヨンドタイム ベルギー産ミックスチョコレートトリュフ 透明のシールが貼ったプラスチック製の容器

箱をあけるとこんな感じ。市販のチョコ菓子と同じように薄いプラスチックの容器に透明のシールが貼ってありましたので、食べる時は上のシールを剥がして開封します。

ビヨンドタイム ベルギー産ミックスチョコレートトリュフ 中の様子

中にはクラッシュチョコを固めたような見た目のチョコが3種類。両端の列がミルクチョコ☓8で、真ん中がホワイトチョコ☓4とダークチョコ☓4の16粒が並んで入っていました。

しかし、チョコの形状のせいか全体的に細かい粉のようなものが透明のシールやパッケージの裏側にたくさん付いてしまっていて、見た目はあまり綺麗じゃないなぁ。。

中にはチョコがひっくり返っているものもありますし、まるでチョコの箱を手にとって思い切り振り回したかのような雰囲気もあります^^;

輸送の段階であまり丁寧に扱われなかったのかしら・・・? パッケージだけ見るとおしゃれなプレゼントにも使えそう!と思ったのですが、実際にこの中身を見てしまうと、このまま人に差し上げるのはちょっと考えてしまいますねぇ。。

箱を開封しなければ中身が見えない状態だったということもあり、ワクワクしながらパッケージを開いたので、この見た目にはちょっと残念な気持ちになっちゃいました。

ビヨンドタイム ベルギー産ミックスチョコレートトリュフ 3種

直径2cm☓長さ4cmという2口サイズくらいのボリュームのチョコでした。クラッシュチョコはしっかりくっついて固まっているため、手に取ってもボロボロと落ちちゃうということもなく食べやすいです。

味について

アマーーイ!!( ゚д゚)美味しいけどコッテリ甘いぞ〜苦いコーヒーと一緒に食べたいチョコだ!!なんだか海外っぽい味!

口全体にまとわりつくようなコッテリとした甘さと、それに伴う濃厚なコクがあります。チョコの中にはナッツやらライスパフやらが入っているわけではなく、外側と同じ色をしたちょうどいい柔らかさのガナッシュが入っていて口溶け滑らか。

ミルキーな風味としっかりとしたコクで、いかにもな海外のチョコっぽい雰囲気です。「トリュフ」と言うだけあって、口溶け感はなんとなくマセズに通じるものがあります。

見た目からもう少しカリカリしたチョコかと思っていたのですが、常温に置いていたせいかフワッとしており、かといって溶け出てしまうほどデロデロに柔らかいということもなく食べやすかったです。

見た目だけはちょっと残念でしたが、味は素直に美味しい!と思いました。食べ過ぎさえしなければ変なクセもないし、口溶け滑らかで好き!という方も多いかと思います。

ただ、一回に食べられるのは頑張って2〜3粒かな。私の好みからするとちょっと甘すぎましたね。

一番色が濃い目のダークチョコでも結構甘味が強いなと思いました。ホワイトチョコに至っては少しずつしか食べることができないくらいに甘かったです。子供が好みそうな甘さかなー。

まとめ

パッケージが素敵だったので手土産といったギフト用にも使えそうと思ったのですが、中身が綺麗に固定されていないようで、グチャッとなっているものもあるようです。

ベルギーチョコレートと銘打っている商品の割にはかなりお手頃価格なので、こういった粗は多少目をつぶるべきかもしれませんが、外側と中身のギャップがあり少し残念な気持ちになってしまった、というのが本音です。

もしギフト用として利用するのであれば、その辺り一言添えていた方が良いかもしれませんね。そういう意味では、家に誰かが遊びに来た時なんかに一緒に食べよ〜と取り出すのに丁度良いように思いました。

味は口溶け滑らかでコクがあって美味しかったです。とても甘いけどコーヒーのお供として1〜2粒食べたくなるチョコレートでした。

最近は高カカオなどのビターなチョコが流行していることもあり、かえってこれほど甘さが際立つチョコを食べる機会は少ない気がします。そういう意味でもなかなか興味深い商品でした。コーヒータイムに少しずついただき、楽しみたいと思います。

おすすめ度:★★★

コメント

  1. 1
    きーちゃん says:

    先週だったかな、多摩境店で試食しました。
    甘いっ、甘すぎるが、正直な感想でした。
    パッケージはおしゃれで、手土産にいいかなあって思ったのですが。うーん、残念です。

  2. 2
    マセズもリンツも良いなぁ says:

    今回は辛口な感想ですねー。こういうのも知りたい情報なので実はとても助かります。信頼できます

    私も綺麗なお姉さんのパケ買い予備軍でしたが、今は他のチョコに心が傾いてます。今の季節は誘惑がいっぱい。GODIVAも良いなぁ

  3. 3
    しろくっきー says:

    直球コメントと写真、ありがたいです。子どもは喜ぶかもしれませんが、マセズやカルディで売られているトリュフも大好きではないので…やっぱり、毎年のお約束、チョコのクレープを購入いたします!

  4. 4
    ちよ says:

    私も試食しました!
    ホワイトチョコを半分でしたが普通においしく食べれました!!
    半分だったからかな??
    疲れてる時やタッパーに小分けして登山のリュックに忍ばせてもいいかも!?
    コーヒーとの相性は抜群です!!

  5. 5
    入間 says:

    ウチも買いましたが、何故か15粒しか入っていない箱がありました…
    数じゃなくて重さなの?とも思いましたが、窪みは16粒分あったし…

    他にそんな方いませんかー?

  6. 6
    りるる says:

    私もこの商品の外箱が海外コスメみたいで可愛いと気になっていたので、情報提供とても助かります😆

    昨日売り場を見たら中身の見本が置いてありました。ただ適当に詰め込んだだけって感じで、逆に購買意欲が萎えてしまいました。外箱イメージも大事ですが、中身があれだとテンション下がりますね😓

    安いから仕方ないですけど…想像より甘いということなので、うーん……もう少し検討してみます💦

コメントを投稿