ベアーポー

ベアーポー

ベアーポー
購入時価格:1,180円(2019年2月)
ITEM# 93279

コストコのベーカリーコーナーでひときわ異質な雰囲気を醸し出していたこちらの商品。2月上旬のメルマガで新商品として紹介されていたベアーポーです。

まず第一印象が、めっちゃ大きいデニッシュー!( ゚д゚)

だってこの容器、ラグジュアリーミニクロワッサンとかが入れられている容器と同じものですよー!?

ラグジュアリーミニクロワッサンが大きな容器の中に15個入っているのに対し、こちらは同じ容器にたったの4つ!( ゚д゚)大きさが伺えますね〜すごく食べごたえありそう!

「BEAR(熊)のPAW(足)」という名前の通り、熊の足型を模した形をしておりまして、言われてみれば確かに足っぽい!

熊の足をしっかり注意して見たことはないけど、こちらを見ていると先端がちゃんと指みたいな感じになっていますし、熊の体長を考えると足の大きさもこれくらいの大きさなのかな〜?という気がしてきます。

あれ?でもこの熊、よく見ると指が8本あるやん( ゚д゚)熊の指って8本指だっけ?いや、そんなわけないか。。

デニッシュの上には粉砂糖が振りかけられており、ポップの説明によると、中にはヘーゼルナッツチョコペーストが入っているそうです。パンの分類としては完全に甘いお菓子系、いわゆる菓子パンということになりますね。

ヘーゼルナッツチョコペーストと言えば、コストコではnutella(ヌテラ)が人気ですよね。我が家もおちびがヌテラ大好きで、よくディナーロールや食パンに塗って食べているので、きっとこちらも気に入るに違いない!と思い、購入してみることにしました。

商品詳細

ベアーポー 商品ラベル(原材料ほか)

名称:菓子パン
原材料名:小麦粉、フィリング(砂糖、植物油脂、ヘーゼルナッツ、低脂肪ココアパウダー、乳糖)、バター、イースト、砂糖、卵、食塩、小麦グルテン、粉糖、乳化剤、V,C、(原材料の一部に大豆を含む)
保存方法:直射日光・高温多湿を避けて保存してください。
※この製品はそば、落花生を使用した設備で製造しています。
※温めてお召し上がりいただくとより一層美味しくお召し上がり頂けます。
消費期限:加工年月日含め3日
内容量:630g

ベアーポー 開封

蓋を開けるとこんな感じ。価格は4つ入りで1,180円ということなので1個あたり295円。このサイズ感ということもあり価格は街のパン屋さんと同等程度という感じかな?

決して高すぎる!ということはありませんが、それほどコストコらしさもお買い得感もないような・・・実際のところはどうなんでしょう?

ベアーポー 手のひらに乗せた

えーっとこれは・・・グローブかな?

私の手のひらに乗せたこちらで、縦13㎝☓横幅17㎝の大きさでした。

1つが割とズッシリしているので片手で持って食べるのは難しく、食べる時は両手で両端を持ってかぶりつくスタイルになります。これは・・・どこから食べるべきか悩むなぁ。。

ベアーポー カット断面

半分にカットしてみるとこんな感じ。デニッシュの生地がたっぷり折り込んである層の中心にゆるめのヘーゼルナッツチョコペーストがたっぷり詰まっています。

味について

ベアーポー お皿に乗せた

うわぁ、めっちゃ甘いな〜!( ゚д゚)ヘーゼルナッツクリームが真ん中に行けば行くほど増えて、ますます甘い!

中のクリームはヘーゼルナッツのツブツブが入っているというわけではなく、滑らかな口当たりのスプレッドで、チョコの風味というよりは甘香ばしいヘーゼルナッツの風味がしっかりした味わいでした。

以前コストコでカークランドのヘーゼルナッツスプレッドが売っていたのですが、ヌテラよりはあちらに近い味わいのスプレッドで、甘味が強く、食べる量が多すぎると若干クドさを感じます。

それでいてバターたっぷりのデニッシュ生地の表面にも粉砂糖がまぶされており、甘めに調整されているので、スプレッドもデニッシュ生地も全体的にこってり濃厚で、なにより油分が結構多い!

パンが大きいから当たり前かもしれないけど・・・使われている油分が多く、底の方は多少のベタつき感がありました。

それにしても、これ・・・なんかすごい、食べるのが難しいのよね。。

真ん中を狙うとチョコが多すぎるし、形状的にもなんだか食べにくい。爪の先の方にはチョコが入ってないので、真ん中を食べ、時に爪の先を食べ・・・

なんとなくいい感じにチョコの分量を調整しようとくるくる回しながら食べたりしまして、食べるのに一生懸命になってしまう感じでした(;´∀`)

ベアーポー 焼いた

パッケージにも書いてありましたが、こちらはトースターで温めて食べた方が美味しかったです!

ただ、普通に焼いてしまうとデニッシュ生地はすぐ黒焦げになり、生地もボロボロと落ちてしまって食べにくさが倍増してしまうので、私は以前読者様から教えて頂いた「フランス人直伝のクロワッサンの温め方」で温めております。

焼き方はとっても簡単!トースターでグリルを3分空焚きし、内部をアツアツに温めたところで、表面に霧吹きをしたパンを庫内入れてそのまま5分放置で出来上がり!

この方法だと直接焼いたわけでもないのに、不思議とクロワッサンもデニッシュ系の生地もパリッと仕上がり、バターの香りも生地の甘味も格段にアップします。

焦げる心配もなければ焼いた時のベタつきもかなり少なく、ちょうど良いサクサク加減でいただくことができました。

実際、上の写真もこの方法で温めていますが、表面の粉砂糖がいい感じに溶けて飴状となり、表面をコーティングしてくれているんですよ。このパリッとした甘香ばしい生地が美味しいの!

また、ヘーゼルナッツスプレッドは直接焼くと柔らかく、ゆるゆるに溶け出してしまいめっちゃ食べにくくなってしまうのですが、フランス人直伝の温め方であればパンから流れ出てしまうほどゆるゆるにはならず、美しく食べることができるのでやっぱりこの温め方はオススメです!

ただこちら・・・問題なのはこの量なんですよ。こちらに関してはただ大きい!というだけじゃなく、絶妙に大きいんです。

試しにカットして半分だけ食べてみたりもしたのですが、半分だと分量的に少し物足りない感じがしまして。。結局、半分以上食べたくなってしまい・・・食べ進めて満足できた頃にはわざわざ残すほどでもないほどの量が残ってしまいます。

これを、ちょっと多いな〜なんて思いながらも最終的には丸々1個食べちゃうんです。これが「絶妙に大きい」ということ。

この手のベーカリーは、甘さとコッテリした油のおかげで少しでも食べ過ぎると後で胃がもたれて気持ちが悪くなっちゃうんですよね(;´∀`)甘党の方だと問題ないのかもしれませんが、私は丸々1個食べるとどうしても胃にズッシリ来ちゃって・・・後になって食べすぎたことを後悔することも。。

そんなわけで、私にとっては半分にカットした位の量にとどめておき、あーもう少しだけ食べたいかも?の段階で止めておくというのが一番良さそうでした。

まとめ

私の個人的な思いで言えば、よっぽどの甘党でなければ大人が食べるにはちょっと甘すぎ。そして分量的にも重すぎだと思いました。

ただ、もともとヌテラが大好きなおちびは本当に喜んで食べるんですよね〜。そういえば、コストコのポップに書かれていた商品説明にも「子供のためのなんちゃら〜」みたいな説明が書いてあったような・・・。

確かに、普通のデニッシュにない大きさ、子供も好きなチョコ風味の甘さ、そして熊の足形という特徴的なビジュアルを考えても、子供が喜ぶベーカリーなのかなー?と。

そう考えると、大人の味覚はあまり当てになりませんね・・・。子供が喜んで食べた!というその事実だけが、この商品の魅力の全てを物語っているのかもしれません。

そんなわけで、ヌテラ系のスプレッドが大好きなお子様にはきっと喜ばれる商品だと思いますよ〜!

おすすめ度:★★★

コメント

  1. 7
    実和 says:

    フランス人直伝の温め方!やってみたいと思います!
    霧吹きとは、水を霧吹きするのですか?

  2. 6
    じゅんまま says:

    私はこれ、美味しい〜って1個ペロッと食べてしまいました!2個くらいならペロッといけただろうと思ったのでかなりの甘党のようですね!

    焼いたほうが美味しいのですね!
    次回買えたらやってみます(^^)

  3. 5
    Pico says:

    デニッシュ大好き、ヌテラ好きなので、見つけた瞬間手に取ってしまいました。
    甘党の中三男子はペロッと(それでも)半分。
    チョコパン好きの小四娘は一口でギブアップでした。
    甘党チームの私と息子でどうにか平らげました。他のデニッシュよりシナっとしてくるのが早いような気がしました。
    かなりの甘党の方にはおすすめです…

  4. 4
    map says:

    試食のおねぇさんが、中のチョコクリームを均等に入るように半分に切った物をナイフでチョコクリームを均等に均して試食用に切っていて大変そうでした。私は試食サイズでノックアウト・・・
    食べきる自信が全くないので買いませんでした。

  5. 3
    じんのび says:

    こんにちは、ベアポーのコス子さんの食レポ楽しみにしていました!コス子さんの手ひらにのせたベアポーが良かったです。私が手のひらにのせたら「ベアポーって小さいのね?」と思われたかもσ(^_^)

    ここで僭越ながら、私のベアポーの食べ方です(^^)

    ①まず半分に切る。爪4本づつ、コス子さんの写真のように切るのがベスト。

    ②全部食べる場合は、切り口をあわせ、アルミホイルにのせる。半分の場合は、アルミホイルにのせてから、切り口をアルミホイルで覆う(ヘーゼルナッツクリームが、たれないようにするため)

    ③軽くトーストする。コス子さんが紹介されていた「フランス人直伝のクロワッサンの温め方」がいいかも(^^)

    ④切り口を上にして、アルミホイルに包んで食べる。この方法なら、ヘーゼルナッツクリームとパン生地部分をバランスよく食べれて、手も汚れにくい(でも、お口まわりは注意!)

    まるまる1個食べれないことはないのですが、自制して半分だけにしています(笑)
    子供受けはいいようで、大きな娘も美味しいと言っていました。
    苦いコーヒーがあうかと思い、家にあったUCCアイスコーヒーポーションをお湯で入れて一緒に食べました。思いつきでしたが、私にはあいました(^^)

    冷凍しても美味しく食べられました。解凍して焼いて食べたのですが、中のヘーゼルナッツクリームがパン生地になじんだのか、たれが少ないように思いました。
    もう一回、買いたいと思っているのですが、他にも気になる商品があるので、迷っているうちに終買になりそうです(^^;)
    希望としては、リトルベアポー(小熊の手)位がいいなあ(笑)

    • じんのび says:

      うわーっ!間違っていました(^^;)
      BAER PAWつて、熊の足なんですね?
      すっかり熊の手と思いこんでましたσ(^_^;
      コス子さん、勉強になりましたm(_ _)m

  6. 2
    ゲスト says:

    コストコのおばちゃんはパンをちぎって真ん中のチョコに付けながら食べるといいよって言ってましたよ

  7. 1
    says:

    この手のサイズの大きくて甘いパンのときは
    必ず半分か
    3等分(3人家族)して
    ディナーロールや食パンを半分にして甘いのと甘くないの2種類食べてます
    これ1個丸々だと甘すぎるし、半分だと朝食としては少ないもんで…

コメントを投稿