16穀米のルーローハン(魯肉飯)

16穀米のルーローハン(魯肉飯)

16穀米のルーローハン
購入時価格:1,180円(2019年9月)
ITEM# 96284

コストコデリカの新商品、16穀米のルーローハンを購入しましたー!

プルコギビーフと同じ容器に16穀米が敷き詰めてあり、その上に細かくカットした豚肉を煮込んだ肉そぼろがたっぷり乗せられていました。トッピングは高菜漬けと半分にカットした味玉子!

「魯肉飯(ルーローハン)」とは、台湾を代表する料理で、日本風に言えば肉そぼろ餡かけご飯とでもいいましょうか。。豚の角煮を刻んだものにしょうがやにんにく、八角といった様々なスパイスを加えたものを煮汁と一緒に白ごはんに乗せていただく、いわば台湾の大衆料理です。

私はこの料理のことを、今年の夏に台湾に行った時にガイドブックを見て初めて知りました。町の食堂のようなところでは大抵提供しているメニューで、実際に食べた本場の魯肉飯は本当に美味しくてハマっちゃいまして・・・結局いろんなお店を回って3回くらい食べちゃいました!

日本に帰ってきて、また食べたいよねぇ〜なんて話してたときに、コストコの新商品として登場したものですから・・・私の中ではすごくタイムリーで嬉しくなりました。またあの味が楽しめるよ!!(´艸`*)

台湾で食べた魯肉飯

ちなみに、台湾で食べた魯肉飯はこんな感じでした。

普通サイズのご飯茶碗1杯分の量で1人前でして、これだけを食べて1食済ますというものではなく、こちらにスープや青菜炒め、味玉といった別メニューを組み合わせて1人前の食卓を作るという感じです。

写真の通り、どこのお店でもそこまで洗練された料理というわけではなく・・・注文したらご飯モリッ、お肉ザバッ、はいどうぞ!って感じなんですよね(;´∀`)

1人前の量もそこまで多くないので、コストコのルーローハンは本場台湾でいう5〜6人前くらいの量になるのかな?と思ったりしました。

コストコのルーローハンが本場の味と比べてどうなのかというのも、個人的にはとっても気になるところですね〜。

商品詳細

16穀米のルーローハン(魯肉飯) 商品ラベル(原材料)

名称:惣菜
原材料名:十六穀入りご飯(アメリカ産米使用)、豚肉の煮込み(豚肉、甜麺醤、紹興酒、植物油、にんにく、しょうが、豆鼓醤、砂糖、醤油、オイスターエキス、乾燥椎茸、豆板醤、酵母エキス、シナモン)、味付ゆで卵、高菜漬け、増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、着色料(カラメル、ウコン)、pH調整剤、酸味料、(原材料の一部に小麦、ごまを含む)
保存方法:要冷蔵4℃以下
米粉の製品は乳、えび、かに、そば、落花生を使用した設備で製造しています。
内容量:1010g
消費期限:加工年月日含め3日

豚肉をのせた台湾のローカルフードです。テンメンジャン、醤油で煮込んだ豚肉、味付け卵、高菜漬けをトッピングしています。

十六穀米を入れて炊いたご飯を盛り付けました。香ばしくもちもちとした食感と一緒にお楽しみください。

十六穀米・・・もちあわ、発芽玄米、もちきび、大麦、黒米、黒豆(大豆)、アマランサス、たかきび、とうもろこし、ひえ、ホワイトソルガム、裸麦、キヌア、黒ごま、はと麦

16穀米のルーローハン(魯肉飯) 蓋を開けた様子

蓋を開けると、もわ〜んと独特な中華っぽい香辛料の香り・・・。原材料を見るとこれはもしやシナモンの香りかな?

シナモンといえばお菓子とかパンのイメージがあったので、原材料に書かれているのを見て少し驚いたのですが、中国では「桂皮(ケイヒ)」と呼ばれるメジャーな香辛料の1つなのだそうです。私も時々使っている五香粉の中に入っている1つもこの桂皮でした。

少し暗めに色づいた16穀米の真ん中に乗せるような感じでトッピングされているのが魯肉(ルーロー)で、その周りを取り囲むようにしっかり味がつけられて、色が茶色っぽく染まった固茹でのゆで卵、そして高菜漬けがトッピングされていました。

お肉は見た感じ、ひき肉と細切りにした豚肉のミックスかな。あと、かなり細かくカットした椎茸も混じっています。

原材料に書かれている豆鼓醤(トウチジャン)は初めて聞いたなぁ〜と思って調べてみると、トウチは黒豆に塩を加え発酵させた食品で、日本でいう八丁味噌に近い中国の調味料なんですって。麻婆豆腐とか回鍋肉でよく使われている調味料みたい。

つまりコストコのルーローハンは、日本で言う肉味噌みたいな感じかな〜?

私が現地で食べた魯肉飯は、トロットロの豚の角煮を細かくカットしたものに椎茸とか他の具材も加わり、シャバッっとした煮汁と一緒に白ごはんに振りかけたもので、もっと全体的に汁々した感じだったんですよね。なので、今回のような肉味噌タイプの魯肉飯は初めてです。

あと、どこのお店の魯肉飯にも必ず1〜2つのお漬物が添えてありました。私が見た所では黄色いたくわんのトッピングが多かったかも?

本場台湾の魯肉飯ではこういったお漬物のトッピングが不可欠ということで、今回はそのお漬物の役割を高菜漬けが担っているのだと思われます。

高菜漬け・・・地元福岡ではよく食べられているお漬物ですが、ルーローハンへのトッピングは初めて見るパターンかも( ゚д゚)

食べ方は、容器の蓋を外して電子レンジ500Wで10分〜15分温めれば完成!

ただし、この温め方は内容量1010gを一気に全部食べることを想定しているものになります。我が家ではご飯茶碗に好きな分だけを取り分け、1人前ずつ電子レンジで温めました。ちゃんと測ってはいませんが、2分も温めれば十分中まで熱々になります。

16穀米のルーローハン(魯肉飯) 茶碗に盛り付け

台湾流だと1人前は多分これくらいの量になるのかな?温めると肉味噌がゆるく溶け照りが出て、ご飯に馴染む感じになりました。こうやって見てみると、お肉も結構たっぷり入っていますねぇ。。

味について

決して味が濃いわけではありませんが、しっかりめの甘辛味でご飯がすすむ味わい!いわゆる日本の角煮の味とはちょっと違い、甜麺醤の甘い味噌と醤油のしょっぱさが半々になった、みたいな味でした。

香りはもちろんですが、食べるとさらに台湾っぽい独特の風味がありまして、これは八角かな・・・?と思わせるのですが、もしかするとシナモンが八角の代用になっているのかも?シナモンの甘く、スパイシーな香りがガッツリ効いていてかなり異国感のある風味となっています。

日本の甘辛い煮物の風味とは全然違うものなので、この特有のスパイス感を苦手とする人も意外と多いんじゃないかなぁ・・・ともかく、人を選ぶ味付けだな〜と思います。

お肉は脂身少なめの赤身系でそこまでコッテリした印象はありません。私が台湾で食べた魯肉飯はどちらかと言えば脂身が多めのガッツリ系が多かったので、ちょこちょこイメージと違うかも?というところはありましたが、本場の魯肉飯もお店によって様々なので、こういうモノもあるのかもしれないなぁ〜なんて思いました。

あと、16穀米!個人的に16穀米は好きなのですが、やはり魯肉飯は白飯と一緒に食べるものという印象なので、コストコのルーローハンはちょっと違和感がありましたね。

・・・が、味としては決して悪い組み合わせではないように感じます。

というのも、ご飯がアメリカ産米だからか、ちょっと日本の柔らかめのお米とは違うんですよ。なんというか、吸水があまりうまくいっていないパサッとした感じというか、芯があるのとはまた違うお米の硬さみたいなものがあって、日本のお米と比べると食感の違いがちょっと気になっちゃうんですよね。

でも、そこへ16穀が加わることで、モチモチ・プチプチ感が足されて、元のお米のパサ感がそこまで目立たなくなるんです。それでいて、しっとりした魯肉の味がしっかり絡み、お米だけで食べたときの違和感はほとんど無くなります。

高菜漬けは、福岡で一般的に食べられている高菜とはちょっと違って、甘辛いお肉の味付けに、高菜漬けのシャキシャキした食感と爽やかな風味が相性抜群でした!

後半になると、ご飯とお肉、そして高菜を全部ぐるぐるしっかり混ぜ込んで食べちゃったくらいですからね・・・。そこにトッピングの味玉を時々挟むことで、また違った味わいを楽しむことができます。

ちなみに・・・我が家の場合、子ども達はまったく食べてくれず・・・結局、大人二人で2日間かけて食べきりました。味というよりはやはり、慣れない特有の香りがどうにもダメなようで、食卓に近寄ろうともしませんでした(;´∀`)

なので、こちらを美味しいと思うかどうか、食べられるかどうかは、独特の香りが大丈夫かどうかにかかっている感じです。唐辛子的な辛さがあるわけではないので風味さえ問題なければ、子供でも食べることができる味付けだと思うんですけどね。

というわけで、いろいろ言いましたが・・・。つかの間の台湾気分を味わうことができたので買ってよかったです!

まとめ

私が台湾で食べた魯肉飯とはいろいろと異なる点も多く、これが本場台湾の味なのか?と言われれば、正直微妙なところではあるのですが、本格的なスパイスの香りと風味があり、ちゃんと台湾っぽさを感じられる料理でした。

日本的ではないエキゾチックな味付けなので、誰でも美味しく食べることができるような万人受けするデリカではないと思いますが、私は美味しいと思いましたよ!

台湾に行ったことが無い方でも、これを食べたら、台湾ってきっとこんな感じなんだなぁ〜みたいな雰囲気を味わうことができると思いますし、海外の珍しい食文化を自宅で気軽に試せるという意味でも、なかなか悪くない商品だと思います。

おそらくこちらも期間限定の商品だと思うので、気になる人はお早めにチェックしてみてくださいね!

おすすめ度:★★★

コメント

  1. 1
    五香粉がダメなんです says:

    やっぱりシッカリと台湾の香りがするのですね〜(~_~;)
    昔、台湾旅行に行った際に、街中(コンビニや屋台)の前を通ると漂ってくる匂いに旅行中ずっとヤラれていた経験があり(>人<;)
    後になって分かったのですが、五香粉(特に八角)が私にとってダメだったようで…
    肉×飯のメニューは大好物なのですが、ルーロー飯だけは苦手になってしまったんです。
    もしかしてコストコのはあまり香り高くないのかな?と思っていたのですが、残念ながら購入見送るしかないな〜…(T_T)

    • あー says:

      私も一緒です。
      先月、初めて台北に行きましたが、漂う八角のにおいがダメでした。
      基本、シナモンは好きですが、八角の代用となると躊躇しちゃうかな。

  2. 2
    まこり says:

    私、好きそう!…スパイス&茹で卵love
    夫、苦手そう!

    でも一人で昼食に頂いちゃいます。笑。

    ですが…新三郷のキッチンは一部改装中だからか先週は見当たりませんでした。
    今週こそはありますように!

  3. 3
    なな says:

    我が家では子どもたちもぺろりでした!

    ちなみに神戸倉庫店にて購入しましたが、売り場で迷ってたらトレーで試食を出してくださったので、安心して購入できました。

  4. 4
    マダム@座間 says:

    八角がダメなので気にはなってましたが買いませんでした。
    原材料に八角は見当たりませんね。いけるかも。
    ロードショーで出ていたら良いのにな。
    台湾でもお店に寄って八角がキツかったり、それ程でも無かったりで…

    コストコの場合、お持ち帰りが基本なので本場の食堂みたいに汁だくでシャバシャバだとご飯がぐちゃぐちゃになってしまうから形状が違うんでしょうね。
    欣葉の🦀蟹おこわ風とかあったら絶対に買います。

    今度行ったら買って見よう。

  5. 5
    ぜんちゃん 中部 says:

    私も先日試食でいただきました、
    材料に〝八角〝って書いてないので台湾風程度の味かと思っていたら、ガツーンと八角風味で、マジ台湾の香り。
    でも、おいしかったですよ。
    試食だったので、味玉の味がどーだかわかりませんが、どんな味なんでしょう?
    台湾のファミリーマートで売ってる味玉を食べたことがありますが、おいしかったなぁ~。
    あんな感じかなぁ~?

  6. 6
    エイスミハハ says:

    メルマガ見て、どう見てもロールパンには見えないけどなあ、と大ボケしておりました。
    アジアンフード大好き!ぜひ試してみたいです!

  7. 7
    プイプイ says:

    なぜか日本では魯肉飯ばかり取り上げられますが私は鶏肉のジーローハンが大好きです。さっぱりしているけれどしっかりした鶏肉とタレの旨味が最高です。日本でも以前は「髭張、ひげちょう」というチェーン店があったのですが撤退してしまいました。今はサラダチキン又は茹でた鶏肉にタレを自作してなんちゃってジーローハンを時々楽しんでいます。

    • 卵オーナー says:

      「鬍鬚張魯肉飯」
      野々市コストコから車で10分位の所と、金沢工業大前にありますよぉ~
      流行るずっと前にタピオカミルクティ飲んで美味しかったです♪

  8. 8
    じんのび says:

    そーです!石川県にあります!!

    http://www.higecho-ishikawa.jp/kodai.html

    手軽に食べるなら、ののトコ近くイオン御経塚のフードコートにもありますよ。

    コス子さんが紹介されていたので、久しぶりに食べたくなってきました。まずはこちらを食べて、コストコの物を食べようと思います。

  9. 9
    カピバラ子 says:

    これ、美味しかったです!小3の息子と旦那と私の3人で均等に分けてペロリでした。
    本場のものほどではないけれど、台湾飯な香りはします。正直私は物足りないレベルでした。
    温め方ですが、ゆで卵はとってから温めるか、別にして軽く温めた方がいいです。
    うちはパッケージ記載通りに温めたら、一つのゆで卵が爆発してレンジが大変なことになりました…(泣)

    • なな says:

      コメント失礼します。
      お怪我ありませんでしたか?
      確か、パッケージにも、卵は取り出して温めてくださいと書いてあった気がしますよ〜(*^^*)

    • なな says:

      あっ??すみません、画像の説明には書いてないですね…!!
      もしかしたら店員さんが言ってくれたんだったかもしれません!!
      (または、新たに注意書きが増えたのかも??)
      なんにせよ、注意ですねえ〜(^^;;

    • ぽん@座間 says:

      私が買ったものにはゆで卵取り出してってちゃんと書いてありましたよー!
      よく見ないで温め始めて、そういや卵、レンジNGだよな?と思ってよく見たら書いとりました・・・すぐゆで卵取り出してセーフでした。
      ゆで卵爆発、マジでレンジが大変なことになりますよね・・・←もちろん経験者

  10. 10
    ひろみ says:

    台湾のルーローハンは東北で言う芋煮戦争じみた地域的な差があると聞いたことがあるので、どっちが出るかは運次第!?……なのかもしれませんね。
    食べてみたいです~。

  11. 11
    てぃか says:

    台湾旅行で五香粉、八角に魅了されこちらの商品に飛びつきました!しかし、万人ウケする味で私以外の家族は大満足でしたが、私には物足りなかったよ。16穀入りなので米のパサつきも気になりました。あっさり魯肉飯は十分に楽しめるので、迷っているならチャレンジして下さい。冷凍もできます。

  12. 12
    近くにコストコ欲しい says:

    昨日買ってきました!
    シナモンが強くて甘さも強めだったので、お菓子系をご飯にかけてるような不思議な感じでした。
    八角がつよめだったら好みだったのになぁと少し残念でした。
    高菜はいいアクセントになってるとおもいます。
    あと冷蔵庫にいれて次の日はお米はかなり固くなっていたのでレンチンしましたが、それでもちょっと固さがとれませんでした。

コメントを投稿