モンドール AOP バドーズ 400g

モンドール AOP バドーズ 400g

Mont d’or AOP BADOZ 400g
購入時価格:2,238円(2019年11月)
ITEM# 578850

フランスで秋の風物詩と言われているモンドール(チーズ)です!

こちらは11月後半頃のメルマガで紹介されていたチーズで、その時期しか購入できない期間限定の商品とのことだったんですよ。

一昨年の秋にも同じようにメルマガで紹介されていて、すっごく気になっていたのですが・・・食べ方や味を知らないチーズ。しかも400gで2,000円を超えちゃう価格は、挑戦してみるにはあまりに情報が少なくてですね・・・。

評判とか食べ方とか、いろいろ調べてみてから良さそうだったら買おう!と様子を見ていたところ、あっという間に店頭から消えてしまいまして。。

「秋の風物詩」と言われるいわゆる旬ものだから、時期を逃したらあっという間に買えなくなっちゃうんだなぁ〜と以前購入できなかったことを大変後悔していたので、今回は店頭で見つけたら即購入!ようやく購入することができました。1年越しの悲願( ;∀;)

この商品はキャッチフレーズがまた印象的で「チーズマニア垂涎」とか「モンドールを知らずしてチーズは語れない!!」なんて書いてあるもんですから本当に興味津々で。。。(º﹃º)(º﹃º)(º﹃º)

どうやらフランス的にはモンドールを知らないとチーズを語ってはダメらしいので(笑)きっと、チーズ好きの方はいつかは通る道なんだろうな〜と。

この商品を購入したのは昨年の話で食べたのもちょっと前なので、今ごろ紹介しても時期外れだなーと思い、紹介は見送りの予定だったのですが・・・

私が通っている福岡の久山倉庫店ではまだ販売されているようで、もしかすると店舗によっては在庫が残っているのかもしれないと思い、シーズンオフだとは思いましたが紹介することにしました。

商品詳細

種類別:ナチュラルチーズ
原材料名:生乳、食塩
内容量:400g
賞味期限:購入日より30日
原産国名:フランス
※樹皮を巻いて熟成させているため表皮が黒っぽく変色することがありますが品質には問題ありません。

以下はメルマガの紹介文です。

モンドールはフランスでは「秋の風物詩」と言われる、人気のチーズです。

フランス産はフランシュ・コンテ地方で作られ、「モンドール」「ヴァシュラン・デュ・オー・ドゥー」と呼ばれます。

モンドールは暑さに弱く、傷みやすいために気温の高い夏季は生産されず、秋から冬にかけて市場にお目見えします。

量は多めに見えても、あっという間に食べ終わってしまう、チーズ本来のうまみとほのかな木の香りが楽しめる本格的なチーズです。

数量限定での取り扱いですので、完売次第終売となります。

かつではフランスに行かなければ食べられなかったモンドールも、昨今の日本では旬の時期になると輸入され、チーズ好きの中で話題の逸品となっているそうです。

チーズの種類で言えば、ウォッシュタイプ。ウォッシュチーズとはチーズの外皮を塩水やお酒で洗いながら熟成させたチーズのことで、強烈な匂いが特徴のチーズです。

ちなみにモンドールの場合はとっても柔らかいので、エピセア(もみの木の一種)という木の樹皮を巻いて熟成させるのだそうです。そのおかげで濃厚なミルクの味わいと一緒に木の香りを楽しむことができるのだとか。

1981年にA.O.P(EU統一の原産地名称保護)を取得しているチーズなので、決まった地域で伝統的な製法で作られた、本物の高品質のチーズというということが保証されています。貴重ですね(-_-)

モンドール AOP バドーズ 400g 蓋を開けた

パッケージを開けるとこんな感じ。直径は12cm、高さは6cmの木箱の中に入っています。外装の袋を開けた瞬間、一気にブワッと広がるウォッシュチーズの強烈な芳香・・・( ゚д゚)

チーズ嫌いな人ならきっと裸足で逃げ出す匂い・・・ε≡≡ヘ( ´Д`)ノアンモニアっぽい臭いに似ていて正直クサイ。でもウォッシュチーズってだいたいこんな感じですしむしろウォッシュチーズの中では控えめな方なのでは?

表面をうっすらと覆っているのは白カビです。冷蔵庫から出したばかりだと少し硬めですが、このまま室温で30分〜1時間ほど放置しておくと少しずつブヨブヨに柔らかくなってきます。

なお、この木の容器からチーズを取り出すということはしません。エピセアの木箱とこのチーズは2つで1つ。食べる時は木箱に入ったままいただきます!

モンドール AOP バドーズ 400g 上部をくり抜いた様子

食べ方は表面の白カビ部分を丸い形に沿ってナイフを入れ、上部の皮の部分のみをカットします。

すると、中からとろ〜んとした薄黄色のチーズが現れます(´艸`*)

モンドール AOP バドーズ 400g スプーンですくった

すごい!加熱もなにもされていないのにこんなにもトロントロンのチーズがぁぁ!!

フランスではこれをスプーンですくってそのまま食べたり、パンにつけたり、ラクレットのように茹でたじゃがいもにかけて食べたりするんですって。おっしゃれ〜(´艸`*)

しかし、加熱されているわけでもないのに常温に置いておくだけでこのトロントロン加減ってちょっと考えられません・・・。菌の力って本当にすごい!!

チーズフォンデュのようにサラサラというわけではなく、硬めでかなり粘り気があるとろみ加減です。

味について

モンドール AOP バドーズ 400g パンにのせて

ふぉおおおお(ノ゚ρ゚)ノすごい!なんか、初めての味!!

ミルキーで濃厚クリーミーで、口当たりはめっちゃ滑らか!どこかナッツに似たような深ーい深ーいコクとほのかなフルーティーさがあり、そこにフワッと鼻から抜ける木の香り。そして、喉元を過ぎた後も永遠に続くのでは?と思わせる余韻。。。

とっても個性的な風味で、これはワインがめっちゃ進むやつ〜!!

とろ〜んとしたチーズが口内の温度でさらにトロリと柔らかく溶けていき、口の中にモンドールの風味が一気に広がります。

とにかく唯一無二感がすごく、たしかにこれは、チーズ好きさんはハマってしまうかも・・・( ゚д゚)

ちなみに、モンドールは400gあるので1回ではなかなか食べきることができません。保管の際は、食べる前に取り除いた上の表皮を、まるで蓋をするようにとろとろチーズの上に乗せ、備え付けの木蓋をして冷蔵保存するのだそうです。

こうすることで乾燥を防ぎ、また同じように美味しく食べることができます。

モンドール AOP バドーズ 400g チーズフォンデュ(ブロッコリ)

付属のパンフレット?(小さい紙です)で紹介されていた、モンドールで作るチーズフォンデュです。

蓋を取り、白ワイン(約10cc)を注ぎ、みじん切りしたニンニクを入れて混ぜ合わせ、周りの木箱をアルミホイルで包んで200℃のオーブンで25分ほど焼けばOK!

お好みでパン粉を加えても良いそうです。中までチーズが温かくなり、グツグツしてきたら出来上がり!

こちらもまた、食べながら思わずヒィーヒィー( ゚д゚)言ってしまうほどめちゃくちゃ美味しかった!!

常温の状態よりもさらにチーズがサラサラしてディップしやすく、圧倒的に食材に絡みやすくなりました。パンも野菜もお肉も全部美味しかった〜!思う存分贅沢なモンドールの世界にどっぷり浸ることができました。

モンドールチーズフォンデュにしたらあっという間に完食です。確かにこれなら、フランス人じゃなくても秋が楽しみになっちゃうよね〜(´艸`*)11月に解禁となるボジョレーヌーヴォーと一緒に嗜む、という方も多いそうです。

まとめ

販売期間が限られているウォッシュチーズ「モンドール」です。多少煽り気味に思えた「チーズマニア垂涎」というキャッチフレーズも今なら的を得てると思えるし、すごく納得できます。

本当によだれがでちゃうくらい美味しく、こんなチーズを食べたのは初めてでした!世界は広い!

価格はやっぱり高い感じがするけど、きっと他のチーズ屋さんとかデパ地下とかで買おうと思ったらもっと高いんだろうなぁ・・・。そもそも、購入できる期間が限られているというだけで貴重だし、特別なものなんですよね。

なので、1年に1度のお楽しみと思えば、この価格もありかも?(´ω`*)なんて思ったりします。チーズ好きな方にはぜひ一度試して頂きたい味です。

逆に言えば、チーズの癖のある風味がダメな方にとっては、とんでもなく苦手な可能性もあり、決して万人受けするものではありませんのでご注意ください。ウォッシュチーズが大丈夫!という方であれば問題なく食べることができると思います!

年明け後の現在、取り扱われている店舗は限られているかもしれませんが・・・気になる方はお早めにチーズ売り場をチェックしてみてくださいね。

おすすめ度:★★★

コメント

  1. 1
    ペッパー@浜松 says:

    くさいチーズ沼にはまった我が家も今シーズン初挑戦しました!
    そのままでも美味しいけど、加熱したときの美味しさといったら!!
    本当によだれものでしたわ…
    夫婦で3日楽しみましたが、小学生二人は一口食べて、「くっさ!!」のコメントを残し食べてくれませんでした。。。
    こんな美味しいもの覚えられちゃたまりませんが…
    フォンデュもしたし、ちょっとだけパリパリチーズも作りました。これは子どもも食べられました(*^.^*)

    またシーズン来たら食べたくなりそうだけど、値段が……

  2. 2
    しまお@札幌 says:

    普通のチーズショップなら3000円程度で売られているのでやはりコストコは格安です!賞味期限が一応書いてありますが、かなり日持ちもします。もっとも段々濃厚で香りもきつくなりますが…

  3. 3
    ゲド@久山 says:

    むかーし学生時代の帰省中にJAL機内誌で販売されていて、価格が5千円超えしてたような気がします
    いつか社会人になったら、買ってみたいと思ってたチーズでしたが、田舎なものでなかなかお目にかかれず
    昨年コス子さんの買物に入っていて、もしや「あのモンドール!?」とコメント、お返事いただき嬉しかったです
    久山から北九州まで遠征して購入しました
    ウン10年間分の美味しさでした〜(笑)

  4. 4
    メープルママ says:

    一昨年Costcoで買って楽しみました。今年は削って楽しむ方を買いに行ったらもうなくて、こちらはまだたくさん残っていました。2000円は高いかな〜小さめ900円台のウォシュチーズを購入。。美味しかったけれと、あっという間に食べてしまい、その後近所のスーパーで国産カマンベールを買おうとしたら大分値上がりしていて驚きました。と思うと、あの大きさで2000円は、お得かも、、。

  5. 5
    りか@かみのやま says:

    これ、美味しいですよね!クラッカーにつけてチビチビ食べています。
    ただ、冷蔵庫に入れておくと庫内がすごい匂いになるので、DELIの空き容器に入れて新聞紙に包み、日の当たらない屋外で保管しています。東北ならでは、ですが(笑)

  6. 6
    バービー@金沢シーサイド says:

    1/11土曜 午前中。金沢シーサイドで1677円で売っていました。残り20こくらいです。

  7. 7
    もな says:

    1年後しではなく1年越しかと思います。

    • コス子 says:

      もなさん
      ご指摘ありがとうございました!訂正しました。

  8. 8
    モンラン@尼崎 says:

    尼崎にも1/10(金)夕方1,677円でありましたよ
    みーご@尼崎さんから聞いて、買った友人にLINEで値段を教えてもらいました
    安い時には酒断ち中で買えない私…

  9. 9
    ビビちゃん says:

    私は癖のあるチーズが苦手ですが以前ネットのフランス直輸入のお店で同僚と注文したのですが、コストコよりはるかに値段が高く、もったいないと思ってしばらく冷蔵庫で保管し賞味期限ギリギリの状態で開封したら、とんでもない匂いで気分が悪くなりながらも食べてみましたが、やはりダメでした(*_*)
    でも、コストコは安いし、ネットで買ったチーズは状態がたまたま悪かっただけで、賞味期限が長いものなら美味しいのでは?と何度も買おうか迷いながら、結局、買う勇気が沸きませんでしたが、やはり、モンドールは匂いあるチーズなんですね(^_^;)
    店頭で試食させてもらえたら買うかどうか決断できるのにな~と思いますがお高いチーズだからむりかな~。
    次回、お目にかかる時も買うかどうか悩みまくると思います。

  10. 10
    ぱらりん says:

    座間も1677です。

  11. 11
    土日は北九州 says:

    ブルーチーズや山羊のチーズの匂いは大丈夫なのですがウォッシュチーズ系は苦手で、今年はこのモンドールチーズ何度も見かけましたが手が出ませんでした。
    10日の久山倉庫店でも1,677円とお安くなってましたが、表皮の色がコス子さんの写真の物よりもっと茶色っぽくなって波打っている感じで熟成が進んでいるな〜とそっと棚に。

    昨年、春に出るカマンベール・プランタン(フランス語で春)が値下がりしているのに遭遇して、嬉しくて買ったのですがカマンベールのような食べやすいチーズでも熟成が進んで匂いがきつくなってて、自分は若いチーズのほうが好みなんだなと分かりました。

    コス子さんのレビューを読んで、今年の晩秋コストコにモンドールが入荷したら挑戦してみたいと思っています(*^^*)

  12. 12
    ゲスト says:

    他サイトからの受け売りですが…
    日本で一般的に言われている「モンドールは液体のように柔らかいチーズだ。」という認識は間違いだそうです(^◇^;)

    モンドールも最初は硬めで熟成していくごとに柔らかくなっていくそうですが、フランスでは自分好みの柔らかさ(熟成度合)で楽しむそうです。
    おいしく頂くタイミングは、人それぞれに違っていてOK。つまり、おいしいと思うタイミングは人それぞれが決めることで、決してとろとろの柔らかいモンドールが最高という訳ではないという事。
    実際、そんなとろとろのモンドールは、平均的な味覚を持つ日本人にとっては、おいしいと感じる域を超えた、「ただ臭くて味が濃くなり過ぎたモンドール」になってしまうそう。つまりそれは、適度な熟成期間を超えてしまった「過熟状態のモンドール」だそうです。
    実際フランスで多くの人に愛される食べ頃とは、決してとろとろの末期状態のモンドールではないそう。一般的には中心部が少し柔らかめのものを食べる方が多いそうですが、もう少し硬めや柔らかめなど自分好みの硬さで食べるそう。だからかフランスではモンドールを食べる時にスプーンは使わずお食事のナイフとフォークでいただくということでした。

    この記事を見た時は私もびっくりしましたし、ウォシュチーズはイコール凄く臭いチーズというのも間違ってたんだな!と思いました。確かにウォシュチーズも早めに食べると香りが全然違いますものね!

    コメントでもったいないから期限ギリギリに開けて食べられなかったという方も見受けられたので、そういう方には過成熟のドロドロになる前に早めに食べてみて欲しいですね♪

  13. 13
    エリー@三郷ときどき川崎きのうは金沢シーサイド says:

    ヒィーヒィー言ってみたくて
    昨日買っちゃいました(´౿`)

  14. 14
    元フランシュコンテ在住 says:

    モンドールはもみの木の容器に入っているので、クリスマスパーティーなんかでもみの木の香りのチーズとして出すと雰囲気が出ていいですね。

    モンドールはフランス・ジュラ地方特有のVin Jaune、黄色ワインというワインと合わせると味が更に3ランクぐらいアップしますよ
    1度は試してみたいけどVin Jauneは日本ではなかなか手に入らないし当然コストコでも売ってないんですよねぇ
    しかもVin Jaune自体はモンドール、あるいはコンテチーズと合わせたときだけ美味しいけどそれだけで飲むとかなり癖が強くて大して美味しいものでもないという。

  15. 15
    ゲスト says:

    札幌倉庫で1200円台になっていて迷いながらも家族食べそうなのは私だけなので、賞味期限の1/20までに消費できそうにないので断念しました。来年はリベンジしたいです

  16. 16
    メープルママ says:

    昨日つくば倉庫にまだあったし、チーズ嫌いの夫が飲み会だから、夕ご飯に1人で食べようと購入。1/20の賞味期限ですが、一昨年買って早めに食べた時よりも、クリーミーでクセがない、と私は思いました、、。全然臭くない、と思います。コストコのマコンビラージュと合わせると最高です(^^)

  17. 17
    ふくねーこ says:

    私も臭いのきついチーズは食べられないのですが、11月?くらいに買ったものは、トロトロしてなくてカマンベールチーズのような柔らかさだった気がします。
    最後まで美味しく食べれたので、熟成時期が良かったのかな?
    そのつもりで今買ったらがっかりしそうです。
    皆さんのコメントを拝見できて良かったです。

コメントを投稿