カークランドシグネチャー プリクックドベーコン 453g

カークランドシグネチャー プリクックドベーコン 453g

カークランドシグネチャー プリクックドベーコン 453g 
購入時価格:1,738円(2021年4月)
ITEM# 10500

久しぶりにアメリカンなカリカリベーコンが食べたくなって、コストコの冷蔵コーナーで販売されているプリクックドベーコンを購入しましたー!これ、すごく気に入ってるんですよ(´ω`*)

そこまで有名ではないかもしれない商品ですが、ずーっと前から取り扱われている古株商品の一つで、たま〜に無性に食べたくなるんですよね。

このベーコンと一般的なベーコンとの違いは「FULLY-COOKED」(調理済み)の商品ということ。

つまり、こちらはすでに一度カリッと焼いてあるベーコンで、アメリカ〜ンなカリカリベーコンを時間と手間をかけずにすぐに用意できちゃう!というものなのです(´ω`*)

普通のベーコンからカリカリベーコンを作るのって意外と手間ですからね・・・。

じっくり火を入れるので時間がかかるし、火入れにムラができやすくて思った通りのカリカリにならなかったり、焼きすぎて焦がして苦くなったり・・・カリカリベーコンを上手に作ろうと思うと見た目以上に手間がかかるし、その割には失敗も多かったりするんですよ。

また、日本で一般的に販売されているベーコンは脂身が少な目で、そもそもアメリカンなカリカリベーコンは作りにくいとも言われています。たま〜に食べる機会があったとして、ちょっと良いホテルの朝食ビュッフェとかで見かける感じでしょうか。。

そんなカリカリベーコンを自宅に居ながら、短時間で失敗なく作れちゃう!というのが嬉しい商品です(´ω`*)

商品詳細

カークランドシグネチャー プリクックドベーコン 453g 商品ラベル(原材料・カロリーほか)

名称:ベーコン(スライス)
原材料名:豚ばら肉、食塩、砂糖/ポリリン酸Na、酢酸Na、酢酸、酸化防止剤(エリソルビン酸Na)、発色剤(亜硝酸Na)
内容量:453g
賞味期限:購入時より4ヶ月先まで
保存方法:5℃以下で保存してください。
原産国名:アメリカ
※開封後はお早めにお召し上がりください。

こちらは、コストコのプライベートブランド「カークランドシグネチャー」とスパムでお馴染み「Hormel(ホーメル)」のダブルネームの商品です。

コストコは、例えばポテトチップスのKETTLE、コーヒーのSTARBUCKS、チーズのザネッティ、お茶の伊藤園といった、各分野での有名ブランドとコラボしてコストコオリジナルの商品を作るということも少なくありません。

PBで低価格をキープしつつも、一流ブランドの品質を安定的に提供できるということですね!嬉しいことです。

カークランドシグネチャー プリクックドベーコン 453g 開封中身

ベーコンにしては珍しいシート型のパッケージになっているこちらは、ジッパーを開けると1枚の大きなクッキングシートの上に約10枚のベーコンが綺麗に整列しています。

加熱調理済みということでベーコンスライスは一回り小さくギュッと締まった印象で、お肉の色味も赤褐色っぽく、濃いめの焼き色がついています。

枚数は重量によって調整されているようですが、パッケージには(48〜50枚のスライス入り)と記載されていました。つまり、おおよそ10枚のベーコンが並んだクッキングシートが全部で5枚重なっています。

価格だけ見ると、ベーコンが453g入りで1,738円。100gあたり383.6円ということになるので、かなりお高めなベーコンのように思えてしまうのですが・・・

見ての通り加熱調理されているベーコンは通常よりも一回り小さくギュッと締まった感じになっていて、1枚のサイズ(重さ)が普通のベーコンとは全然違うんですよ。

通常の薄切りベーコンだったら、ざっくり1枚あたり20gだと思うので、それが50枚入っているとそれだけで1000gということになりますからね〜。

その点こちらのベーコンの場合、453gで50枚ということは1枚あたり約9gということになります。

カークランドシグネチャー プリクックドベーコン 1枚

ベーコン1枚あたりは約18cm。日本の一般的なベーコンと比べると脂身が多いのと、ハムっぽさは無く、肉!感がしっかりしています。

焼き縮みはありますが極端にサイズが小さいということはありませんし、そう考えると50枚のベーコンが入っていて1,738円というのは決して高くないと思うんですよね。

外側のパッケージだけじゃわかりにくいのですが、この量を見ればちょっと印象が変わっちゃいますね〜。

調理方法は3つ書かれていて、電子レンジで45〜60秒温めるか、フライパンで両面2分温めるか、オーブン200℃予熱で3分間温めるかになります。全て短時間で用意できるので、朝の忙しい時間でも簡単に作れます。

カークランドシグネチャー プリクックドベーコン フライパンで焼いている様子

ちなみに私はフライパンで温めることが多いかな。弱火でも開始30秒あたりからベーコンの表面からジュワッと油が浮き出てきてブクブクになります。

そして、フライパンに残ったベーコン油を使ってスクランブルエッグとか、目玉焼きとかを一緒に焼いちゃうのが我が家の定番です(´ω`*)

カークランドシグネチャー プリクックドベーコン 調理例

ものの1分ほどの調理でムラなくカリカリになります!

すでに調理済みのため、加熱したからといってさらにお肉が縮むようなことはなく、お肉の赤褐色の色味が濃く、若干飴色っぽい色味になります。調理時間が短いから焦げちゃうという心配もありません。

お箸で持ち上げてもシャキーンと姿勢を崩さないこの形こそ、私が望むアメリカンなベーコン!( ゚д゚)

味について

これがまためちゃくちゃ美味しいんですよ(´ω`*)お肉を食べる満足感とはまた違う独特の美味しさがたまりません!

カリッ!ポリポリッ!のクリスピーな食感。そして噛めば噛むほどに細胞の奥底から溢れ出てくる味とスモークの風味が本当に美味しくてヤミツキになります。

アメリカの方々がよくネタっぽく話す「ベーコン味のガムが欲しい!」みたいな話・・・日本のベーコンしか知らない時はいやいや冗談やろ〜なんて思ってましたが、このカリカリベーコンを日常的に食べているのであれば、その気持ちも分かる気がします。

本当に美味しくて、できることならばずーっと口に入れて噛んでいたい!(´∀`)

少し時間が経った後のシナっとしたベーコンもまた絶品で、噛んだ時のジューシーな旨味と、こちらも噛む度にお肉の甘味とベーコンの塩気、スモークの香りが口いっぱいに広がります。

そして、このベーコンと一緒に食べる卵やサラダなんかも美味しいのですよ(´ω`*)

味の濃いベーコンが具材でありつつもいい感じの調味料になってくれるので、一緒に合わせるものもベーコンの旨味たっぷりの油を纏い、極々シンプルなメニューを特別なものに変えてくれます。

そんなわけで、朝食として食べるのはもちろんですが「調味料」として使う方法もオススメです。

味付けと食感を加えるトッピングのような位置づけとして使うことができまして、例えばカルボナーラのベーコンをこちらに変えても面白いですし、サラダの上に粉々に砕いてトッピングすると、肉感が足されて満足度がアップします。

中でもおすすめなのがポテトサラダのハムの代わりにこちらを使うこと。最後の最後に加えてサッと和えるように混ぜ合わせると、カリッとしたベーコンの食感がなめらかな舌触りのポテトサラダの良いアクセントになります。

フレンチトーストにカリカリベーコンをトッピング

最近のお気に入りの食べ方がこちら!フレンチトーストにカリカリベーコンをトッピングして、最後にメープルどばぁぁ〜で究極の甘じょっぱ朝食!!( ゚д゚)

日本じゃとても考えられませんが、アメリカではベーコンにお砂糖をまぶしてカリッと飴がけした「キャンディベーコン」なる食べ物が流行ってるらしい・・・いや、流行ってるどころかもはや、すでにメジャーな食べ物の一つとして市民権を得ているそうな(-_-)

この甘めに作ったフレンチトーストと旨しょっぱいベーコンも信じられないほど相性抜群でして・・・( ゚д゚)

ひと口食べるとメープルのこってりな甘さと卵のコクがきて、少しずつカリカリ食感とガツン!とした塩気が広がり、最後にベーコンの旨味が口いっぱいに溢れます。。

めちゃくちゃ美味しくて、これならキャンディベーコンも全然アリだなぁ〜なんて思ってしまいました。魔の食べ物がまた一つ、この世に君臨してしまう・・・( ゚д゚)

まとめ

アメリカの定番「カリカリベーコン」を手軽に短時間で作ることができる!というとっても便利なアイテムです。

カリカリベーコンは美味しい〜!ということが分かっていても、手作りするのはちょっと億劫で、結局サッと炒めて終了。。という感じで省略してしまいがちですよね。まぁベーコンは普通に焼くだけでも充分美味しいですしね(-_-)

でも、ちゃんと丁寧に作ったカリカリベーコンは、サッと焼いただけのベーコンとはまた違う濃い旨味とガツンとした塩気があり、またそれ故にただのイチ食材に留まらない様々な使用用途があります。

これが冷蔵庫にあれば、ものの数分で完璧なカリカリベーコンを作ることができるので用意する為の手間がいらないし、見た目がおしゃれ〜な感じになるのも気に入っています(´∀`*)

PB商品ということもあり比較的いつでも取り扱われている印象なので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね〜!

※動画レビューはこちら⇒カークランドシグネチャー プリクックドベーコン

おすすめ度:★★★★

コメント

  1. 1
    daisychain says:

    これ、我が家では常備必須アイテムです!
    これぞベーコン!って味ですよね。
    ミネストローネなどのスープ系にも旨味がすごく出るので必ず入れてます。
    永久に取り扱って欲しいですー。

    • コス子 says:

      スープ系の旨味出しや食感のアクセントにもピッタリですね!(*´∀`*)ミネストローネ絶対美味しい!

  2. 2
    りみ says:

    あー!この前見かけて気になったけど買わなかった…
    次見つけたら買おうと思います。

  3. 3
    R says:

    コス子さんのレポ見てたら食べたくなりました〜(^^)
    いつかご褒美に買いたいです。

  4. 4
    ムラサキ@富谷 says:

    アメリカ土産で「ベーコン入りのチョコ」を頂いたのを思い出しました
    最初はもちろん えっ!?と思ったけど美味しかったんです!

    フレンチトーストじゃなくパンケーキなんかでもベーコン×メープルはアリですよね(*´艸`*)

    • コス子 says:

      アメリカではめちゃくちゃ真面目にベーコン☓甘味で新しい食べ物がどんどん生み出されてますよね( ゚д゚)

      ベーコンじゃなくても、甘じょっぱい!みたいな味付けはめちゃくちゃ多くて、これが好まれる味付けなんだなぁ〜と思ったりしました。

  5. 5
    てつおう says:

    とても美味しそうですね!
    冷凍保存できるのですか?

    • ちーず@つくば says:

      このベーコン、買う度に開封後はそのまま冷凍していますが、特に変質なく使えてますよ(^_^)

    • コス子 says:

      私も開封してしばらくしたら袋ごと冷凍庫に入れて利用しています!

  6. 6
    ちくあき says:

    5/7北九州倉庫へ買いに行きましたが、売ってませんでした〜残念

    • ホッチ says:

      お昼頃たくさんありましたよー!カーネーションが置いてある並びの冷蔵庫でした。

    • コス子 says:

      多分、シャウエッセンとか、あの辺りの付近だと思います。業務用ソーセージ(1kg入りとか)を探してみてください!

  7. 7
    こなっつ says:

    コス子さんにご紹介いただけて嬉しい‼︎
    わたしの一押し商品ですが、上手く表現出来ず。コス子さんの文章を読んで、そーそーその通りとなり、スッキリしました。
    お弁当に入れれば、豊かな香りと濃厚な旨味でいくらでもご飯いけちゃいます。

コメントを投稿