ケトルチップス シーソルト&ビネガー

ケトルチップス シーソルト&ビネガー

ケトルフーズ ケトルチップス シーソルト&ビネガー 794g
購入時価格 798円(2018年7月)

コストコでお馴染みの大容量ポテトチップス、ケトルフーズによるケトルチップスシーソルト&ビネガー味を購入しましたー!

通常のシーソルトが茶色っぽい色のパッケージなのに対し、こちらは濃紺のパッケージで売り場でもとっても目立っていました。一見、お菓子のパッケージっぽくないカラーとデザインですよね。

手に取ると、さすがコストコのポテトチップスは相変わらずの大容量だよなぁ〜なんて思うのですが、実はこの商品、コストコの定番ポテトチップスであるシーソルトよりも100円ほど値段が高く、内容量は100グラムほど少なめになっております。

というのも、シーソルトはケトルフーズがコストコとコラボしているカークランドシグネチャーの商品なのに対し、こちらは純粋なケトルフーズの商品なんですよ。

なので、コストコプライベートブランドの価格と比べると、ちょっとだけ高いのですが・・・ケトルチップスのシリーズはうちの近所だと西友系のスーパーでも売っていまして、そちらは小袋(56グラム入り)で168円とかで販売されており、しかも割引で販売されることはほとんどないんですよね。

コストコの量と価格を知っていれば、他店での販売価格はちょっと引いちゃうくらいの価格だったりするので、さすがにプライベートブランドの低価格には及びませんが、それでも約1円/1g程と考えると十分お手頃価格だと思います!

私はもともと酸っぱいフレーバーのポテトチップスが大好きでして、お酢も好きだし、ということで今回の新フレーバーもさっそく試すことにしました〜!

多分、うちの家族じゃ私しか食べないと思うけど!笑

商品詳細

ケトルチップス シーソルト&ビネガー 斜めから

名称:ポテトチップス
原材料名:じゃがいも、植物油、粉末酢(マルトデキストリン、醸造酢)、食塩、マルトデキストリン、酸味料
内容量:794g
保存方法:直射日光や高温多湿を避け、涼しい場所で保存してください。
原産国名:アメリカ
※開封後はお早めにお召し上がりください。

ケトルチップスは、ケトルの名前にあるようにケトルフライ(釜揚げ)製法で作られています。薄切りのジャガイモを高温でサッと揚げるのではなく、低温で時間をかけてじっくりと揚げることで、ザクザクとした独特の堅揚げ食感を産み出しているのだそうです。

化学調味料は一切使用しておらず、自然のままの材料を伝統的な方法で調理するのがケトルフーズの特徴とのこと。

パッケージの裏側には「トランス脂肪酸0グラム」「MSG(グルタミン酸ナトリウム)不使用」「人工香料不使用」「防腐剤不使用」「GMO(遺伝組み換え技術)不使用」「グルテンフリー」「オールナチュラル成分で製造」といった、健康に配慮していることをアピールする文章が沢山書かれていました。

この大きさのせいもあり、海外のお菓子というのは、添加物どーん!謎成分どーん!なイメージで、美味しければオールOK!みたいな先入観を持っている人もきっと多いと思うのですが、パッケージに記載されている内容を翻訳してみると、これほどまでに健康に配慮しているんだよ!( ゚д゚)ということが、細かい文字でびっしり書かれていたりします。

これはケトルチップスに限らず、コストコで取り扱われている他の海外メーカーのお菓子もそうなのですが、こういった安全性にまつわる規定は日本メーカーよりも海外の方が厳しいのでは?と思えるほどです。

もちろん、そういった安全に配慮した商品ばかりをコストコがピックアップして店頭に並べているという可能性もありますが、少なくとも私の中では「海外の商品=安全性が不明確」という先入観はなくなりました。

まぁ・・・だからといって、コストコで販売されている大容量を一気に食べて良いということではないんですけどね。。^^;

ケトルチップス シーソルト&ビネガー 開封中身

こちらが中身。見た目は普通のポテトチップスとそこまで変わりないかな〜。ただ、日本の一般的なポテトチップスと比べれば、1枚1枚がかなり厚めのスライスで、比較的固めのチップスとなっています。

シーソルトのように波状のスライスとなっているわけではなく、自然なじゃがいもをスライスし、そのまま揚げて作りました!な雰囲気なので、大きさもバラバラだし、ひしゃげて形が崩れてしまっているものもとても多いです。

香りはほんのり酸っぱく、馴染みのある香りで、やはりどこか湖池屋すっぱムーチョに近い香りです。

味について

うぅぅ〜酸っぱ〜!( ゚д゚)めっちゃお酢の味だ〜!すっぱムーチョなんて全く相手にならないくらい酢!!です。めっちゃお酢!!!

なんというか、食べる側が少しでも食べやすく、口当たり良くした方がいいかも?みたいな忖度は一切感じられず、「だって、海塩&酢フレーバーですし!」みたいな、日本のポテトチップスには無い潔さがあるんですよね。食べていると唇がシュワシュワになってくるくらい酸っぱい味付けでした。

そしてこちら、酸っぱいだけでなく塩気も割と強いんですよね〜。おかげで食べ続けていると舌がピリピリしてくるし、とっても喉が乾きます。

もちろん、他シリーズのケトルチップスと同様の固めのザクザク食感も健在。その鋭さ・硬さはまさに諸刃の剣となり、気をつけて食べなければあっという間に口の中がジャキジャキになってしまいます。

口内炎がある方は、絶対に口にしない方が良いですね・・・おそらく一気に悪化してしまうほどの刺激があるので、しっかり完治してから試した方が良いと思います(゚д゚)

ただですね、シンプルに酸っぱさ加減でいえば、先日紹介したスコットランドメーカーのポテトチップス「マッキーズ」のシーソルト&ビネガー味の方が恐ろしく酸っぱかったんですよね。。

ケトルチップスのシーソルト&ビネガーがすっぱムーチョの3倍酸っぱければ、マッキーズは5倍くらい酸っぱい!というイメージでちょうど良いかもです。

私はマッキーズのお酢味を過去に経験していたということもあり、最初にこちらを食べた時は、お〜酸っぱいけど意外と耐えられる酸っぱさ!(゚∀゚) と、思いましたもんね。マッキーズを食べてなければ、多分もっと驚いていたと思います(´ェ`)

そんなわけで、もともと酸っぱい耐性がある私にとっては、なかなかハマる味で好きでした。日本のポテトチップスには無いフレーバーなので珍しくもあり、ハマる人はめっちゃハマる。でも万人受けはしなさそうな味だなと思いました。

我が家では私が一人でもくもくと食べ続け、たまーに興味本位でおちびや旦那氏がつまみに来る、という形でぼちぼち消費しております。もしも食べ切れそうにない場合は、砕いてサラダにふりかけたりしても良いかもしれませんね。この酸味はサラダにもきっと合うはず!

まとめ

コストコでお馴染み、ケトルチップスの新しいフレーバーです。ケトル製法特有の厚切りザクザク食感はもちろん健在で、フレーバーは間違えようがない「お酢」味!

湖池屋すっぱムーチョもそうですが、ビネガー味というフレーバーそのものはポテトチップスのフレーバーとして決して珍しくないと思うんですよね。が、こちらは良くも悪くも日本メーカーのポテトチップスには無い、かなり主張の強い酸っぱさなので、正直好き嫌いはハッキリ分かれると思います。

でも、好きな人にとってはかなりクセになっちゃう味なんじゃないかなー!塩気が強いので、そのままおやつにするだけでなくお酒のおつまみにも良さそうです。

というわけで、酸っぱいもの好きな私はとても気に入っているのですが、他の人に力いっぱいオススメできるかと言われれば、ちょっと微妙かも・・・というのが正直な感想です。^^;

酸っぱいものが大好き!という方はぜひ試してみてくださいね〜♪

おすすめ度:★★★

コメント

  1. 1
    リズム says:

    こちらのカロリーを教えてください。

    • よもぎもち says:

      リズムさんへ

      カロリー表示部分と思われる部分が多くて、私の英語力ではお答えできなかったので、

      掲示板 → 商品の感想 →「ケトルチップス シーソルト&ビネガー」
      の欄に写真をお送りしました。

      あたらしく口コミが増えた分は上のほうに表示されると思いますので、よかったらご覧下さい。

      と、ここまで書いてさきに送った口コミをみてみたらもうアップされていました。

      コス子さん、ありがとうございます。

    • コス子 says:

      よもぎもちさん、写真の投稿ありがとうございます。
      こちら1食(28g)あたりのカロリーは150kcalなのだそうです。

      カルビーポテトチップス(うすしお)とあまり変わらない、もしくは若干低い イメージですね。

    • よもぎもち says:

      コス子さん、フォローありがとうございます!

      わたしも味の感想を言わせていただきますと、めっちゃすっぱくても、ちょっとずつ何日も食べてるうちに慣れてきておいしく感じられます。(もともとすっぱいのは好きです。)

      熱中症対策、夏バテ予防にいいんじゃないかと思います。あごも鍛えられます。

  2. 2
    卵オーナー says:

    コンビニやスーパーで6月頃から見かけるようになった「すっぱムーチョSTRONG スプラッシュビネガー味」。
    酸っぱい系が流行るのかな? さて、どっちが酸っぱいンだろ?

    • コス子 says:

      すっぱムーチョにも酸味が強いバージョンがあるんですね〜(゚д゚)初めて知りました!
      ちょっと試してみたいな〜。発見できたら検証してみますね!

  3. 3
    やちゅこ says:

    昨日尼崎に行ってちょっと気になったんです。
    夏休み中に友達とBBQする次女に差し入れしようかと悩み定番にしました。
    酸っぱい好きですが、次回覚悟して購入しま〜す

  4. 4
    ミホスケ says:

    これ大好きです〜!
    酸っぱい食べ応えのあるポテチ大好きなので以前購入できたピクルス味も2回リピしました。笑。
    シーソルトビネガーはいつもiHerbから個人輸入で買っていたのでコストコで今なら大容量が買える!と分かって小躍りしています。
    味か濃いので少量で満足できるので、この酸っぱい系のポテチとペリエにレモン汁少し落としたものを間食にしてクッキーなどの小麦粉系断ちしたら1ヶ月で2キロ落ちましたよー。

  5. 5
    ミッチー says:

    コス子さんが、口内炎の方を考慮しているのがツボです。大丈夫です。おそらく、口内炎の方は、本能的にスルーしますよ(笑)

  6. 6
    マツコ says:

    お酢系フレーバー大好きで、昔ソニプラで発見して試したら酸っぱ過ぎて断念しました、、
    これ強烈ですよね。顔能力パーツが真ん中に寄っちゃう位に酢ッパ―――――ってなりますw
    スッパムーチョのストロングは理想の酸っぱささ!

  7. 7
    すがり says:

    中部国際空港店は品揃えがあまり良くないからほんとこういうの見かけないですね・・・

  8. 8
    ひろりん@浜松 says:

    酸っぱいの好きですが、なかなかの酸っぱさですね。ジップロックのサンドイッチバックに小分けにしたのですが、見るだけで唾液がじわっと出ます。娘にほとんどあげちゃいました。

  9. 9
    おれんじ says:

    本当に出始めの時期「すっぱムーチョ」や「フレンチサラダ」の巨大版!!というイメージで購入しました。そっち系が好きなもので…。多少大味でもそれなりに美味しく食べれるんじゃないかという判断をしました。

    ですが本当にお酢だったのでどうしてもなじめませんでした。お酢の味しかしないという感想でした。
    返品が可能なのでやはり気になる商品はとりあえず購入してみるのが1番ですねぇ。

  10. 10
    7100mtn says:

    うちは先月買ったけどまだ残ってます。
    これ、めっちゃ酸っぱいですね。
    一気に食べられない味というか、たくさん食べたらお酢のパウダーで舌の先が荒れそうです。
    他のコストコポテチを食べるときにちょっとずつ一緒に消費しています。

コメントを投稿