マリメッコ メトロ(リュック)

マリメッコ メトロ(バックパック)

MARIMEKKO バックパック METRO
購入時価格:9,998円(2019年3月)
ITEM# 013215

コストコでmarimekko(マリメッコ)のリュックサック、「METRO」を購入しました〜!!

マリメッコといえば、ウニッコと言われている大柄な花のモチーフが有名な、世界中で愛されている北欧ブランドです!最近のマリメッコは生地だけでなく、食器やクロスといったキッチンアイテムからファッションアイテムまで、様々なアイテムが充実していますよね〜。

実は今から3年程前、下の子が生まれる時に荷物がたっぷり入って両手を空けることができるリュックをマザーズバッグにしたい!と思い、調べていた時に知ったのがこのバックパックだったんです。へぇ〜マリメッコってハデハデな柄だけじゃないんだねぇ〜なんて思ったのが第一印象でした。

もう大人なんだし、学生さんがお小遣いで買えるようなものではなく、少しくらい良いブランドのものを使ってみたいなぁ〜なんてミーハー心を満たしてくれるという意味でもマリメッコのリュックはちょうど良さそうだと思ったんですよ。

ママ系の雑誌などでもよく紹介されていましたし、皆が使っているならきっと良いものに違いない!!

そんなわけで、さっそくマリメッコのショップに行って現物を見てみたところ、なんと販売価格が24,000円(税抜)だったんです( ゚д゚)せいぜい1万ちょっとくらいかなー?なんて思っていたので価格を見てビックリしてしまいました・・・。

いや・・・これはちょっと、ミーハーな気持ちだけじゃ手が届かないなぁ〜と、すぐに諦めてしまいまして。。(;´∀`)

それから月日が流れること3年。掲示板情報を頼りにコストコへ行ったらなんと!マリメッコのリュックがめっちゃ山積みになってるじゃないですかー!!( ゚д゚)

マリメッコのお店で見た時は、きれいな棚に色々なカラーのリュックが整然と並んでいたのに、コストコではおびただしい数のリュックがダンボールの箱にどっさり詰められていたのです!

扱いは全然違うけど・・・確かにこれはあの時見たバックパック「メトロ」!!

しかも価格は税込9,998円ー!

冷静になれば、リュックサックの価格としては決して安い値段というわけではありませんが、同じ商品が24,000円位で販売されているのを自分の目で見ていたので、それが1万円以下で販売されている!と思えば、なんだかめちゃくちゃお買い得な商品に思えてしまいまして。。

3年越しの望みということもあり、旦那氏に絶対欲しい!!と懇願し、ついにゲットすることができました〜やったよ〜ヽ(´エ`)ノ

ちなみにカラーバリエーションは、メーカーの方ではネイビーやレッド、ブラウンといった感じで豊富なのですが、コストコではブラックのみの取扱いでした。

あと、マリメッコのバックパックにはこちらの「メトロ」とは別に、もうひと回り大きい「Buddy(バディ)」というタイプもあるのですが、コストコで取り扱われているのはメトロのみとなっております。

カラーに関してはもともとブラックが欲しかったので問題なし。サイズは出産直後から使用するということであれば、1泊旅行でも使えそうな容量たっぷりのバディの方が使いやすかったかもしれませんが、早いもので下の子もすでに2歳半となり、お出かけの際に必要とする荷物も以前と比べるとかなり減りましたので、私にとってはメトロのサイズでちょうど良かったです。

そういうわけで、手が届く価格帯といい、デザインといいサイズ感といい、コストコで出会ったタイミングといい、全てにおいて私にちょうど良く、納得のお買い物となりました!!

商品詳細

マリメッコ メトロ(バックパック) 正面から

商品名「METORO」
backpack
one size
made in china
DESIGNER:Ristomatti Ratia

・縦:37cm 
・横:26.5cm 
・マチ:15cm 
・肩ストラップ全長42〜82㎝
・ショルダー幅:5.5cm 


ナイロン100%でしっかりした素材ですが、バッグそのものはかなり軽め。ポケットなどは外側に露出していないファスナータイプのものが両サイドに2つ付いていました。

メインの開口部はダブルファスナーで上からぺろーんと開くタイプ。上からバッグの中身全体を見渡すことができるし、取り出しやすそうなのが嬉しいですよね(´ε` )

マリメッコ メトロ(バックパック) ジッパーを開けたところ

中はこんな感じ。わかるかな〜?リュックの中は仕切りで三つに分かれており、開口部の内側にはちょっとした小物を入れられるメッシュポケットがあります。

店頭でリュックを手に取った時は、小ぶりで思ったより荷物が入らないかも?なんて一瞬思いましたが、しっかり広げてみるとこれが割と収納力抜群で、A4サイズのファイルなんかはもちろん、ノートパソコンなども余裕で入れられる大きさでした。

バッグの中の仕切りってありがたいのよね(´ε` )色々な荷物があるべき場所にしっかり収まってくれて、いちいち迷子にならないんですよ。前に使ってたリュックは仕切りが無かったのでバッグの中はモノを探す度にグチャグチャになってしまい、それが重なると結構ストレスだったんですよね。。

あと、私的にすごく大事なポイントがこのバッグ、冒頭の写真で見ても分かるようにちゃんと自立するのです!

マチが広いのに加え背中面がしっかりしているため、床にポンと置いて支えが無くても倒れません。自立するってそんなに大事?と思われるかもしれないけど、実際に使ってみるとこれができるのとできないのじゃ全然違う!

例えば、カフェでバッグを下ろして椅子の上に置いた時、バッグが倒れないように何度も置き直したりする必要はありませんし、公園のベンチにポンと置いた時に、バランスを崩してドサッと落ちちゃうなんてこともありません。

バッグを横にする必要が無いということは荷物も傾かないので、例えばお弁当を入れていたりしてもグチャグチャになりませんし、何より中に入れる荷物そのものがバラバラになりにくいんですよ。

大した事ではないようですが、それだけでリュックの使用がかなり快適になります。何かあったときに荷物を素早く、正確に取り出したい!というケースが多い小さい子ども連れなら、なおさら余計な手間はかけたくありませんからね〜。

マリメッコ メトロ(バックパック) ロゴ部分アップ

マリメッコのロゴは、この表側のタグと肩紐の見えにくいところの小さなタグ、あとはファスナーの引き手に型押しされている程度です。

マリメッコですけどー!みたいな主張が強くないのがなんだか大人だな。

マリメッコ メトロ(バックパック) 着用見本

ちなみに私が背負ってみたらこんな感じです。

すみません・・・なんか髪の毛ボサボサですがそこはあまり気にしないでください(;´∀`)

大き過ぎず、小さ過ぎずな程よいサイズで、タグに「A PERFECT BALANCE OF FUNCTION & STYLE. SINCE 1966.」(機能とスタイルが最高に良いバランス)と書いてあるのがなるほどそのとおりで、機能的だけど野暮ったくなく、スポーティー過ぎずどこか品もあるといった、大人が使うリュックとして本当にちょうど良いな〜と思います。

私は育児系雑誌を鵜呑みにしていたのでマザーズバッグ用に!とばかり言っていますが、このデザインならお仕事用はもちろん、男性が使ってもカッコいいはず!

厚みのある肩紐はクッション性があり、また背中面にもクッション素材が入っているため、重い荷物を運んでも負担がかかりにくい仕様となっています。

また、後から気がついたけど実は背中の上の方にも小さなファスナーポケットが付いてました。小さな容量だけど何を入れるのかな?ホッカイロとか?

マリメッコ メトロ(バックパック) 留め具

そうそう!あと、マリメッコリュックユーザーに共通する問題らしいんですけど・・・実は肩紐の金具がかなり緩みやすいらしいんですよね。

背負っていると紐がズリズリと長くなってきたり、最悪、紐が外れてリュックがストン!と落ちちゃったりすることもあるそうです。

が、そんなときはこちら!私もコメントで教えて頂いたのですが「肩ひもが緩まない金具装着方法」というのが動画でわかりやすく説明されているんですよ。

紐がズリズリとズレてきたり、使う度に外れてしまうのはストレスですからね・・・私は今のところ、普通に使えているので問題なさそうなのですが、今後緩んで困るような場合はこちらを参考にしようと思います。(教えて下さった読者様、ありがとうございます!)

楽天で発見したこちらはマリメッコの並行輸入品です。価格は税込12,000円!

なるほどね〜最近は、ネットでmarimekkoのリュックも安く購入できるのね!

日本の正規販売店のものはお高いのですが、海外で独自に仕入れて販売している並行輸入品なら割と安い価格で購入できるようです。

正規品と並行輸入品の価格差はやはり、国内の高いレベルでの検品と間違いなく本物!という安心感でしょうね。実際、並行輸入品と称してコピー商品を販売するネット通販もあるみたいですし。。

その点、コストコは直接現地のメーカーと取引して大量仕入れするスタイルなので、国内で販売されている正規輸入品のルートとは違うものですが、偽物を買わされるという心配はありません。

なにより、実物を自分で見て選ぶことができるので、縫製の甘さや生地の汚れ・スレなどは自分で確認できますし、どうしても気になるところがある場合はコストコだと返品もできますからね。

そしてやっぱり価格ですよ!(´艸`*)さすがコストコは安い!!

その後、色々と調べてみましたが、同じものを1万円以下で購入できるのはコストコ以外にはどこもありませんでしたからね〜。

コストコはカラーが選べない、サイズもワンサイズしかないというデメリットはありますが、それでも問題ない!という方にとってはとってもお買い得だと思います。

というわけで現在、子供達とのおでかけにはマストで使用しています。可愛くてスタイリッシュで、荷物もたっぷり入るのにそこまで大きすぎず、荷物が取り出しやすく機能的で、日々るんるん気分でいられます(´艸`*)

一見、マリメッコっぽくはありませんがシックなブラックだと、旦那氏にちょっと荷物持ってもらうのにも躊躇しませんからね。とっても気に入っていますよ〜!!

今後も末永く使っていきたいなぁ〜と思える、大満足なリュックでした。

おすすめ度:★★★★

コメント

  1. 1
    卵オーナー says:

    去年、USJの年パスで遊びまわってた時に別のバックパックを愛用してたのですが、中がゴチャ混ぜになっちゃって、ポーチとかで小分けしても下の方に行っちゃうと取りだしにくいンですよねー。
    で、通販で『リュックサック用バックinバック』ってのを購入して入れたら便利~♪
    自立する程度に柔らかい板に色々なサイズのポーチを縫い付けてる感じ?なのかな~
    縦に位置が決まってるから、急いでる時に一発で欲しいものが出せるってステキよぉ~♪
    anelloに入るから多分、マリメッコも大丈夫なハズ。
    バックパックの詰め込み収納に難アリの方にオススメ

    • コス子 says:

      仕切りが無いリュックに仕切りを作ろう!という発想が面白い商品だなと思いました。リュックの中身ゴチャ混ぜ問題は、皆共通なんですねぇ〜。ちなみに私もこれまではanelloを使ってましたよ(´ε` )

  2. 2
    にか says:

    我が家もコス子さんの下のお子様と同じ2歳。上の子の時はショルダーでもトートでも良かったですが、下は男の子で動き回るのでリュックを…と思っていたところにマリメッコが。欲しいー!立てれるっていいポイントですよね。
    ところで、ユーザーさんにお聞きしたいのですが、容量ってどれくらいなんでしょうか?
    とりあえず着替え1組とオムツ、マグやおやつと私の私物が入ればいいのですが…(上の子がいると、着替えが1組増えるのですが)

    • ゆうママ@入間 says:

      容量は15Lらしいです。
      息子の学校カバンに どうかと思ったケド全然 足りないや…。

  3. 3
    コストコを愛す@多摩境 says:

    私も即買いしちゃいました(*^^*)
    パソコンを持ち歩く時に使おうと…
    そしたら本日娘がディズニーに行くのに
    持ってっちゃいました…
    今年高校卒業の娘、ちょっぴり着崩した制服に
    シンプルなメトロのリュックはサイズ感・見た目共にぴったりでした
    きっと娘に取られちゃうんだろうな、もう一個買えば良かったな、と思った母でした( ;∀;)

    • コス子 says:

      いやいや、親子で使えるって良いじゃない(´ε` )憧れます!

  4. 4
    カズ says:

    本日このリュック目的で久山店に行きましたが、完売で入荷予定無しとのことでした。
    先日行った際、迷わず購入すれば良かったと後悔です。

  5. 5
    なみ says:

    初めまして、コス子さん。
    ブログを参考にしてよく久山に行ってます〜。ブログ開設時から見ていてコス子さんには感謝しかありません!
    ちなみに、背中のポケットはパスポートなどを入れるとこじゃないかと。ガストンルーガ(可愛いけど使い勝手は‥)というリュックを私は使用していますが、背中についてまして、Wi-Fiルーターと、車のキー、免許証をそこに入れてます。すぐ出せるけど、人に取られないもの?を入れる場所みたいなポケットかと(笑)
    マリメッコ気になるなー。

    • コス子 says:

      ブログ開設時から見て下さっているとのこと、ありがとうございます!

      背中に付いているポケットですが、なるほどパスポートを入れる場所なんですね〜。海外旅行とか行くときには便利そうですね。すぐ出せるけど、人に取られないもの・・・私も良い使い道を考えてみます。

コメントを投稿