POPFIZZ マジックバスボムキット

POPFIZZ マジックバスボムキット

POPFIZZ BATHTBOMBS
購入時価格:1,788円(2020年11月)
ITEM# 1197495

POPFIZZのマジックバスボムキットを購入しましたー!

まるでアメリカのボードゲームのようにも見える、いかにもアメリカン!なわくわくするデザインがとっても魅力的なこちら、実はいわゆる「おもちゃ」じゃないんですよ。

こちらは「バスボム」という、お湯に入れるとシュワシュワ発泡する固形入浴剤を手作りするために必要なアイテムがすべて揃ったキットなのです。

こちら1箱でなんと20個のバスボムを作ることができるんですってよ〜〜!何それ、めっちゃ面白そうやん!(´ω`*)

バスボムといえば昔、ナチュラルコスメブランド「LUSH」のバスボムが流行りましたよね。見た目がオシャレなのでプレゼントとして贈ったり、貰ってもとっても嬉しいものでした。

ただ、バスボムって買うと結構高いのよね( ゚д゚)ラッシュのバスボムなんて1個500円とか1,000円とかするので、とても自分用に買おう!という感じではなく・・・

また最近は、子供向けにスーパーやドラッグストアなどで販売されているのを見かけることも多く、有名キャラクターとのコラボだったりして、バスボムの中に可愛いお人形が入っていたりします。

こういうサプライズ感があるものって子供は本当に大好きですよね!目ざとく発見して、よくおねだりされるのですが、そちらも1個400〜500円くらいするので、気軽には買ってあげられず。。( ゚д゚)

それがこのバスボムキットであれば1個あたり89円で作れちゃう!ということだからこれは魅力的ですよね〜!しかも自分の好きなように作れる!というのがまた楽しそう!(´ω`*)

定番の丸い球体だけでなく、型を使ってフルーツやスイーツを象ったカラフルなバスボムも作れちゃうというのだから、本来の「バスボム」を使う楽しみだけでなく、作る段階からすでにワクワクが始まっているわけですよ!(´ω`*)

さっそく紹介していきますね!

こちらは「Horizo​​n Group USA」というアメリカにある子供用のクラフトアイテムを手掛けているメーカーさんの商品です。説明書の中に「CostcoWhoplesaleJapan」の記載がありましたので、もしかすると日本のコストコ用に作られたアイテムなのかもしれません。

対象年齢は6歳以上とのことなので、小学生のお子様であれば容易に扱えるアイテム、ということなのだと思います。

POPFIZZ マジックバスボムキット 開封中身

こちらが中身。まず目につくのは、バスボムミックスという575.5gの粉と、ベーキングソーダと書かれた476.3gの2種類の白い粉です。

POPFIZZ マジックバスボムキット マイカパウダー・フレグランス

他にはマイカパウダーという色を付けるための粉が10種類と香り付けのアロマオイルが5種類(ローズ、メロン、
ブルーベリー、コットンキャンディー、ベリー&ラベンダー)、ココナッツオイルにサンフラワーオイル。

POPFIZZ マジックバスボムキット サプライズのおもちゃ、筆や計量スプーン

あとは型やバスボムの中に入れるサプライズのおもちゃ、色付けするための筆や計量スプーンなども一緒に入っています。

本当に必要なものは全て入っている!という感じですね。

POPFIZZ マジックバスボムキット サプライズのおもちゃ(アップ)

バスボムの中に入れるサプライズ(おもちゃ)が付属しているのが嬉しいよね!またこのデザインがすごくアメリカちっくで、ユニコーンやマーメイドのフィギュア、指輪やチャームなどが入っていました。

まぁ、これが出てきたところで何に使うの?( ゚д゚)という感じですが(←冷静)子供目線で言えば、何が出るかな〜何が出るかな〜なワクワク感を自分の手で仕込むことができる、という点が重要なのだと思います。

説明書は英語バージョンと日本語バージョンの2つが入っていました。バスボムの作り方が小さな字で事細かく説明されています。(主成分だったり、入っているものの説明だったり、注意書きなどは記載されていませんでした。)

POPFIZZ マジックバスボムキット スフィア

こちらが説明書どおりに作ったバスボムです。中にはおもちゃを入れ、色も何色か混ぜてみて、なんとかちゃんとしたバスボムの形になりました!

POPFIZZ マジックバスボムキット ドーナツ

球体以外に型を使って作るタイプのバスボムもあります。こちらはドーナツ型。できたてはモロモロでしたが、しばらく乾燥させたらカッチカチに固まって簡単に手に取ることができるようになりました。

ちなみに4年生(10歳)の上の子と一緒に作ったのが以下の作品です。色を混ぜたり、筆をつかって絵を書いたり、型を使わずに自分で好きな形を作ってみたりと、工夫を凝らした大作となっております!!

POPFIZZ マジックバスボムキット 完成(バスボム色々)

出来た・・・・出来たけども!( ゚д゚)

あれ?なんか作ったときはめっちゃ上手に出来たね〜!!やった〜!!と、娘と共にワイワイ喜んでいたんですけど。。

こうやって写真に撮ってみると、すごい出来損ないみたいに見える・・・。何でだ・・・?そして、アンパンマン・・・顔色悪っ!

作ってみた感想

実際に作ってみた率直な感想は、とにかく難しかった〜!!

キットを使って説明書どおりの工程をたどれば、誰でも簡単に同じものが作れる!と思っていたけど実際は全然違ったんです。これ、本当に対象年齢6歳からなのだろうか?大人の私でさえもかなり苦戦したんですけど( ゚д゚)

まず何が難しいかって、加える水加減がめちゃくちゃ難しかった!

バスボム作りはざっくり言えば、バスボムの材料である粉に適量の水を加え、よく混ぜ合わせたものを乾燥させて固めるといった工程になるのですが、この「適量」の水加減が本当にわからなくて、多すぎるとシュワシュワ発泡して粉が泡になっちゃうし、少なすぎるとうまく固まらずに粉々になってしまいます。

砂場で泥団子を作る時の、ドロドロじゃだめ、サラサラしすぎてもだめ、といったあの絶妙な水分量の加減をさらに10倍くらい繊細にした感じというか・・・説明書には「少し湿った砂のよう」という、なんとも抽象的な表現で書かれているので、それがさらに困惑ポイントに拍車をかけてくるわけです。

POPFIZZ マジックバスボムキット 失敗して泡になった様子

そんなわけで、私がはじめて作ったバスボムは水が多すぎたようで泡と化してしまいました。⇒コストコの「バスボムキット」で初めてバスボムを作ったら大失敗!

でもそれは、ただ経験値が足りなかっただけ、ということが後になってわかりまして、何度か作ってみたら絶妙な水加減だったり色を加えるタイミングだったりというのが少しずつわかってきて、最終的にはちゃんと完成に漕ぎ着けることができました!

内容量はたっぷりあるので、失敗しても何度でもリベンジできる、という点は嬉しいかも!?

でも、はじめて作る人は誰もがきっと経験するであろう「固まらない」「割れた」というアクシデントはなかなかにショックでした。私は泣きました。

お風呂で使ってみた感想

お風呂に入れたらシュワシュワと溶けました!ちゃんとバスボムでした!

市販の入浴剤のように香りたっぷり癒やされる〜!とか、お湯に綺麗な色がつく!みたいなのはないけど、子供がお風呂場で楽しむ用途と考えれば十分です。

ただこちら、実際に入浴剤として使ってみるとココナッツオイルがうまくお湯に溶けず、粉と一緒になって浮いたりして、お湯が汚く見えるんです。あと、お湯を抜いた後も浴槽にくっついてお風呂掃除がめちゃ大変(;´∀`)

「手作りバスボムの作り方」で調べてみると、ココナッツオイルは特に重要な材料というわけではないみたいですし、もしかしたら保湿的な意味合いもあるのかもしれませんが、それ以上にお掃除に苦労するので実用的なことを言えばココナッツオイルは投入しなくても良いかもしれません。

あと、材料の中にバスボムにキラキラを足すことができる「グリッター」が入っているのですが、こちらを使ったバスボムをお風呂に入れると、もれなく全身にキラキラが付着して、シャワーで洗い流そうとしても全然取れなくて、こちらもまた大変でした!

キラキラが入るとすごく可愛いし、使ったお風呂も細かいキラキラがいっぱい浮遊してて気分は上がりますが・・・お風呂上がりはかなり大変なので、こちらも注意が必要です。

実用性を考えると、ココナッツオイルと同じくグリッターも特に加える必要は無いと思います。もちろん、使用感は二の次で、かわいいバスボムを手作りしたい!!ということであれば、存分にキラキラさせて良いんですけどね。

そんなわけで、いろいろ言いましたが、ただバスボムを作って終わり!ではなく、ちゃんと入浴剤としても使えたので良かったです!

自分で手間ひまかけて作ったものを、自分で跡形もなく消してしまう。少しさみしい気もしますが、十分に楽しむことができました!

まとめ

コストコで購入したバスボムキットは炭酸入浴剤「バスボム」を自分の好きなデザインで手作りすることができるアイテムです。

ただ、作り方はなかなか難しく慣れが必要だと思いました。商品自体は決して悪くないんですけどね〜。でも、はじめて作る人にとってはちっとも優しくないキットだなぁ〜と思ったりしました。せめてもう少し説明書がわかりやすければなぁ・・・( ゚д゚)

こちら対象年齢は6歳以上と書かれていますが、はじめは大人の人と一緒に作ることをおすすめします!

とはいえ、作ること自体は夢中になれたしとっても楽しかった!何度か作った上の子はすっかり上手になったので、最後までしっかり楽しんでもらうことにします。

おすすめ度:★★★

コメント

  1. 9
    まる says:

    コスコさん!すごいっ!!
    よく頑張りましたねー((∩^Д^∩))尊敬します!
    色んな色にラメにお絵描き、形もたくさん♡娘さんと作ったバスボムとってもかわいいです♡
    私は一度作って使用して…その後は…放置(笑)大人でも作る、風呂掃除、身体に付いたオイルとラメ落としが本当に面倒で(笑)

  2. 8
    じゅんじゅん@久山 says:

    昨年の夏に行った、再春館製薬の子供イベント「バスボム作り」に参加してなかったら、コスコさんが作ったみたいにアワアワなバスボムが出来てたと思う💧紙の説明、読みにくい分かりにくい…。
    半分、記憶を呼び起こしながら作ったら、けっこう簡単♪あまりテーブルの上を汚さず出来るようにまでなりました♪

  3. 7
    アイリン@川崎 says:

    丁寧な作り方レポと冷静なママ目線レポで読んでいて笑っちゃいました(≧▽≦)

    知育菓子でもメイキングトイ等で作ったものでも親は作った工程のことを思うともったいなく思いますが、子供は躊躇うことなく跡形もなく消し去るんですよね(☉。☉)!

    今日も楽しいレポをありがとうございました。

  4. 6
    川崎メンバー says:

    うちも作りました!作るのはとても楽しいんだけど、使うには難ありな商品です。ココナッツオイルが本当にくせ者で。お風呂に入れるとバスボムの発泡により体積の増したオイルの泡が水面に浮かび汚い感じになります。浴槽にもべったりついて、このバスボムを入れたことを後悔しました。1人1人その都度お湯を替える海外のお風呂なら良いのでしょう。一度のお湯で家族が代わり番こに入る日本のお風呂には向いていない商品だと思いました。
    まあ、好みは人それぞれなので。ネガティブコメントでごめんなさい。

    • コス子 says:

      川崎メンバーさん
      このコメントを見ながら、そもそもあまり湯船に浸からない文化と言われているアメリカで、バスボムは入浴剤として有効的に利用されているのかな?と思ってしまいました。シンプルに子供の玩具なのかなぁ・・・。

  5. 5
    こばと@岐阜羽島 says:

    リベンジ動画も拝見しましたよ〜(*´꒳`*)
    難しそうだった!でも楽しそうでした。
    次、行けるのいつになるか分からないけど巡り会えたら買いたいなー!と思いました。

  6. 4
    ゆきんこ@野々市 says:

     バスボム作りで発泡してしまうのはあるあるみたいですよ(*´꒳`*)
     出来たの凄く可愛いですよ(*≧∀≦*)
    私ネットで調べた作り方で「重曹とクエン酸」を混ぜて霧吹きで少し湿らせてガシャポンの空カプセルでボムにしました^_^
    イヤイヤ期真っ盛りだった息子が楽しくお風呂に入って貰える様にと一度だけでしたが
    頑張りました(°▽°)
     ボムのキットは着色やアイテムを入れて気分が上がるのがつくれるので良いですね
    (*^ω^*)

    • コス子 says:

      ありがとうございます!可愛いと言って頂けたら報われます!!

  7. 3
    川崎店利用のアリス says:

    とっても詳しいレビューありがとうございます!クリスマスプレゼントに子どもからクラフト系のおもちゃをねだられていて、わたしもこれ購入してました!そしてコス子さんも買っているからクリスマス前にレビューしてくれるといいなあ…とちょっと期待してました‼バスボム作り初めてだとなかなか難しいですよね!我が家は春先の外出自粛期間の暇潰しに一度チャレンジしたことあるのですが、水加減がよくわからない!というのが激しく同意です!でもなんだかんだ固まるとそれなりになるんですよね(笑)わかりますぅ~!こちらのキットは香りやら色やら色々自分で揃えなくても全部入ってるというのがありがたい!そしておもちゃ屋さんで売ってるクラフト系のおもちゃよりだいぶお安くて助かりました♪わたしは娘と一緒に作るとき、家に無印良品のアロマオイルがあまってるからそれ使って作ろうかな♪って思ってます。楽しみだな~☆

  8. 2
    けいたん中部 says:

    おめでとうございます
    動画の状態から、この形になるとは視聴者の意見参考にしたのかな
    小さな子は居ないけどやってみたいな

  9. 1
    ROMおば says:

    バスボムとは関係ないのですが、上のお嬢さんがもう小学校4年生なんですね。
    こちらが始まって割とすぐから読ませていただいて、コストコで買った赤ちゃん用品~小さな女の子向けの商品あれこれの話を楽しんでいたのにそんなに大きくなって…。
    まるで親戚のおばちゃんみたいな気持ちです。

コメントを投稿