フードコート ガーデンバーガー

フードコート ガーデンバーガー

フードコート ガーデンバーガー
購入時価格:680円(2021年2月)
ITEM# 29246

コストコの巨大サイズのチーズバーガーに続く、第二のバーガー「ガーデンバーガー」です。

こちらはなんと!パティにお肉ではなく、最近流行りの代替ミート「大豆ミート」が使われているんです。

はじめに言うと私、最近よく聞く「大豆ミート」に関してはそこまで魅力を感じて無かったんですよ。いや、大豆は好きだし個人的にはよく食べている方だと思うのですが

お肉も大好きだし、動物性たんぱく質は美容健康にも必要な栄養素だと思うので、わざわざお肉っぽく姿形を変えてまで大豆を食べる必要は無いのでは?と思ってしまうんです。

お肉と思われて食べられるのって、なんだか大豆に対しても失礼な気がしますし・・・。

もちろんヴィーガニズムの思想を否定するわけではありませんが、コストコのフードコートメニューで、片やお肉がたっぷり使われている巨大チーズバーガーが680円。そして、その隣でお肉が一切使われていないという「ガーデンバーガー」が同じ680円で販売されているんですよ。

普通に考えたら、それならお肉たっぷりのチーズバーガーの方がお得やん!って思っちゃいませんか?大豆とお肉ならお肉の方が原価も高いはずですし。

でも逆に言えば、普段はなかなか「大豆ミート」を食べる機会が無い私にとっては、むしろこういったフードコートメニューで販売されている方が気軽にお試しできて良いかも?と思いまして、新商品ということもあり、試しに購入してみることにしました。

なお、現在フードコートはテイクアウトONLYということなので、家に持ち帰って自宅でいただきました!

フードコート ガーデンバーガー 包み紙を開けたところ

銀色の包み紙を開けるとこんな感じ。

でかぁぁ〜( ゚д゚)めっちゃ大きいぞ!すごいボリュームです!!

これ・・・隣で販売されているチーズバーガーと同じくらいの大きさじゃないかなぁ〜??

こういった大豆ミート関連って、お肉よりもヘルシーなイメージがあるから、どちらかといえばダイエット中の方が好んで選ぶ感じなのかな?と思ったのですが、さすがにこれだけ巨大サイズだともはやヘルシーなのかどうかも怪しい感じだよね( ゚д゚)

見た目はもう完全にアメリカン!なわんぱくサイズです。

サイズを測ってみると、直径は約12cmで高さは約8cm。総重量はなんと、382gもありました!!

参考までに・・・マクドナルドで販売されている「チーズバーガー」は、公式重量が1個あたり118gとのことなので、今回のガーデンバーガーはマックのチーズバーガーの3個分よりまだ大きい、ということになります。

バーガーお化けだ!

フードコート ガーデンバーガー アップ

たっぷり色々とサンドされていてめちゃくちゃ美味しそうじゃないですか(´艸`*)いろんな色味で綺麗だし!

ガーデンバーガーの中身は、上からバンズ、チェダーチーズ1枚、黄色いソース、大豆ミートで作ったパティ、2枚のトマトスライス、ちぎりレタスもっさり、そして下のバンズとなっています。

フードコート ガーデンバーガー カット断面

どんなに頑張っても一口だけでは全部が口に入らないボリューム感です。

特に真ん中のパティは、上下のバンズとほぼ同じ直径12cmで、厚みも1cmほどありました。色味がなんとなく白っぽいパティだな〜と思いましたが、ポークパティとかお肉を使ったパティでもこういう色味のものってあるよね。

事前に知らされてなければ見た目はほぼお肉です。フードコートの看板には「170gの大豆から作った野菜パティ」と書かれていました。

彩り良くいろんな具材がたっぷり入っているように見えますが、考えによっては一番上のチェダーチーズ以外は、全て野菜なんですね。これはすごい・・・確かに騙されてしまう。。

味について

肉やんけ〜〜!!!( ゚д゚)

いやいや、めっちゃ肉やんけ〜〜!!!( ゚д゚)

これはすごい!!大豆パティめっちゃ見直したよ!!食感も味もお肉で作られているパティと遜色無く、大豆ミートと思いながら食べても普通にお肉です。

牛肉のパティと比べるとかなりあっさりテイストだから、どちらかと言えば鶏肉とかで作ったハンバーグに近い感じかな!?

でも、豆腐を練り混ぜた鶏肉ハンバーグみたいにふんわりとした感じじゃなくて、お肉を練り混ぜたようなネッチリとした粘りがあるんですよ。

中身は100%大豆ミートではなく、どうやら玉ねぎのみじん切りも練り込まれているようで、時々シャクシャクとした食感もありました。

そして、このガーデンバーガーの素晴らしい点はパティだけではなく、実は上にトッピングされている黄色いソースなんですよね。

これは香辛料が効いたカレー風味のソースになっていて、中には人参とか、パプリカとか、玉ねぎといったカレーの具材に近い野菜が、ほどよく食感を残す程度にあらみじん切りになって入っていまして、これがめちゃくちゃいい仕事してる!

カレーの風味って、それだけでちょっとお肉っぽさを彷彿とさせるものがありまして、あっさりとした大豆パティに足りないジューシー感をこのソースで補っているような感じがしました。

例えば、こちらに使われているソースが、チーズバーガーで使われているようなサウザンドレッシング系のソースと同じものだったらきっとこれほどのお肉っぽさは出せないと思うんですよ。

このソースのおかげで大豆ミートが、より「肉」に近づいているような気がします。このカレーソースは本当に大正解だわ。凄いです!

ちなみにカレーソース単体で食べると割としっかりスパイシーです。全体で食べるとそこまで気にならないんですけどね。敏感なお子さんにとっては少し刺激的かな?と思えるスパイシーさだったので、お子さんと一緒に食べようと思われている方はちょっと注意をしてあげた方が良いかもです。

チーズバーガーとほぼ同じボリュームだった、ということもあり、とても1個丸々一人では食べることはできず、旦那氏と半分こしてしっかりお腹いっぱいでした。

いやいや、本当ビックリだなぁ・・・最近の大豆ミート技術はここまで進んでいるのかと。。

めっちゃお肉にしてやれっっ!!みたいな、なんかこう、造り手側の執念みたいなものを感じるような美味しさで、食べていて感動すら覚えましたからね。。

大豆は大豆として食べた方が大豆にとっても幸せだろうと勝手に思い込んでましたが・・・ここまでになるともはや進化とも言える変化です。

ガーデンバーガーのおかげですっかり大豆ミートに対する考えが変わりましたし、ちょっと他の商品も試してみようかな〜?という気にもなっています。

まとめ

フードコートの新作「ガーデンバーガー」は、170gの大豆から作った巨大な野菜パティが挟んである巨大バーガーです。

大豆ミートと思いながら食べてもお肉と間違えてしまうような味と食感で、スパイシーなカレーソースもたっぷり挟んである野菜もバランスが良く、中身はほぼ野菜で構成されているはずなのに満足感ハンパないハンバーガーでした。

決して、ダイエット中だから野菜たっぷりのガーデンバーガーにしようかな〜?みたいなテンションで選ぶようなメニューではなく、ボリューム満点でヘルシーなのかどうか激しく疑問になっちゃうメニューですが・・・私は好きだったし、すっかり代替ミートに関する印象が代わりました。

お肉は大好きですが、こちらはしっかり味も美味しいかったので、今日はなんだかホットドッグやチーズバーガーの気分じゃないなぁ〜といった時にまた買ってもいいなぁ〜と思える商品でした。

おすすめ度:★★★

コメント

  1. 1
    こま@中部 says:

    気になっていました!
    が、カレーは好きだけどカレー味の物は苦手なので、ソースがカレー風味と知れて良かったです。
    コストコで大豆パティが売ってたら、好みの味で作れそうですね。
    4月からお弁当生活になるので、たまにはハンバーガー弁当にしたら子どもウケ良さそう!

  2. 2
    あんこ says:

    昔、冷凍で売ってるヴィーガンハンバーグだったかな、それ買ってみたけどイマイチで…
    これは美味しそうですね。
    ハンバーガーチェーン店にもにもベジバーガー売り始めてるし、日本もようやく追いついて来たかな??

  3. 3
    ゲスト says:

    私も気になっていましたがコスコさんも仰っておられる
    >> ボリューム満点でヘルシーなのかどうか激しく疑問になっちゃうメニューですが・・・
    ここが引っかかって注文する勇気が…^^;どのくらいのカロリーなんでしょうかねー?

  4. 4
    ゲスト says:

    このバーガー食べましたが、ボリューム凄いですね。
    カロリー的な栄養表示はわからないのでしょうか?

  5. 5
    み~ says:

    チーズバーガーは終了ですか!?

    • ゲスト says:

      今更ですが、、、チーズバーガーも一緒に売ってましたよ。

コメントを投稿