セート風煮込み&サフランライスキット

セート風煮込み&サフランライスキット

セート風煮込み&サフランライスキット
購入時価格:1,539円
ITEM# 96703

デリカの新商品、セート風煮込み&サフランライスキットです。セート風煮込み・・・私は完全にはじめまして!な食べ物です。

セート風って??( ゚д゚)

生徒風?・・・じゃないよね、って当たり前ですが。。

調べてみたら、セートというのはフランスの都市の名前なのだそうです。たしかにヨーロッパって「ミラノ風」とか「ニース風」とか、都市の名前が付いた料理がたくさんありますよね。

セートは地中海に面した港町らしく、シーフードが豊富なことから魚介とトマトをあわせた料理のことをセート風と呼ぶのだそうです。

そして、もうひとつ気になるのがサフランライスキットですよ。

コストコのデリカは温めるだけで簡単に異国の料理、知らない料理を気軽に楽しめる!みたいなところがありましたが、最近はこういった、一手間加えてより本格的な味を楽しむ系がちょこちょこ増えているんですよ。

というわけでこちらの商品は、すでに調理済みのセート風煮込みと、それに合わせて食べるためのサフランライスキットがセットになっています。

サフランライスキット・・・「キット」っていうかこれ、米じゃん!( ゚д゚)

こちら、なんと炊飯前の生米がそのまま入っているんです。斬新ですね!このパターンは新しいかも・・・。。

これまでもコストコのデリカにはいろんなキットがありましたが、そういえば米系のキットって初めて見る気がするよ!( ゚д゚)

作る時はまず家の炊飯器を使って米を「炊く」ところから始めないといけないので・・・手間はそんなにかかりませんが、炊飯するための「時間」はどうしても必要になります。

これまでのデリカの「キット」系の商品は、鍋でちょっと煮て〜とかフライパンで焼いて〜くらいな感じで、一手間は必要ですが調理時間はそれほどかからなかったんですよね。

せいぜいかかっても5分程度、といったところで、それで作りたての温かいものを食べられていい感じだったりしたのですが・・・それが炊飯となればスイッチを入れておおよそ50分、早炊きでも30分前後は必要になります。

家に持ち帰っても、すぐには食べることができないんだぁ〜と考えると、ちょっと億劫な感じがするな。。( ゚д゚)と、これを手にとった時は思いました。

でもコストコで販売されているお米系のデリカって、料理は良くてもお米がなんか微妙・・・ってことが多かったんですよね。

それを考えると、今回は手間はかかるけど炊きたての美味しさを味わえるわけで、手軽さよりも美味しさを優先した結果なのかもしれません!これは期待できそう!

商品詳細

セート風煮込み&サフランライスキット 商品ラベル(原材料・カロリーほか)

名称:惣菜半製品
原材料名:煮込み(ソース【トマト・ジュースづけ、玉ねぎ、醸造調味料、植物油、炒め野菜ペースト、その他】、ゆでえび、焼きいか、パセリ)、精米(アメリカ産)、調味液(玉ねぎ、炒め玉ねぎ、シーズニング、植物油、その他)/増粘剤(加工デンプン)、甘味料(キシロース)、(一部に小麦・卵・乳成分・えび・いか・ゼラチン・大豆・鶏肉・豚肉を含む)
保存方法:要冷蔵4℃以下
正味量:1040g
消費期限:加工年月日含め3日
栄養成分表示(100gあたり):熱量 110kcal、蛋白質 2g、脂質 1g、炭水化物 22g、食塩相当量 0.6g ※この表示値は目安です。

エビとイカをトマトソースで煮込んだ南フランスの料理です。

セート風煮込み&サフランライスキット 開封(セート風煮込みアップ)

蓋を開けると、大ぶりの蒸しエビとイカがたっぷり!ドロっとしたソースの中には柔らかく煮た玉ねぎなどの野菜も入っています。

粗めにカットされたイタリアンパセリがトッピングされていて彩りも綺麗ですよね。

トマトソースとのことですが、見た目はまるでクリームが混じったような鮮やかなオレンジ色をしています。どこかアメリケーヌソースみたいな感じにも見えます。

セート風煮込み&サフランライスキット 開封(サフランライスキットアップ)

そして、お米の方は1袋2合入りの無洗米でした。なので、おそらくこちら1ケースで3〜4人前といった感じでしょうか。

サフランライスを作るためのソースも一緒になっています・・・が、ちょっと見慣れないレトルトパウチのような袋です。

サフランライスって普通、サフランの赤い糸みたいなものをひとつまみくらい加えて色出しして、その水を使ってお米を炊くものじゃなかったっけ・・・?

でも、原材料を見てみると、サフラン以外にも色々な味付け調味料が一緒になっているんです。コストコオリジナルということでしょうか。

調理方法は、サフランライスとセート風煮込み、それぞれ別々に書いてありました。サフランライスはご飯と調味料を炊飯器に入れて、2合分の水を加えて通常炊飯モードで炊いたら完成!

セート風煮込みは蓋を空け、電子レンジ500Wで5分ほど加熱調理をすればOK!

炊きあがったご飯をお皿に盛り付け、カレーのような感じでセート風煮込みを流し入れたら完成です!

セート風煮込み&サフランライスキット サフランライスを炊飯器で炊いた

サフランライスが炊きあがりました!

こうやって見ると、確かにサフランだけではない何かが炊飯器の真ん中の方に集まっています。

綺麗に色づいていますが、さすがにこのままだとムラがあるので、しっかり混ぜ合わせ均一にします。

セート風煮込み&サフランライスキット 出来上がり(盛り付け)

盛り付けてみましたよ!1つのお皿に盛り付けると、煮込み料理というよりトマトベースのシーフードカレーみたいに見えますね。

チンする前のソースは割ともったりしている感じでしたが、温めるとサラサラとしたソースになりました。

味について

初めての味です・・・( ゚д゚)

なんだか、知ってるようで知らない味。。

トマトの酸味が強めで、酸っぱめなんだけど後口に甘さとコクが広がります。見た目よりもシーフードな風味は少なめで、はじめて食べた印象はアメリケーヌ感がないトマトビスクみたいな味だな〜と思いました。

トマトビスクというとスープですが、こちらはもっと味が濃い目。塩気がしっかりしているのと、あと油分も多いです。だからサフランライスと合わせて食べるんですね!

そして、ご飯!美味しかった!(´∀`*)

やっぱりすでに炊いてあるものをレンジで温めて食べるより、炊きたてを食べた方が絶対美味しいね!たしかに炊く手間(時間)はかかりますが、炊きたてを食べられる!というのは格別です。

ただ色がついたご飯!といわけではなく、ほんのりな甘さと華やかさみたいなものを感じるご飯です。シーフードに合わせるのにピッタリ!

大ぶりのエビは安定して美味しくて、レンジで加熱しても全然固くならず、プリッとした食感がで甘みがあります。そしてイカ!こちらはおそらく、冷凍コーナーで販売されているやわらか焼きいかですね!

前に紹介したシーフードペスカトーレというパスタにも同じイカが使われていたのですが・・・最近のコストコデリカはやわらか焼きいか率が高い感じがします。

そういえば・・・シーフードペスカトーレと中に入っている具材が似ているんですよね。でも、魚介の風味は断然シーフードペスカトーレの方がしっかりしていました。

というか、セート風煮込みは魚介の風味よりも酸味の方が際立った味なんですよ。

そして、食べながら気がついたのですが、どこか「トムヤムクン」にも似ている気がするんです。すっぱ甘辛い「トムヤムクン」から辛味を抜いたもの、みたいな・・・すっぱ甘い、独特の味付けがそう思わせるのかもしれません。

ただ・・・わかりやすく美味しい!!・・・とは言いにくい、とても難しい初めての味だった!というのが本音かな。。

決して美味しくないわけではないんですけどね。とにかく、不思議な味でした。

まとめ

初めて食べたセート風煮込み!私がイメージするヨーロッパっぽい雰囲気の味じゃなかったなぁ〜。

どちらかといえば東南アジア系の料理かな?という感じでした。まぁ、トムヤムクンっぽいな〜と思っただけなんですけどね(;´∀`)食べながら途中でパクチー入れたくなったもん。

そして、生米が入ったキット!これは個人的にはアリだと思います!大アリです!

たしかに、これまでのキット系と比べると「ご飯を炊飯器で炊く」という手間がかかるので、決してお手軽ではないのですが、味は確実にアップします。

これまでのお米系デリカはお米がイマイチ、ということも割と多かったですからね〜。この、生米が入ったキット!これからいろんなデリカで登場すると嬉しいなーと思います。

※動画レビューはこちら⇒セート風煮込み&サフランライスキット

おすすめ度:★★★

コメント

  1. 1
    ゲスト says:

    生米がセットなのは斬新ですが、だったら米抜きで炊き込み用ソースだけでもう少し安い方がいいなあ。
    米は自宅に大体ありますし。
    それともアメリカの米(カルロース米?)と炊くことに意味があるのかな?

    • コス子 says:

      少し粒が大きくてふっくらしたジャポニカ米でした。多分カルロース米じゃないかなぁ〜。普段自分で食べているお米で炊いても差し支えはないと思いました。

      お米抜きだととそれはそれで、えっ( ゚д゚)という感じにはなりそうですが、お米いらない、という人が選択できるパッケージだと優しいですね。

  2. 2
    たんぽぽママ says:

    美味しそう!!
    コス子さんの盛り付けが美しいから一層美味しそうに見えますね。

    ひとつ気になったのが原材料名に「サフラン」のサの字もないこと。シーズニングに含めちゃってるのかもしれませんが「シーズニング」って大ざっぱすぎやしませんか(^◇^;)何のシーズニングなのかが重要な気がするんですがw黄色の着色には高価なサフランの代用としてターメリックが使われることも多いですし…

    • コス子 says:

      香りががっつりサフランの香りだったから、サフラン使っていると信じたい( ゚д゚)

  3. 3
    強力粉難民 says:

    今日初めて購入して食べました。
    一口目…なんだか不思議な香りと味だなぁ
    二口目…なんだろうこの味、不味くはないんだけど、リピはしない…か…な?
    三口目…あれ?なんか美味しくなってきた!
    四口目以降…うん!うまいね!なんだろう、食べ進めるごとに美味く感じるようになってきたぞ?
    感想と結論
    コレはリピあり、でも毎回じゃないかな。

    初めて食べる味でしたが、レンチン5分でエビもイカもプリプリで良かったです。
    ブラックペッパーかけても美味しかったです。
    ただ、やっぱり匂いで評価分かれると思います。

コメントを投稿