ミナトハワイ ハワイアンポキソース 315g×2本

ミナトハワイ ハワイアンポキソース 315g×2本

MINATO HAWAII ハワイアンポキソース 315g×2本
購入時価格:848円(2022年10月)
ITEM# 47257

ハワイのメーカーさん、ミナトハワイに新商品が登場していました!

コストコで販売されているミナトハワイの商品と言えば、ハワイアンチョップドガーリックオイルという、本場ハワイのガーリックシュリンプが手軽に作れる、という調味料が人気ですよね〜。

そしてこちらもまた、ハワイのローカルフード「ポキ」を作るためのシーズニングです。

ポキ(ポケ)は、ハワイ語で「切身」を意味する言葉で、生の魚介類の切り身に味をつけて食べる、日本でいうところの「漬け」に近い料理になります。

日本の「漬け」は醤油ベースが多いですが、ハワイでは塩やオイル、海藻、香味野菜などが混ぜ込んであり、味が全然違うんですよね。

中でもマグロの切り身を漬けたアヒ・ポキが定番で、最近では魚肉だけでなくタコや貝類といった色々なポキが食べられているようです。

ハワイのホノルルにある「ミナトハワイ」は地元の方御用達の調味料メーカーということで、ABCストアやウォルマート、ホールフーズ、ロングスドラッグスといった、ハワイでお馴染みのお店で取り扱われており、ハワイ土産としても人気のメーカーさんです。

つまりこちらは、現地の味をそのまま再現できる!!という、とっても魅力的な調味料ということになりますね(´艸`*)

ハワイアンチョップドガーリックオイルもお気に入りで何度もリピートしましたので、こちらもさっそく試したくなって購入しました!

商品詳細

ミナトハワイ ハワイアンポキソース 商品ラベル(原材料・カロリーほか)

名称:調味たれ
原材料名:ソテーオニオン(国内製造)、しょうゆ、食用植物油脂(なたね油、ごま油)、デキストリン、ねぎペースト、オイスターソース、おろししょうが、おろしにんにく、砂糖/調味料(アミノ酸)、グリシン、pH調整剤、酢酸、増粘剤(キサンタンガム)、カラメル色素、甘味料(ステビア)、グリセリン脂肪酸エステル、V.B1、環状オリゴ糖、明日葉エキス(一部に小麦・ごま・大豆を含む)
内容量:315g
賞味期限:購入日より6ヶ月先
保存方法:直射日光・高温多湿を避けて常温で保管
※開栓時、中身がはねることがありますのでご注意ください。
※低温でまれに油が白く濁ったり、固まることがありますが、品質には問題ありません。
※開栓後は冷蔵庫で保存し、お早目にお召し上がりください。
栄養成分表示(100gあたり):エネルギー 187kcal、たんぱく質 3.6g、脂質 10.7g、炭水化物 19.0g、食塩相当量 4.8g(推定値)

ミナトハワイ ハワイアンポキソース 1本

こちらが1本です。315gとそこまで大容量というわけではなく、一般的なスーパーで販売されている調味料サイズになります。

このパッケージデザインのゆる~い感じのイラストがまたいい感じなんですよね(´艸`*)パイナップルの男の子がマグロを釣り上げているというなかなか斬新なパッケージデザインです。笑

なおこちら、ハワイ生まれの万能調味料ではありますが、ハワイから輸入されているというわけではなくメーカーのレシピはそのままに、日本の工場で作られているものになります。

原材料を見ると、炒め玉ねぎとか、しょうゆ、ねぎペースト、おろししょうがといった日本でも馴染み深い材料が使われているから、一見日本人に合わせた味付けで作られているのかな?なんて思ってしまいそうですが・・・実はミナトハワイの社長さんは日本の方なんですよね(゚∀゚)

現地の味付けそのものでも日本人が作った調味料ということなので、なんとなく親しみやすい感じがしますよね〜。

ミナトハワイ ハワイアンポキソース 注ぎ口

パカッと蓋をあけたらこんな注ぎ口になっていました。容器を傾けてもドバドバ出てくることがないのはありがたいな〜。

ガーリックオイルの方はドバドバ出てきてたから使用量の調整が難しかったんですよ。

ミナトハワイ ハワイアンポキソース 中身

中身を出してみました。雰囲気的には醤油ベースの玉ねぎドレッシングみたいな感じかな?炒め玉ねぎペーストがたっぷり入ったトロトロ系の調味料です。

刻んだ玉ねぎのような食感のある具材は特に含まれていない様子で、でも底の方には炒め玉ねぎの濃いところが溜まってるから、取り出す時はよく振った方が良さそうです。油分も割と多めな感じ。

香りはめっちゃ「醤油ポキ」な感じ。炒め玉ねぎと醤油って、それだけでもうめっちゃ食欲をそそられます(´艸`*)

味について

醤油ベースなんだけど味付けは炒め玉ねぎの甘味とコク、そこにごま油の風味とちょっと際立った酸味があって美味しい!なるほど日本の「漬け」とはひと味違う味付けですね(´ω`*)

生姜やニンニクもしっかり効いていて酸味もあるから一見ドレッシングみたいな雰囲気があります。そのままだとかなり濃い味ですが決して塩気が強すぎるわけではありません。塩分ではなく「味」が強い感じなのです。

醤油やごま油、生姜やにんにくって日本でも馴染みの深い材料ばかりですからね、海外の全然知らない味付け!とか、特別に際立った香辛料やハーブのクセ!みたいなのがないので、本場ハワイの味付けでありつつもとっても口馴染みが良い感じがします。

ミナトハワイ ハワイアンポキソース サーモンポキ

コストコで買ったアトランティックサーモンを使ってサーモンポキにしてみたらめっちゃ美味ぁぁぁ〜(´艸`*)

調味料だけを味見した時は結構オイリーだな〜と思いましたが、それ故に具材への絡みは抜群!合わせるだけで1品完成。めちゃめちゃ簡単です!

アトランティックサーモンのコテッとした脂の旨味を引き立てつつ、どこかサッパリな感じに仕上げてくれるんですよ。ソースそのままでは濃い味でも、食材と合わせればちょうど良い味加減になって、なるほど「ポキ」専用のソースなんだなぁ〜と思いました。

このまま食べたらお酒のおつまみに、ご飯に乗せたらサーモンポキ丼になります。さらに卵黄なんかを乗せても良さそうね(゚∀゚)

ちなみにこちら、パッケージの横に「美味しいお召し上がり方」のレシピが掲載されておりまして、定番のマグロのポキの他に「豆腐ポキ」という、木綿豆腐とミニトマトをあわせた珍しい食べ方だったり、ツナ缶とパスタと合わせた「ツナの簡単パスタ」というもはやポキでもないアレンジ方法が紹介されていました。

ミナトハワイ ハワイアンポキソース 豆腐ポキ

というわけで、パッケージに書かれていた豆腐ポキです。豆腐とトマトだけじゃちょっと彩りが寂しい気がして水菜も加えてみました!

具材だけで見るといわゆる「豆腐サラダ」ですが、時間を置くことで味が染み、豆腐サラダとはまた違った美味しさがあります。

豆腐ポキってすごい組み合わせだ・・・と思ったけど、こうやって合わせてみるとなんだかオシャレだし、ポキは魚介類じゃなくても全然イケるんですね。また一つ学びになりました(゚∀゚)

豆腐ポキが美味しかったので、いずれもう一つのツナパスタも試してみたいと思っています(´艸`*)ポキに限らず色んな料理にアレンジできるなんて万能ですね!おかげで持て余すことなく使い切れそうです(´艸`*)

まとめ

ハワイのローカルフード「ポキ」を簡単に作ることができる、という便利なソースです!

ハワイ生まれの味ですが、感覚的には醤油ベースの和風ドレッシングに近く、海外の味付けでありつつも、なんとなく見知った味という感じで安心感がありました。

ポキ以外にも色々な使い方ができる上に、調味料そのものもコストコサイズ!というわけではない普通の量なので、気軽に試すことができる商品だと思います。

こちらとアトランティックサーモンを合わせて作ったサーモンポキはめちゃくちゃ美味しいです!気になる方はぜひ試してみて下さいね〜♪

おすすめ度:★★★

コメント

  1. 1
    ぷりん says:

    これはめちゃくちゃ便利アイテムですね!欲しい…!

  2. 2
    たい says:

    こちら、初めは、タレを出したらだいぶニンニクが強いような気がして、家族が余りニンニクがキツいのは苦手なため、返品しようか迷いましたが、ネギトロと和えても、長持ちして美味しく食べられましたし、ツナとほうれん草のパスタにしても、しっかりとした味で、そんなにニンニク得意でない家族も気に入ったようなので、全部使おうと思います♪
    ポキのタレなのに、刺身を買って来なかったので、今度は、サーモンでやってみますね!

  3. 3
    さよ says:

    同じメニューですが水菜と豆腐のサラダおいしかったです〜。ドレッシング感覚で使えますよね!

コメントを投稿