USAポークスペアリブ VP

USAポークスペアリブ VP

USAチルド ポークスペアリブ 真空パック
購入時価格 99円/100g

8月の終わりに、小さな子供たち(いとこ同士)を一緒に遊ばせようという目的で親族同士で集まってバーベキューをしました!例によって庭で火をおこして食材を焼くという、全くアウトドアではないバーベキューだったのですが^^;

そして、またいつものようにお肉係に任命された我々は、買い出しのためにコストコへ。せっかくだからまだ買ったことがないものを試してみよう!と、今回のバーベキューの目玉となるお肉を選んでみました。

そこで手にとったのがこちら、USAチルドポークスペアリブVPです。おなじみスペアリブの塊ですね。こちらをバラせばよく見る「骨付き肉」になります。

以前、USAポークバックリブVPという商品を紹介したことがありましたが、バックリブは骨付きロース肉、こちらのスペアリブは骨付きバラ肉です。

同じ肋骨周りのお肉ではあるのですが、バックリブの方が背中側、スペアリブの方がお腹側という違いがあります。スペアリブはバラ肉なので比較的脂がしっかり乗っていて、柔らかくコク深い部位と言われています。

余分な脂を落としながら焼くバーベキューにはピッタリのはず!

もちろん、コストコにはこちらのスペアリブを1本ずつ綺麗にカットしてパックで販売されているものもあるのですが、他のお肉類と同様、塊の状態で販売されているものの方がカットされたものよりも100gの単価が安かったんですよね。

真空パックの方が賞味期限も長いですし、それならば自分で1本ずつ切り分けて持っていこう!ということで、今回はこちらを選ぶことにした次第なのです。

スペアリブは、バラバラにカットされたものはスーパーにも売ってありますが、なかなか塊でどーん!と販売されているのは見かけませんよねー!いかにもコストコって感じ!(´∀`)こちらはセントルイススタイル(セントルイスカット)というものらしいです。

せっかくのバーベキューだし、ビジュアル重視で大ぶりのものを網の上でガッツリ焼いて切り分けた方が盛り上がるかもー!?とも考えたのですが・・・そうするときっと、焼くのにすごい時間がかかりそうだなーと思ったのと、小学生以下の子供が4人もいましたので、やはり今回は手軽さ重視ということで、食べやすく、かつ調理しやすいように1本ずつ事前に切り分けて持っていくことにしました。

名称:豚肉
保管方法:要冷蔵4℃以下
消費期限:購入日含め5日
正味量:1.29kg
購入時価格:1,277円
購入者:スターゼンインターナショナル(株)
用途:バーベキュー、煮込み料理など。
※バラの骨付き肉です。ほどよい脂身と赤身が重なりやわらかい肉質です。

USAポークスペアリブ VP 開封

外装を外してみたらこんな感じです。横幅は40cm強、縦の長さは12~13cmというところでしょうか。以前カットしたバックリブよりも、こっちのほうが大きいというか骨が長い感じがします。

骨周りにお肉がしっかり付いていて、外側から見ただけではどの部分に肋骨があるのか微妙に分かりづらいのですが、ぷにぷに触ってみると一定の方向で骨が並んでいるのがわかるので、骨と骨の間に包丁を入れて切り分けていきました。

USAポークスペアリブ VP カット

切り分けてみたらこんな感じ。全部で12本になりましたよー!骨の大きさが部位によって細かったり太かったりと一定ではなかったので、いざ切り分けてみたらかなり不公平感があるカットになってしまいました。これは・・・もしかしたら奪い合いが起こってしまうかもしれん。^^;

バックリブを切り分けた際には、全く切りにくさは感じなかったと記憶しているのですが、こちらの方は太い肋骨とは別に小さな軟骨のようなものが所々にありまして、包丁が入る道を時々邪魔する感じで少し切りにくかったです。包丁で分けるのが大変だった所はキッチンバサミでジャキジャキカットしていきました。

少し気になった所といえば・・・若干生肉臭かったところかなー。肉の臭みは脂の匂いが大きな部分を占めていると聞きますし、比較的脂身が多いスペアリブは他の部位に比べると特に顕著なのかもしれません。ちなみに国産豚バラは生肉でもほとんど匂いは気にならなかったのですが。。

個人的には臭み消しの為にエルブ・ド・プロバンスでもまぶしておきたかったのですが、今回は子供メインのバーベキューだったので・・・味付けは、半分を塩胡椒、もう半分をヨシダソースに赤ワイン+おろし生姜+おろしニンニクで甘辛の漬けダレを作ってそこにお肉を漬け込み、ジップロックに入れて持って行くことにしました。

下処理したものを網の上に並べ、ゆっくり時間をかけながら焼き上げたスペアリブはもう絶品!バックリブと比べると骨は大きく太めですが、付いているお肉も多く厚めで食べごたえがあります。

ただ焼いただけですが想像以上に身離れが良く、身に甘みとコクがあってとっても美味しかったです!炭の香りのせいか、火をしっかり入れた為なのか理由は定かではないのですが、心配していたお肉の臭みは調理後ほとんど気にならなくなりました。

骨付き肉は骨に身がべったりとくっついて食べにくいイメージだったのですが、こちらは柔らかくジューシーな肉質で思っていたより食べやすかったです。大きいお肉を両手で掴み、豪快にかぶりつく姿はなんとも野性的でテンションがあがりましたよ~!これぞバーベキューの醍醐味ですよね~(´∀`)

タレ漬けの方も同じように焼いたのですが、こちらは焼き加減が微妙に難しく、弱火でじっくりじっくり焼いていかないとすぐにタレが焦げてしまう感じでしたね。

こちらは塩コショウで味付けをしたものよりもさらに肉質が柔らかく食べやすかったです。が、人気があったのは塩コショウで味をつけたものの方でした。

お気づきかと思いますが、実は今回は調理後の写真がありません・・・。皆して夢中になって食べてしまい、写真を撮る事をすっかり忘れてしまっていました。(゚Д゚)がーんがーん

しまった・・・がっつきすぎた・・・。今回、1.29kgのスペアリブを持っていったにも関わらず全てあっさりと完売です。

写真でもお伝えしたかったのですが・・・すみません。。

綺麗に焼けたスペアリブは、余分な脂が抜けて少し飴色に染まりまして・・・パリっと焼けてグッと締まった表面のお肉と、中の方のしっとりして柔らかで、ジューシーな部分のお肉を一緒にかぶりついて味わうのはなんとも幸せな瞬間でした(´エ`)

総評として

今回は、塊の状態を自分で切り分けたのですが、仕方がないとはいえ、端の部分などはカットが小さくなってしまったりして、大きさがバラバラになってしまう点が少し気になりました。

コストコで、カットの状態で販売されているスペアリブは、比較的大きさが揃っていますし大きいものばかりだったので、おそらくパック詰めの際に小さいものを省いているというか、ある程度選別されているのかもしれません。

そういう意味ではカットされたものの方が大きさが整っていてバーベキュー用としては適していたのかもなぁと後から思いました。真空パックの方はカットする手間は必要ですが、その分価格が安く量が多いということ、そしてなにより賞味期限が長いのでその点を留意しながらどちらを選ぶのかを決めるのが良いのかなーと思います。

お肉そのものに関しては、バーベキュー用として選んで大正解でした!一人残らず皆美味しい!と大満足のお肉でした。

お手頃価格だったし、またバーベキューをする機会があれば買おうと思います!今回は全て網焼きで食べたのですが、これをコーラ煮で食べてもきっと美味しいに違いない!次に買った時は煮込み料理にも挑戦したいです~!

おすすめ度:★★★★

コメント

  1. 18
    そうた says:

    うちはこれをおでんの具にしてます♪肉も美味しく骨からもダシが出て美味しいてすよ♪

  2. 17
    Rick says:

    柔らかく子供も食べやすく、短時間で焼き上げるなら、あらかじめ軟らかく煮てしまう方法もありますね。
    ケンタロウ式ですが、軟らかく煮てからマーマレードと醤油に付け込み、冷蔵庫で寝かせてから焼く。
    これだと、火の通りを機にしなくていいのと、表面が焼けて肉が加温されればそれで完成なので短時間で調理完了です。
    ただし、肉肉しい味わいは抜けてあっさりになります。

    あと、軟骨部分は切り取って分けて、これを柔らかく下煮してから砂糖・醤油で角煮風にすると、ホロホロの肉と一緒に軟骨もおいしく食べられますね。

  3. 16
    むぇ says:

    スペアリブよく購入します!
    オレンジマーマレードと醤油を2:1で混ぜ、ショウガとタマネギをすりおろして加えたものに、一晩漬け込んでからグリルで焼いてます。
    塩、黒胡椒を強めに振ってから、バルサミコ酢に蜂蜜を揉み込んで焼くのも好きです。

    漬け込む際は、フォークで全体をグサグサッと突き刺すと、味も染み込みやすく、食べるときも解れやすいですね。骨に貼りついている皮の部分に、縦に切り込みを入れておくのも、身離れがよくなってお勧めです。

  4. 15
    ごっしぃ。 says:

    これ、おいしいですよね~(*´∇`*)♪

    我が家のオススメは、ポトフです!!
    人参玉ねぎじゃがいもは皮を剥いて半分に、あと大きめのくし切りキャベツとスベアリブを鍋に入れてコトコト1時間。ブイヨンと塩コショウで味付けをして完成です。
    子どもの頃、お願いしてもたまにしか作ってもらえず、登場が待ち遠しかった母の味です。(きっとスベアリブがなかなか手に入らなかったからでしょうね)
    スベアリブの旨味が溶け込んだスープは絶品ですよ~(o^-^o)

    ちなみにジョンソンウィルのような大きめのソーセージでもおいしく作れますので、これからの季節にぜひどうぞ♪

  5. 14
    せい says:

    この肉はBBQには向かないんじゃないかな。我が家でBBQした時には、食べる所が少なくなり、不評でしたね。単に焼き過ぎかもと思いましたが、全部縮みました。

  6. 13
    うっさん says:

    我が家もBBQの定番になってます!
    前の日に仕込んで冷凍して持っていきます。タレは、吉田ソースとプルコギの二種類作って行きます(^^)
    切れ込み入れておくと子どももカブリつけます(≧∇≦)

  7. 12
    tono says:

    よく買いますタレはモランボンのスペアーリブがお気に入りです

  8. 11
    海美 says:

    コス子さん こんにちは(^ ^)
    この前、私も買いました〜
    最初は切り分け5本ほど、塩コショウでしっかり焼いて食べました。あと5本はプルコギのタレに漬け込み焼いて食べました。残りは3本しかなく…悩んだ結果…カレーに使いました。肉がホロホロと骨から取れるくらいになるまで煮ました。結果…我が家ではカレーが1番美味しかったです〜骨からもダシが出たみたいで、コクと甘みが増して、いつものカレーがごちそうになりました。野菜はみじん切りの玉ねぎだけです。

  9. 10
    きよまママ says:

    肉も魚も骨付近が美味しいですね。

    ポークスペアリブは塩胡椒をしてグリルで焼くのが適度に脂が落ちて美味しいですが煮込むのも後片付けが楽で美味しいです。

    鶏ガラスープに醤油、酒、味醂や蜂蜜に八角を入れ煮込むと中華風に、鰹節の出汁に醤油、酒、味醂で煮込むと和風に。
    どちらもネギの青い部分と生姜、ゆで卵を入れコトコト♪ 味は冷めながら染み込むので夕食用には午前中か前日に作るとより美味しくなります。

    私は圧力鍋は使いませんがそれでも身離れも良く柔らかくなり茶色になったゆで卵とネギも美味しいので煮込みもおすすめです(^^)

  10. 9
    どきんこ says:

    以前バックリブと間違えてこちらを購入しました(汗)私も切る時にあれ?前より切りにくいし骨のつき方がなんか違うと思いやっと気づきました(笑)コーラ煮にしたのですがこちらの方がしっとり仕上がって私は好みでした。そこまで脂身がしつこいといったことも感じず。今度は焼きで食べてみます。

  11. 8
    ゅ汰 says:

    グリーンさん

    ありがとうございます(*^^*)
    では、家でも冷凍保存して使いたいと思います♪

    次コストコに買い物に行くのが待ち遠しくて、
    今から わくわくします~♪(о´∀`о)

  12. 7
    グリーン says:

    おはようございます(*^_^*)
    私もカットされたものですが、買いました。
    やはり、大きいものと小さいものが半々くらいで入っていました。
    私が購入したものは、臭みはありませんでした。

    私もヨシダソース+お醤油+お酒+ショウガ+ニンニクのタレに漬けてフライパンで調理しました。家族に大好評で、もっと食べたい!とリクエストされます(^^)

    ゅ汰さん、私は冷凍保存しましたが大丈夫でしたよ。オススメです(*^_^*)

  13. 6
    ありんこみっちゃん says:

    コス子さんすみません!
    一つ書き忘れていました!
    塊肉の内側にある薄皮は剥がしてから使ってください。
    (綺麗に取れなくてもいいからね!)
    これを取れば多少匂いも減るかな?
    楽しくBBQです!バーべ!

    • コス子 says:

      ありんこみっちゃんさん
      薄皮は剥がした方が良いんですね〜!次はそうしてみます!焼き方なども大変参考になりました(´∀`)

  14. 5
    ゆきんこ says:

    切りにくかったようですが、写真の状態で切ったのでしょうか?
    骨から軟骨にかけて一直線ではないので、肉を寝かせた状態では切りづらいです。
    肉を立てると刃がうまく隙間を通るので、牛刀1本で難なく切れましたよ。

    去年、男子ごはんでシンガポールへ行った回がありましたよね。
    その翌々週くらいに、スタジオでバクテーを作っていたのですが、ご覧になりましたか?
    それ以来、バクテーはうちの定番料理に仲間入りしました。
    私は前の日に作り、冷蔵庫に入れて固まった脂を、ある程度取り除きます。
    ですから、コストコのUSポークスペアリブでも、脂の量や臭みは気になりません。

    余った肉でマーマレード煮を作っておくので、バキュームパックでも冷凍庫へ行く間もなく使い切ります。
    マーマレード煮は食べる時にグリルで焼き色をつけると、香ばしくなりますし、手をかけて作ったように見えます。

    • コス子 says:

      ゆきんこさん
      写真の状態で切っていました!お肉を立ててカットすると簡単なんですね〜φ(..)メモしておきます!

  15. 4
    A子@久山 says:

    うちはこれは普通に常備肉です。
    切り離す前に火の通りがいいように、大きいまま肉の表面に長い辺に添って、ガーッと深めに4〜5本切れ目を入れてから、切り離してます。
    そのままか、焼き肉のタレ、プルコギのタレを揉み込んで、2
    〜3本ずつラップに包んで冷凍しています。
    食べる時はフライパンにオーブンペーパー敷いて焼くか、ガスレンジで焼いてます。

  16. 3
    ゅ汰 says:

    コス子さんおはようございます♪
    スペアリブ私も大好きで、時々スーパーで見つけた時(国産)は買って
    オーブンで焼きます(о´∀`о)美味しいですよね~♪

    我が家の子供たちは、ハーブが苦手なので
    醤油・お酒・生姜・みりんで味付けが定番です(*^^*)

    ただ。。コス子さんの言った通り、コストコのお肉(アメリカ産)は
    獣臭い時が時々あるんですよね (^o^;)
    試食で頂いた時、お肉臭さを結構感じた時もありました。
    その時は、ポークステーキで塩胡椒の味付けでした。

    コストコに限らず、近くのスーパーでもアメリカ産だと
    肉臭さを感じる時あるので、餌とかも関係あるんですかね?謎です。(^o^;)

    話反れましたが(^o^;)
    こちらは切り分けてからの冷凍保存は出来そうですか?
    BBQ の予定は無いですが安いので買ってみたいです(*^^*)

  17. 2
    ありんこみっちゃん says:

    いつも楽しく拝見させていただいています。
    私もBBQにはバックリブVPを塊のまま使っています。
    塩コショウで下味付けて仕上げに吉田ソースのBBQソースを塗っています。
    まず焼く時に蓋をかぶせて焼いた方が蒸し焼き状態になるのでその方法をお勧めします。(蓋はステンレスのボールでO.Kです–100均の)
    手の甲の厚みより厚い肉は蓋をして焼くといいと覚えておいてください。(私はWEBERを使っています)
    そうすれば弱火でもしっかり焼けます。
    また直火でなく出来れば間接焼きの方が良いです。
    炭の真上を避け蓋の中で熱をまわすと言ったらいいかな?
    その時肉の下に肉汁が落ちるのでそこはアルミホイルで受ける様にします。
    こんな感じで一度やってみてください。
    コストコの肉はBBQには最適です!
    また色々楽しんでやってみてください。 バーべ!

  18. 1
    ゆゆ says:

    コス子さんおはようございます♪
    良ければ吉田ソースと赤ワインの分量
    しりたいです♪( ´▽`)

    • コス子 says:

      ゆゆさん
      すみません、分量と言われるほどしっかりしているわけではないのですが・・・ジップロックの中にお肉とすりおろした生姜にんにくとお肉全体に回る程度の赤ワインを入れてよく揉み込み、その後浸る程度にヨシダソースを入れるだけです。下ごしらえの時点では結構ニンニクの香りが強いですが、とっても美味しかったです!

コメントを投稿