マスカルポーネロール

マスカルポーネロール

マスカルポーネロール 1400g
購入時価格 698円(2017年10月)
参考価格 698円(2018年12月)
参考価格 698円(2019年8月)
ITEM# 93234

コストコのベーカリーコーナーでマスカルポーネロールという新商品を発見しましたー!形が微妙に不揃いの手のひらサイズのちぎりパンが透明の袋にごっそり入っています。

コーンブレッドロールウォールナッツロールのように分かりやすく何かが混ざっているわけではないし、マルチグレインロールのように明らかに生地の色が違うということもなく、見た目はいわゆるプレーンなロールパンなので、遠目で見ればほとんどディナーロールと同じです。私も「新商品」のポップがなければうっかり見過ごすところでした。

マスカルポーネロールということなので、名前からするとパンの材料にマスカルポーネチーズが使われているのだと思いますが、この時点では生地に練り込まれているのか、もしくは中に詰められているのかは不明です。

マスカルポーネチーズといえば、イタリア原産のフレッシュタイプのチーズでティラミスに欠かせないクリームチーズの一種です。一般的なクリームチーズよりもふわっと軽く、塩気も酸味も少なめ。でも脂肪分は結構多い印象で一口食べるとしっかりとしたコクを感じる味わいです。

あくまで私の素人目の印象ですが、マスカルポーネチーズはチーズそのものにこれと言った強い味があるわけではないので、製パン材料としては不向きだと思っていたんですよね〜。

ジャムやハチミツなどと一緒にパンに塗る、といった食べ方なら納得ですが、マスカルポーネチーズをパンを焼く工程で使う、という発想が無かったのでなんだか不思議な感じでした。

でも、例えばマスカルポーネチーズによく似たリコッタチーズはパンケーキの生地と合わせて焼くと、生地がふわふわシットリになり美味しくなりますし、もしかするとマスカルポーネもチーズの味わいだけでなく、その特性を生かすことでパンそのものが美味しく仕上がるのかな?と思ったりしました。

価格は1袋698円。数は全部で36個入りだったのでディナーロールと同じですね。1個あたりの価格は19円です。ちなみにこちらの商品が発売されたからといってディナーロールが終売になったわけではなく、定番のディナーロールもほぼ隣に並んでおり1袋458円でした。

見た目もほぼ変わりませんし、同じ量のパンと思うとやっぱり割高な感じがしますねぇ〜。マスカルポーネチーズ分の価格ということだと思いますが、味わいがどう違うのか気になるところです。

食べるのがとっても楽しみ!(゚∀゚)

商品詳細

名称:パン
原材料名:小麦粉、ショートニング、マスカルポーネチーズ、砂糖、発酵バター入りマーガリン、脱脂粉乳、卵、食塩、イースト、糊料(増粘多糖類)、香料、着色料(カロチン)、V,C、pH調整剤
保存方法:直射日光・高温多湿を避けて保存してください。
消費期限:加工年月日含め3日
※この製品は落花生、そばを使用した設備で製造しています。この製品はブルターニュ産発酵バター入りマーガリンを4%使用しています。

マスカルポーネロール 中身3個

ディナーロールよりも若干焼き色が薄い感じのロールパンです。形は1つ1つ違い、隣同士2つ3つくっついているパンも沢山あり、見た目はちょっと不格好です。

まず明らかに違うなと思ったのは、パンそのものがとっても柔らかいんですよ。かなりのふわふわ系で、少し指に力を入れてつまむとすぐに潰れてしまうほどです。

はじめに見た時は気のせいかディナーロールよりも一回り大きいパンのように見えたのですが実際はそうではなく、柔らかいパンが1つの袋にどっさり詰められていることで少し押しつぶされている感じになっていたんですよねー。

全体的に高さが低く、横に広がったような形になっていたので、もう少し気をつけて持ち帰ればよかったなぁとちょっと後悔。。

マスカルポーネロール カット断面

半分にカットしてみました。特に中に何かが入っているわけではない普通のロールパンです。ということは、マスカルポーネチーズは生地に練り込まれているということになりますね。

ただ、あまりにもフワフワしすぎているのでよく切れるナイフでなければカットする時に潰れてしまいそうです。

味について

おぉぉ〜(゚∀゚)めっちゃ美味しい〜!しっとりやわらかモチモチ食感!

生地は少し甘めでしっかりバターの風味があって、そのまま何か塗ったりしなくてもアレンジ無しで充分美味しい!!

チーズ入りのパンというよりは上質なバターロールというか品のあるミルクパンという感じの味です。味わいそのものにマスカルポーネ感はありませんが、遠ーくの方にチーズの風味を感じるのと、食べた時に深いコクを感じます。ブルターニュ産発酵バター入りマーガリンが使われているそうなので、このコクはそのせいかも?

モチモチ食感のロールパンといえば、コーンブレッドロールも同じなのですが、コーンブレッドロールはイングリッシュマフィンと同じような生地で油分が少なくてあっさりしているんですよね。

一方こちらは生地がしっかり油分をまとっており、シットリしつつもベタベタする感じはなく、全体的にフワッフワでした。このしっとり加減とコク深さは商品名にもあるマスカルポーネチーズと発酵バター入りマーガリンによる賜物なんじゃないかと。

マスカルポーネロール 食べている様子(オリーブオイル風味スプレッド)

そのままでも充分美味しいのですが、トースターで焼き直すと外側サックリ・中ふんわりが際立ってさらに美味しさが増します。

生地の甘さも立ち、何も塗らずに焼いただけでも、あれ?バター塗ったっけ?みたいな感覚になります。もちろんさらにバターやジャムなどのスプレッドを塗っても美味しい!チーズチーズしていない分アレンジもしやすいです。

1つ欠点を言えば、あまりにも柔らかすぎてパンが潰れがちなところかな。ディナーロールはしっかり中に生地が詰まっていてハリがあり、潰れにくいため好きなようにカットできたのですが、こちらはすでに取り出した時点でぺったんこでした。おかげでややカットがしにくいなぁ〜と思ったりしました。

まとめ

マスカルポーネチーズ感はそこまで感じず、どちらかと言えばリッチな味わいのバターロールやミルクパンといった感じのシンプルなパンでした。

この見た目なのでどうしてもディナーロールと比較してしまうのですが、パンそのものの味わいはこちらの方が美味しい!と思いました。ふんわりしっとりで甘味があり、そのままでもパクパク食べられるし食べたくなるロールパンです。

嫌われる要素が一切ない万人受けする味わいなので、購入して失敗した!ということはまずないと思います。ディナーロールはちょっとパサパサして苦手なのよね〜という方もマスカルポーネロールなら大丈夫!

ただ、パンそのものがあまりにも柔らかすぎるため、保存や加工がしにくい点は何らか対策が必要だなと思いました。ディナーロールの方が生地がきめ細かくハリがあるため、アレンジはしやすい印象です。

また、こちらをディナーロールと同じように冷凍保存しておくと一気にぺったんこになり、実際に食べる時はちょっと残念な見た目になってしまうんですよね〜。

なので、あまりパンパンに詰まった冷凍庫には保管しないほうが良いと思います。購入する時は冷凍庫のスペースをいつもより少し広めに開けておくことをオススメします。

見た目がディナーロールにそっくりなので、うっかり見過ごしてしまう方も多いかもしれません。気になる方はベーカリーコーナーをしっかりチェックしてみて下さいね〜!

おすすめ度:★★★★

コメント

  1. 103
    ゲスト says:

    1個19円と考えたら、まあまあ美味しいですね。そんなに大絶賛するほどの商品ではないです。

  2. 102
    コゴンタ says:

    ディナーロールは口の水分が奪われてしまい、モソモソしますが、マスカルポーネロールは、適度に水分があって私は好きです。

    気にしなければ、1週間はそのままで食べます。
    ただ、私だけですけど。

  3. 101
    まいこっこ says:

    最近、金沢シーサイドで買われた方いますか?
    味&食感は以前と変わらなかったですか?
    もし、買われた方いたら教えて下さい!

    • ゲスト says:

      2月10日に購入しましたが、以前と変わらず美味しく頂きましたよ。

コメントを投稿