キャンプファイヤー ミニマシュマロ 1kg

キャンプファイヤー ミニマシュマロ 1kg

campfire mini marshmallows 1kg
購入時価格 889円(2018年11月)
ITEM# 1120183

コストコでマシュマロを購入しました〜!ちびっこいマシュマロがたっぷり1kg入った大容量のマシュマロです!業務用か( ゚д゚)

コストコのマシュマロと言えば定番なのはやはり、キャンプファイヤージャイアントロースターマシュマロというマシュマロ1個あたり約30gという巨大マシュマロだと思います。

そちらはキャンプファイヤー用というか、いかにも串に刺して炙って食べるのにピッタリ!なビジュアルで、なんともコストコらしいアイテムなのですよ。

あとは今年の夏に紹介した、レインボーラブマシュマロというとってもキュートなデザインのマシュマロ詰め合わせも不定期ではありますが見かけたりします。こっちは色んなデザインがあってとっても可愛く、食べるのがもったいなくて飾っておきたくなるようなマシュマロです。

日本ではマシュマロというお菓子は、ポテチやチョコあたりの1軍と比べれば2番手、3番手感があり、あまりお馴染みとは言えなお菓子な印象があるのですが、海外のお菓子業界の中では割とメジャーなのかもしれませんねぇ〜。

今回の商品はジャイアントロースターマシュマロと同じメーカーさんの商品になります。ジャイアントロースターマシュマロのときは極端に大きい!( ゚д゚)と驚きましたが、こちらはすっごく小さくて、こちらもまた極端です。

コストコのおかげですっかりマシュマロ大好きになったおちびが、こちらを見て好きなだけ食べられる〜!ととっても喜んでいました。

私はジャイアントロースターマシュマロはそのまま食べるお菓子というよりも、焼いたり溶かしたりして使う製菓材料として購入していたので、そういう意味ではこういった小さいサイズの方が加工しやすく、分量の調整もしやすいんですよね。コーヒーやココアに浮かべたりするのも、大きなサイズよりもこういった小さなサイズの方が使いやすいですしね。

しかも今回、たまたまクーポンで通常価格889円だったところ、200円OFFの689円だったんですよ!( ゚д゚)

これはお買い得!というわけで、さっそく購入することにしました。多分、半分くらいはおちびのおやつになっちゃうんだろうなぁ〜。まぁ、半分なくなってもすごい量なんですけど・・・。。

商品詳細

キャンプファイヤー ミニマシュマロ 裏面ラベル(原材料・カロリーほか)

名称:マシュマロ
原材料名:コーンシロップ、砂糖、コーンスターチ/ゲル化剤(ゼラチン、ピロリン酸Na)、香料
内容量:1kg
賞味期限:購入日より10ヶ月先まで
保存方法:直射日光や高温多湿を避け、涼しい場所で保存してください。
原産国:アメリカ
※開封後はお早めにお召し上がりください。
栄養成分表示(100g当たり)/熱量318kcal、たんぱく質2.3g、脂質0g、炭水化物81.1g、食塩相当量0.17g ※この表示値は目安です。
お取り扱い上の注意
特に小さなお子様や高齢者の方が召し上がる場合は、窒息する危険があるので大人の方が付き添うなどご注意ください。


それにしてもすごい量だ〜!( ゚д゚)1粒あたりのサイズが小さいということもあり、袋の中の隙間が少なく、あの巨大マショマロよりもさらに大量な印象です。

というか、実際にジャイアントロースターマシュマロよりも量が多い!

あちらは1袋の内容量が793gなのに対し、こちらは1kg入りと約200gほど多いということになりますからね〜( ゚д゚)中身が何個あるかなんて数えるのはほぼ不可能!開封したらさっそくおちびが数えだしましたが、30個辺りからもう無理!と言って諦めていました。

ジャイアントロースターマシュマロの方は化粧用スポンジがいっぱい入ったような見た目だったのに対し、こちらはもう、まんま枕!な感じですね〜。持った感じはまるで低反発枕のよう!

開封した瞬間にフワッと溢れ出てくるバニラ臭がすごい!マシュマロの密度が高いせいか、開封したての香りの濃度が濃い感じです。お部屋中に甘〜い香りが広がりました。

キャンプファイヤー ミニマシュマロ 指の上にのせた 

こちらが一粒。直径1.5cm☓高さ1.5cmの円筒形です。重さは1粒あたり1g以下なので我が家にあるデジタルクッキングスケールでは正確な重量が測定できませんでした。なので、はっきりとはわからないんだけど少なくとも1粒あたり1g以下であるということは確か( ゚д゚)

仮にこちらが1個≒1gだったとすれば、ジャイアントロースターマシュマロは1個あたり約30gだったので、こちらのマシュマロであれば30個分以上ということになりますね〜。

マシュマロ1個あたりのサイズが30個分相当なんて・・・ジャイアントロースターの巨大さに驚くべきなのか、それともこちらのミニマムさに驚けばよいのか・・・なんかもう基準がよくわからん。。( ゚д゚)

味について

すんごい香りがバニラなので、口に入れるとさぞ甘いのだろうなと思いつつ口に入れてみると意外と甘さ控えめ。マシュマロってほぼ砂糖の甘さで味付けされている割には、結構後味サッパリで食べやすいんですよね〜。

食感はモチモチ系。でもサイズが小さいからか口に入れるとすぐに溶けて柔らかくなり、細かい空気の泡が弾けるような穏やかなプチプチ感を楽しみつつ、まろやかにとろけていきます。

噛んだり溶けたりと口の中でマシュマロが細かくなるにつれてジュワッと甘さが溢れ、それでいてシュッと引いていくみたいなさっぱりした後味なので、ついついもう一個!と手が出てしまいます。優しい甘さで美味しいな〜(´艸`*)

ただ、ジャイアントと比べるとマシュマロ自体のモチモチ感や伸びみたいなものは圧倒的に少ないんですよね。体積が小さいからかな?表面をプニプニ触った感じだと、めっちゃモチモチで柔らかい!って感じでもなく、ジャイアントは弾力がすごくで伸ばすとびろ〜んと伸びましたが、こちらは指先で伸ばそうと左右に引っ張ってみると、すぐにプチンと切れてしまいます。

全体のサイズが小さいということは、それだけ乾燥しやすいということなのかも。開封した後しばらく置いておくと、明らかに袋の口に近い部分の方が表面がパサッとなっており、袋の底の部分のマシュマロは柔らかモチモチでしたからね。

食べきるのには時間がかかるものなので、開封後はできるだけ密閉して乾燥を防ぐ保存方法に切り替えた方が良いかもしれません。

キャンプファイヤー ミニマシュマロ マシュマロコーヒー

マシュマロコーヒーです。淹れたてのコーヒーにマシュマロをお好みの量ポンポンと入れるだけ。コーヒーの熱でジュワジュワマシュマロが溶けてカプチーノっぽい雰囲気になります。

コーヒーにうっすらバニラの風味がついて、どことなくライオンコーヒーに通じる味わいになり、マシュマロが甘いのでほんのり甘めの味で美味しいです。

よくかき混ぜて完全にマシュマロを溶かして飲んでも良いし、溶けかけの状態のマシュマロをコーヒーと共に口に流し込み、ジュワってくる感覚を楽しむも良し(´艸`*)

ただ、小さいマシュマロだからめっちゃ溶けやすいのかな〜?と思ったけど意外とそういうわけでもなく、完全に溶かすためにはしっかりぐるぐるスプーンでかき混ぜる必要がありました。

コーヒーよりも熱湯で作るココアとかの方が断然溶けやすくはあるのですが・・・ココアの場合はあまりにもマシュマロを加えすぎるとめっちゃ甘々コッテリになってしまうので注意が必要です。お好みで調整しましょう。

キャンプファイヤー ミニマシュマロ マシュマロクッキー

コンベクションオーブンにオーブンシートを広げて、マシュマロを並べて低温で焼いただけというマシュマロクッキーです。

こちらはマシュマロなのにモチモチの食感ではなく、カリカリサクサクな軽めの食感で、口の中でしゅわ〜んと消えてなくなりふわっと甘さが広がる、みたいな不思議な味わいでとっても美味しいです!

それこそ、コーヒーの付け合せでちょっと甘い物食べたい!って時にピッタリのスイーツとなりました!(゚∀゚)

作り方はとっても簡単で、120℃に温めたトースターで10分焼くだけで完成!アーモンド・くるみ・カシューナッツといったナッツ類をトッピングする場合は5分あたりで一度取り出し、柔らかくなったマシュマロの上からナッツでグッと押しつぶすようにのせて再度庫内に戻せばOKです。

焼けた直前はまだ柔らかい手触りなのですが、取り出して粗熱を取った後はまさかマシュマロとは思えないほどのサクサクな食感がなんともヤミツキになります。

ちなみに、私も旦那氏もそのままマシュマロとして食べるよりも圧倒的にクッキーにした方が好きです。同じ材料で作られているのに、熱を入れることでこうも変わるというのがなんとも不思議ですよね。

他にも、以前ジャイアントロースターマシュマロの記事で紹介したように、バターを塗った食パンに乗せてトースターで焼いて食べるマシュマロトーストや、マシュマロをフライパンで溶かしてキャラメルソースを作り、キャラメルポップコーンを手作りしたりといろいろ使えます。

さすがにこのサイズじゃバーベキューやキャンプファイヤーなどで炙って食べるといったことは難しいですが、製菓材料として利用することを考えると、カットする必要がなく、分量の調整もしやすいので、活用の幅はジャイアントロースターマシュマロよりも断然広いと思います。

そうそう!マシュマロといえば一度、札幌の「白い恋人」でお馴染み石屋製菓が出しているイシヤカフェというお店で、「チョコバナナとマシュマロのピザ」という、ピザ生地の上にチョコソースを塗り、スライスしたバナナを並べて、たっぷりのマシュマロを上に乗せて焼き上げた魅惑のスイーツをいただいたことがあるんですよ。

イシヤカフェ チョコバナナとマシュマロのピザ

このマシュマロがあれば、あのとき食べた「チョコバナナとマシュマロのピザ」が家にいながら再現できるかもしれん(´艸`*)

めっちゃ甘くてカロリー爆弾な雰囲気はありますが、このマシュマロがあるうちに一度は試してみたいなぁ。。

おすすめ度:★★★

コメント

  1. 6
    りんこん says:

    気になっていた、マシュマロ。レビューありがとうございます。
    簡単チーズケーキ用に買おうかと、迷ったのですがあまり匂いが強いとチーズの風味がなくなってしまうので、結局買わずに帰ってきました。
    レビュー見て一安心。次回は持って帰りたいです。

  2. 5
    みぃ@千葉ニュー says:

    こちらのマシュマロを無糖ヨーグルトに入れて生クリームとフルーツも入れてよーく混ぜて一晩冷蔵庫で寝かすとめっちゃ美味しいです(*´∀`)

  3. 4
    ゲスト says:

    詰め合わせ と言う表現に違和感が…
    1種類の物にも使う言葉かな??

    • コス子 says:

      ご指摘ありがとうございました!訂正させて頂きました〜

    • 豆だす says:

      細かいことですみません。つい気になってしまって
      「巨大マシュマロの詰め合わせだと思います。」
      訂正はこの文章のことですか?なおっていませんが…

    • コス子 says:

      おっと!そこにもありましたね。大変失礼致しました。詰め合わせの部分、訂正させて頂きましたー!

  4. 3
    すっとこ says:

    こちら最近購入しました。
    マシュマロトーストにしたり、ココアに浮かせたりして楽しんだ後にジブロックに入れ替えて置いておいたら、あっという間に子ども達に食べ尽くされてしまいました。
    がしっと一掴みして、そのまま口にインが丁度良かったみたいです。

    マシュマロクッキー美味しそうですね。
    試してみたいけれど、またあっという間に食べ尽くされてしまいそうで・・・

  5. 2
    マップル says:

    6歳と2歳の娘たちがマシュマロにハマっているので、この商品はとても興味があります!
    あの大きなマシュマロは2歳には大きすぎるな~と思っていたので(砂糖の取り過ぎという意味で)、この小ささなら食べる量も調整しやすいですね(^O^)

  6. 1
    なつりな says:

    これ、ヨーグルトに入れて使うのに良さそうですね!ババロアのようなフワ&シュワっとした食感が好きでよく作るのですが、よくある市販のマシュマロだと少し大きくて、わざわざカットしてたんです。これならそのままポイポイ〜でいいし、コーヒーやココアにもいいですね(^^)

    • あ~こ says:

      なつりな様

      ヨーグルトに入れて→混ぜて→食べる!
      ですか?
      ヨーグルトに入れて→混ぜて→放置→食べる!
      ですか?
      どんな風に食べてるか気になるので詳しく教えて下さると嬉しいです!

    • なつりな says:

      あ〜こ様

      ヨーグルトに入れてよく混ぜてから、一晩冷蔵庫で冷やして食べています(^^)
      あと、洗う手間は増えますが、別タッパーに移した方が、元の容器を使うよりも溢れる心配がないのでおススメです。中途半端に余ってる時はそのまま容器にポイポイして混ぜ混ぜしてます(^^)
      おためしくださいませ〜。

コメントを投稿