Pizzeria Italiana ピザマルゲリータ(冷凍ピザ) 

Pizzeria Italiana ピザマルゲリータ(冷凍ピザ)

Pizzeria Italiana PIZZA MARGHERITA 1.41kg
購入時価格:1,428円(2019年5月)
ITEM# 570146

コストコの冷凍コーナーで販売されていたイタリア産の冷凍ピザを購入しましたー!

冷凍ピザといえば以前、カークランドシグネチャーのチーズピザを購入したことがありますが、こちらはマルゲリータピザということでチーズだけじゃなく、トマトやバジルソースものっていてとっても色鮮やか!パッケージもいかにもイタリアな雰囲気で前から気になっていたんですよね〜。

コストコのピザといえば直径40cmのテイク&ベイクピザがお馴染みだと思うのですが、こちらはそこまで大きくはなく、比較的普通っぽいサイズのピザが3枚セットになっています。

これなら丸々オーブンに入れることができるし、もともと冷凍されているものなので賞味期限が長く、早く食べなきゃ!!と焦る必要もありません。

食べたい!と思った時に冷凍庫から取り出して焼くだけでそれなりに見栄えの良い食事になるし、ピザって手抜きなようで割とパーティー感があるから、たまーに焼くと家族も喜んでくれるんですよね。

イベントの時はもちろん、普通にご飯を作るのが面倒!という時にも良さそうだな〜と思い、今回はこちらを試してみることにしました!

しかしこちら、40cmはないにしてもそれなりに大きく、食べごたえがありそうです。しかもそれが3枚セットですからね(;´∀`)購入前はしっかり冷凍庫の保管スペースを作っておく必要がありますね〜。

商品詳細

Pizzeria Italiana ピザマルゲリータ(冷凍ピザ) 裏面ラベル(原材料ほか)

名称:ピザ
原材料名:ピザ生地(小麦粉、ひまわり油、イースト、食塩)、トマトソース(トマトピューレ、トマト果肉、オリーブ油、砂糖、食塩、オレガノ、バジル)、モッツァレラチーズ、トマト混合調味料(トマト、オリーブ油、食塩、バジル、にんにく)、バジルソース(オリーブ油、バジル、ほうれん草、レイベッカーゼチーズ、にんにく、コーンスターチ、食塩)、レイベッカーゼチーズ
内容量:1.41kg(470g☓3枚)
賞味期限:購入日より約1年
保存方法:-18℃以下で保存してください。
凍結前加熱の有無:加熱してありません。
加熱調理の必要性:加熱してお召し上がりください。
原産国名:イタリア
※一度解凍した製品は、再冷凍しないでください。

Pizzeria Italiana ピザマルゲリータ(冷凍ピザ) 箱開封(3枚のピザ)

箱から出すとこんな感じ。3枚のピザが1つ1つ密閉袋に小分けされた状態で箱詰めされていました。もちろん3枚とも全て同じトッピングのピザです。

このパッケージだと必要な分だけ1枚ずつ開封して焼くことができるので、残った分も衛生的に保管できるのがありがたいですね〜。

Pizzeria Italiana ピザマルゲリータ(冷凍ピザ) 開封中身(ピザ1枚調理前)

封を開けてみました。直径約30cm、厚みは約1.5〜2cm。形は完全に円形というわけではなく、微妙に歪んでいるところがなんとなく手作り感があります。

トマトソースが塗られている上にいろんな具材が乗っていますが、全体的に真ん中の方に寄った並べ方になっていて、ピザの端の方はトッピングが無い部分が3cmほど空いておりちょっとさみしい感じ。。

パっと見、トッピングは思ったより少なめかなー?な印象でした。冷凍なので仕方がないですが、この状態じゃとても美味しそう!って感じの見た目ではありませんねぇ。。

トマトソースだけではなく、角切りのトマトがランダムに散りばめてあるのと、モッツァレラチーズはすでに少しとろけた状態でトッピングされています。

原材料名に書いてあった「レイベッカーゼチーズ」というものが何なのかよくわからないのですが、もしかすると上にパラパラと振られている餃子の皮の欠片みたいな白いものがレイベッカーゼチーズなのかも?ちょっと、よくわからないけどイタリアのチーズなのかな?

そして緑色の水滴の跡みたいな感じにトッピングされているのがおそらくバジルソースということみたいです。さすがに冷凍のピザでフレッシュなバジルを使うのは難しい様子(;´∀`)

ピザ生地は24時間以上発酵させ、薪窯オーブンで焼き上げられたものが冷凍保存されているとのこと。

なるほど、確かによく見てみると、ピザの端っこあたりに微妙に焦げた跡みたいなのがあるので、完全に生のピザ生地が冷凍されているというわけではなく、一度空焼きみたいな感じで火を通してあるものみたいですね。

調理方法は、220℃に予熱したオーブンにフイルムを取り除いたピザを冷凍のまま入れて9分焼く、もしくは電子レンジで5分加熱と書いてあり、こちらを見て凍ったまま焼き始めるこの手のサイズのピザにしては、ずいぶんと調理時間が短い気がして本当に大丈夫かな?なんて思ったりもしましたが、一度下焼きされているということがわかればちょっと納得です。

Pizzeria Italiana ピザマルゲリータ(冷凍ピザ) 調理例

記載されたとおりにオーブンで9分焼きました!冷凍庫から出したばかりのカチカチの状態でオーブンレンジに投入したのに、ちゃんと綺麗に焼き色が付きましたよ〜!

冷凍状態で見るより、焼けたピザの方がはるかに美味しそうですね〜(*´艸`*)当たり前か!

焼く前は、トマト・チーズ・バジルがそれぞれ独立しているように見えましたが、火を入れることで具材が全体的に馴染んだように見えます。香りも良いし、見た目も華やかで美味しそう!

味について

Pizzeria Italiana ピザマルゲリータ(冷凍ピザ) カット

一言で言えば、海外のピザっぽい味で美味しかった!!

見た目よりはるかにあっさりした味わいで、意外に塩気が控えめなんですよね。その分、トマトの酸味とチーズの塩気、そしてバジルの風味がしっかりいきており、ソースというよりは素材の味で食べているようなピザでした。

ちょっと水分が多めで水っぽい感じも、かえってフレッシュな感じがして悪くないし、一口食べる度にモッツァレラチーズがモチっとした食感で、熱で溶けてビロッと伸びる感じもいい!

はじめは具材が少なくて寂しいかも〜?なんて思ったりしましたが、実際に食べてみるとトッピングの少なさはそこまで気になりません。ピザの具を食べるというよりは色んな味がするソースを絡めながらピザ生地を食べているという感覚で美味しくいただくことができました。

ただなぁ・・・残念なことに、肝心のピザ生地がちょっとだけイマイチなんですよね。なんというか全体的に硬めで食感がボソボソしているんです。

特にトッピングがのってない端の方は非常に硬い上に詰まった感じの質感なので、まるで乾パンかな?ってくらいに固く焼き上がってしまい、ひと噛みひと噛みする度に、口の中からバリッ!ボリボリッ!ゴリゴリッ!という音が鈍く響いてきて・・・結局、最後まで食べることはできず、ピザの耳の部分だけが綺麗にお皿の上に残るという食べ方になってしまいました。

このピザの生地感、どこかで食べたことがあるなぁ〜と思い返してみたら、以前ブログで紹介したカマンベールとパンのリースという商品を調理した時のパンの感じに少し似ているんですよね。

そういえばカマンベールとパンのリースも冷凍で販売されている商品だし、やはり冷たい状態でオーブンで焼いて仕上げるものだったんです。

フカフカのパンというよりは、水分が抜けてカスカスしたビスケットのような乾いた食感で、残念ながらあまり美味しいとは思えず・・・こちらもカマンベールとパンのリースと同様、下焼きされた冷凍のパン系の商品ということで共通するところがあるのかもしれないなぁ〜と思ったりしました。

ただ、しっかりトッピングがのっている部分に関しては特に固い!ってことはなく、むしろいい感じにソースの水分を吸って食べやすくなっていたので、もしかしたらひと手間アレンジを加えたりすれば、ピザ生地の食感が変わって、より美味しく食べられるかもしれません。

また、食感のある具材がのっているわけではないので、例えばサラミやスライスソーセージといったお肉系を加えてみたり、さらにチーズを足してみたり、スライスしたフレッシュトマトや相性が良さそうな玉ねぎ、マッシュルームなどを足してみたりしても良さそうですね。

トッピングを加えることでピザそのものの食べごたえも増すし、ピザ生地も水分を吸って多少生地の硬さが軽減するかもしれません。

まぁ・・・これだけトッピングしてしまうと、もはやピザ・マルゲリータではなくなってしまいますが(;´∀`)でも、試す価値はありそうなので残った2枚はちょっと工夫してみたいと思っています。

まとめ

トマトソース・チーズ・バジルのバランスがとっても絶妙!なんというか素材の味で食べるピザ!って感じなんですよね〜!あっさり系かつ海外っぽい味で美味しかったです。

海外っぽいといっても、変わった香辛料の風味があったり極端に辛かったりするわけでもないので、子供でも美味しく食べることができますよ〜(´艸`*)

実際我が家でも上の子が、食べる前は「この緑色のやつ取ってー!」と言ってましたが、一口食べた後はとても気に入ってガンガン食べていたくらいですからね!

しかし、このピザ生地に関しては、もう少しどうにかならんもんかねー?というのが素直な感想です。

調理方法やトッピングアレンジである程度カバーできるかもしれないので、色々と試してみたいとは思っていますが、少なくとも、記載されたとおりの調理法では、特にピザ生地の耳の部分はガリガリに硬く、とても美味しく食べることはできませんでした。

とはいえ、好きな方はとっても好きな味だと思います!いかにも海外!といった感じの味のピザがお好きな方はきっと気に入るんじゃないかな〜。気になった方はぜひ試してみて下さいね♪

おすすめ度:★★★

コメント

  1. 3
    コス子 says:

    UTさん、ももんさん
    冷凍のピザは水をかけて焼くということを初めて知りました!これであの冷凍パンの独特なパリパリ感が改善されれば大分印象が変わりますね!まだ残っているので試してみたいと思います〜!

  2. 2
    ももん@座間 says:

    海外のスーパーで冷凍ピザを買ったときに、レジのおねーさんに、水をかけて焼くのよ(ウインク)されたので、海外ピザは必ずやってますー。
    縁の部分にぺたぺたーと水をつけて焼くといいかもです。

  3. 1
    UT@久山 says:

    冷凍のピザは生地の部分に霧吹きで水をかけたり、霧吹きがなければ手で水をパタパタと付けた後にオーブンで焼き上げると、生地に水分が行き渡って美味しく焼けることが多いです!
    このピザにしたことはないので、上手くいくかわからないですがお試しあれー!

コメントを投稿