アーティザンロール 12個入り

アーティザンロール 12個入り

アーティザンロール 12個入り
購入時価格:798円(2020年5月)
ITEM# 93343

コストコで見たことがないベーカリーを発見!新商品のポップが出ていたので最近発売されたばかりの商品だと思います。

パっと見の印象だと、表面がパリッと焼き固められたフォカッチャみたいな感じでしょうか。。どこかハードパンっぽい雰囲気もありますが、実際に触ってみるとやや弾力があるふわっと系です。

すべて大きさ・形が整っており、12個が綺麗に整列した状態で袋詰めされていました。

ラッキーなことに今回は、新商品にもかかわらずクーポンで100円引きになっておりまして、698円で購入することができたんですよー(゚∀゚)1個あたり約58円です。

「アーティザン」という名称は熟練した職人のことを差す、もともとはヨーロッパに由来する名称でして、名前から推察するに高品質の材料と職人の技術を使って作られたパンという意味かと思われます。

コストコには以前、アーティザンブレッドという名前のハード系のパンが販売されていたのですが、今回のアーティザンロールは、これまでのそういったパンともちょっと違い、サイズもやや小ぶりだな〜と思いました。

商品詳細

アーティザンロール 12個入り 商品ラベル(原材料・カロリーほか)

名称:パン
原材料名:小麦粉、食塩、イースト、大麦麦芽粉(一部に小麦を含む)
内容量:12個
保存方法:直射日光・高温多湿をさけて保存
消費期限:加工年月日翌日まで
※この製品は卵、乳成分、そば、落花生を使用した設備で製造しています。
栄養成分表示(100gあたり):熱量 240kcal、蛋白質 8g、脂質 2g、炭水化物 48g、食塩相当量 1g ※この表示値は目安です。

アーティザンロール 1個

こちらが1個取り出してきたものです。

10cm×10cmのスクエア型で厚みは一番膨らんだところで4cm。手のひらに収まるくらいの大きさのパンです。クープは一箇所、縦にざっくり。

アーティザンロール 1個(横から)

特徴なのはこちら、すでに真ん中あたりが横半分にスライスされているんですよ。

いや、スライスされているというかイングリッシュマフィンのようにガイド的に切れ目が入っていまして、真ん中の部分だけがつながっているような感じになっているのです。

なので、おそらくこちらは上下に切り離して何かを挟んで食べる、サンドイッチな食べ方を前提として作られているパンなんだと思います。

手にとったときの第一印象はコストコベーカリーで人気のトルタサンドイッチロールに似てるな〜と思ったんですよね。

ひょっとしてトルタのミニバージョン?とも思ったのですが、トルタの方が表面がパリッと固めなのと、もっと手触りがツルッとしているというか、表面にテカテカと光沢があるんですよね。

それに対してアーティザンロールは、細かく粉砕したコーングリッツのような粉が全体にまぶされており、少しザラザラした手触りをしています。

原材料を見てみると本当にシンプルで、余計な添加物などは一切使われていません。そのせいか消費期限は購入日翌日までと非常に短いです。

コストコベーカリーは定番のディナーロールをはじめ、加工年月日含め3日間というものが多いんですけどね・・・それよりもさらに短い!!食べきれない分は、早めに冷凍保存した方が良いと思います。

アーティザンロール 半分にカットした様子

真ん中をカットしたらこんな感じ。チャバタっぽいボコボコした大きな気泡がパン全体に広がっています。外側はパリッとしていますが、中はしっとり・もっちりしています。

味について

アーティザンロール サンドイッチ

真ん中からカットしやすいので、とにかくサンドイッチ作りが簡単!しっかりしたパンだからガシッと挟みやすいし、サイズも小ぶりなので食べやすいです。

ハード系という感じではありませんが、もっちりとした噛みごたえがあるパンなのでお腹にも溜まりやすく、これ1つでサンドイッチを作ったらそれで十分というくらいにしっかりと食べごたえがあるパンでした。

味わいは割と塩系で砂糖っぽい甘味は無く、素朴でとってもシンプルな味わいのパンでした。色々な食材との相性が良さそう(´艸`*)

これでサンドイッチ作るとそれだけでなんとなくおしゃれな雰囲気になるし、使い勝手良さげでいい感じです。

1つ注意が必要なのは、サンドイッチの具材をモリモリ詰めすぎない!ということ。

私は家でサンドイッチを作る時は、なんか一杯入ってたが方が美味しい気がする・・・という理由で、冷蔵庫の残り野菜や昨日の夕飯の残りなど、とりあえず何でも適当に入れちゃうクセがあるんですよ(;´∀`)

トルタサンドイッチロールくらいのサイズがあれば、それでもそれなりにサマになって美味しいのですが。。

アーティザンロール サンドイッチ(具沢山)

同じ感覚でこちらにモリモリ挟んでしまうと、見た目はまぁ美味しそうですが食べる時がすごく食べにくくなります。

一口食べる度に横から具材がボロボロ落ちてしまうんですよね〜。

つい、欲張りたくなっちゃいますが、このパンに関しては、あまり厚みが出るような具材の挟み方は避けた方が良いかもしれないなぁ〜と思いました。

まとめ

コストコの新商品として登場していたアーティザンロールは、1人前のサンドイッチを作るのにピッタリなパンでした。

この手のコストコベーカリーの中ではやや小ぶりなサイズかな?と思いましたが、表面パリッと、中はもっちり系のパンなので結構お腹に溜まり、こちらに具材を挟むとそれだけでしっかりとした1食になります。

ただ、シンプルな材料故に消費期限が短いので、食べきれない場合(おそらくほとんどの人が期限内では食べ切れないと思うけど・・・)は、早めに冷凍保存することをオススメします。

挟む具材を選ばない、とても使い勝手の良いパンなので、ストックしておくととても重宝すると思いますよ!気になる方はベーカリーコーナーをチェックしてみてくださいね♪

おすすめ度:★★★

コメント

  1. 6
    こっとん says:

    トルタサンドイッチロールや固いパンが好きで、先日 買いました!
    割り引きしてた冷凍からあげ&野菜を挟んでサンドにしたら、小学生男児も喜んでました♪
    暑いし、すぐに冷凍庫へ~

  2. 5
    浩志@札幌 says:

    私の所もジップロックコンテナに二個、袋のままで二個の状態で冷凍しました。残り二個のうち一個は明日にサンドイッチにして食べる予定。
    コストコのハード系のパン類を食べると他所の物に食指が動きません。新顔を見付ける度に悩むのも楽しい(笑)。

    クーポンが出てたので迷いなく購入。クーポンが無ければ?

  3. 4
    土日は北九州 says:

    私も100円OFFで購入しました。甘みが無い好きなタイプのパンです。
    このアーティザンロールの切り込みは不思議な入れ方ですよね。横一直線にカットするほうが機械も複雑じゃないと思うのですが、マシンだからこんな切り込みも出来るのでしょうか。

    コス子さんはいつもとても美味しそうにサンドイッチにされているのですが、ぶきっちょなのでオープンサンドにしたり、コルビージャックチーズやゴルゴンゾーラチーズを乗せて焼いたり。

    4日に行った時もう一度買おうかとベーカリーに寄りましたがアーティザンロールは見当たらず、新商品としてトルタサンドイッチロールが並んでました@久山倉庫店。

  4. 3
    みねんこ says:

    真ん中の切れ目をはがして、オーブンサンドにして食べました。
    スペインのパン・コン・トマテ。トマトとニンニクのすりおろし、オリーブオイルをかけてトーストしました。トマトソースじゃなくて、トマトをすりおろすのがポイント!トマトのフレッシュな感じが美味しいです。コス子さんがおっしゃる通り、サイズ感がいいですね。
    添加物が入っていないというのも嬉しい。
    カークランドのコルビージャックチーズもその上にのせると、これまた美味!商品外れてしまいますが、このチーズの美味しさも再確認です。

  5. 2
    ぽちくろ says:

    西暦220年は三国時代の魏が建国され、曹操が亡くなった年……卑弥呼さまぁ〜!がいた頃。
    参考はウィキ( ̄▽ ̄)

  6. 1
    ゆっきー says:

    コス子さん
    購入時期の部分、220年になってます笑

    • コス子 says:

      ゆっきーさん、ぽちくろさん
      ご指摘ありがとうございます!220年!!笑

      大変失礼しました!訂正させていただきましたー!

コメントを投稿