クイジナート メタルトースター 4枚用(RBT-1285PCJ)

クイジナート メタルトースター 4枚用(RBT-1285PCJ) 外箱

Cuisinart Metal 4slice toaster
RBT-1285PCJ

購入時価格:5,980円(2020年7月)
ITEM# 17490

7月にコストコへ行った際に、ひと目見て思わず衝動買いしてしまったクイジナートのポップアップ式オーブントースターです!

アメリカのキッチン家電ブランド「クイジナート」の商品は、コストコでもいろいろと取り扱われていますが、このトースターを見たのは初めて!一度に4枚のトーストを焼くことができるのだとか。

日本ではトーストを焼くと言えばやはりオーブントースターが主流で、いろんな食材を乗せて焼いたり、トースト以外のものだって調理できるし、最近はお手頃価格のものから色々な機能を搭載したハイスペックなものまで選ぶことができるので、もはやパンしか焼けないポップアップトースターなんて時代錯誤な感じもするのですが・・・

実は私、ポップアップトースターにとっても憧れがありまして、以前からこういったメタル調のカッコいいトースターが欲しい!と思っていたんですよ〜(´ω`*)

焼き上がったら自動的にポン!とパンが飛び出てくるというギミックも良いし、何より縦にパンを差し込んで入れるというのが面白い!と思ってしまうのです。バイト前にタイムカードを押す、的なあの動きに似てる気がして、調理っぽくない感じもなんだかワクワクします。

でも今の時代、逆に贅沢品となったポップアップトースターはどこのお店で見ても結構いいお値段だったりするのでなかなか手がだせず( ゚д゚)我が家にはコストコで買ったコンベクションオーブンがあるので、普通にパンをトーストする分には全く不自由していなかったため、気にはなりつつも優先順位は低いものだったのですが・・・

今回、コストコで見つけたこちらはなんと!5,980円だったんですよ〜〜( ゚д゚)( ゚д゚)

えー!!うそ、これ本当にこの値段??これまでいろんなメーカーさんの商品を見たけど、気に入った商品は基本万超えだったのに、それが5,980円!!?

いやもう、これは買わねば!!と思ってしまいました〜!!

今思えば、4枚同時にトーストを焼くなんてことは滅多にないので我が家で利用するにはオーバースペックな感じもしますが、それでも今後、この価格で同じような商品を買える気がしなかったので、今回は思い切って衝動買いです。

なお、当然のようにこちらもコストコあるあるが発動しまして、家に持ち帰ったら想像よりもかなりサイズアップしてしまいました・・・置き場どうするよ( ゚д゚)

商品詳細

品名:Cuisinart Metal 4slice toaster 
形名:RBT-1285PCJ
電源:100V 50/60Hz
消費電力:1250W
外形寸法(約)本体:幅27.5cm×奥行28cm×高さ20cm
ほこりよけカバー:幅10.5cm×奥行16cm×高さ1cm
重量(約)本体:2.5kg
パンくずトレー:1枚46g×2枚、ほこりよけカバー:1枚53g×2枚
コードの長さ1.5m
付属品:パンくずトレー2枚、ほこりよけカバー2枚

クイジナート メタルトースター 4枚用(RBT-1285PCJ) 本体(正面)

メタリックなボディとツマミやボタンの感じも私好み・・・(゚∀゚)

4枚焼けるとのことでコックが2箇所あるのですが、正面から見たらまるでロボットの目みたいに思えて、見れば見るほど愛らしい姿をしております。

初めて取り出した時は、Eテレ「おかあさんといっしょ」に出てくるガラピコに似てるなぁ〜なんて思ってホッコリしちゃいましたが、画像検索してみたら全然似てなかった( ゚д゚)

まぁ、ビジュアルはともかくとして、4枚用ということもありトースターのサイズはなかなか大きくて大変です(;´∀`)ちょっとした高級電気炊飯器くらいの大きさはあるので置きどころはかなり悩んじゃいますねぇ。

クイジナート メタルトースター 4枚用(RBT-1285PCJ) 本体(上から)

パンの投入口は最大4枚切りという分厚い食パンまで対応しています。

4枚焼けるからといって、毎回4枚同時に焼く必要はなく、1枚・2枚・3枚・4枚と必要な枚数を選んで焼くことができます。

トースト1枚から焼ける!というのはやっぱりありがたいですよね〜。「SINGLE」というボタンを押すことで、一番右側の投入口に入れたパンのみを焼くことができるという仕掛けになっていまして、本当によく使うボタンです。便利だ〜!

パンをセットすると同時に内蔵のアジャスターがパンを両側から支えてくれるので、薄いパンでもガバガバになるということはなく、しっかり焼いてくれますよ。

なお、投入口はむき出しの状態になっているので、使わない時は埃よけカバーという蓋をしてカバーします。

クイジナート メタルトースター 4枚用(RBT-1285PCJ) 本体(ボタン部分)

パンをセットした後、レバーを押し下げることではじめて電源が入ります。

焼き上がるとレバーが勝手に戻り、さらにそのレバーを上に引き上げることで、こんがり焼けたパンを取り出すことができます。

一番下のコックは焼き色調節レバー。1〜7段階まで薄い色から濃い色まで、好みの焼き色に調整することができます。これもとっても大事な機能!気分によってこんがり焼き目を付けたり、あまり焼きすぎないようにしたりと、いろんな焼き加減で楽しめます。

真ん中のコントロールダイヤルは、焼くパンのモードを変えることができます。一番上はシンプルに食パンのトーストですが、他にもベーグルモード、ワッフルモード、ペストリーモード、イングリッシュマフィンモードなど、焼くものの種類によって使い分けることができるのです。

ワッフルモードは、これでワッフルを作るということではなく、たぶん冷凍ベルギーワッフルみたいなすでに調理されたものを温め直すときに使うモードかな。

ペストリーモードというのはトースターペストリー(密封されたパイ)という、フィリング入りのパイのことを言うそうです。外国ちっくでなかなか活用できそうにないのですが、要するにランチパックのパイバージョンみたいな感じ?

とりあえずランチパックを買った際には、一度このモードで焼いてみたいなぁ〜とちょっぴり妄想。

クイジナート メタルトースター 4枚用(RBT-1285PCJ) トースト(食パンを焼いた)

5枚切りトーストをトーストモードで焼いてみたらこんな感じです!いろいろ試したのですが、焼き色の濃さは想像よりも付きやすい印象で、今回はレベル3(下から3番目)で焼いています。

長細めの山切りカットの食パンだと頭の部分がはみ出てしまうことがありましたが、通常サイズの食パンであれば、全く問題なく均一に焼き目を付けてくれます。

そして、肝心の焼き上がり。通常のトースターと比べて熱源が近いからでしょうか、外側はカリッと焼けつつも、中の方は水分が逃げすぎずフワッと焼き上がりましたよ!

ただなぁ・・・いや、すみません。正直に言いますと、多分トーストの味そのものはコンベクションオーブンで焼いた美味しさと、そこまで大きくは変わらないと思います。

トーストの美味しさを10段階で表すとすると、コンベクションオーブンの仕上がりが「7」だったら、ポップアップトースターが「8」くらい。ほんのわずかにポップアップトースターのほうが美味しいかな!?くらいな感じです。

ポップアップトースターのほうが焼けるのが早いので、中のフカッ!モチッ!とした食感が顕著に感じられるような気がしています。

辻和金網 手付焼網

覚えてる方は居るかな?実は我が家には、コンロでトーストを焼くための辻和金網手付焼網というグッズがあります。

こちらは以前、コストコライフを充実させる、2015年買って良かった便利グッズたち(番外編)で紹介させていただいたアイテムなのですが、やはりトーストは直火で網焼きするのが一番美味しい!!と思っています。

遠火で焼くことで短時間で焼き上げるので、中の水分が蒸発しないまま、電気よりも圧倒的に素早く、高温で焼き上げることができます。

正直、トーストの美味しさで言えばダントツで網焼きトーストが「10」です。

じゃあポップアップトースターいらんやん!( ゚д゚)・・・って感じなのですが、この網焼きで綺麗にトーストするのには少し慣れが必要なのと、ちょっと油断すると失敗してしまい焼き上がりにムラがでてしまうんですよね。

その点、ポップアップトースターは、どんな状況でも安定して「8」の仕上がりで美味しく焼くことができるという点は強みかな〜と。

しかもこちら、「DEFROST」というボタンがありまして、こちらを使うと冷凍したパンを凍ったまま焼くこともできるんです!

クイジナート メタルトースター 4枚用(RBT-1285PCJ) ベーグル(冷凍ベーグルを焼いた)

最近ハマっているのが、冷凍保存したベーグルを、そのままポップアップトースターにセットして冷凍モードで焼く!というものです。

ベーグルは解凍方法を間違えるとめちゃくちゃ硬くて噛めなくなってしまったり、水分が抜けてスッカスカになってしまったりして、私も他のパンと比べてかなり気をつけて調理するようにしているのですが(コストコベーグルの解凍方法

こちらに関しては、何も考えずに冷凍モードでセットするだけで、すごくいい感じにベーグルを調理してくれるんですよ。これが本当に楽!!

ベーグルモードは通常のトーストモードと比べると出力が弱いようで同じ焼色の番号に合わせても焼き色が付きません。でも、外側はパリッと温かく、しっかり中はフッカフカになります。

そのままクリームチーズを塗ったり、ベーグルサンドイッチを作るのにピッタリでしたよ!

クイジナート メタルトースター 4枚用(RBT-1285PCJ) パンくずトレイ

お手入れの手軽さも重要ですよね。こちらは底の部分にスライド式の着脱可能なパンくずトレイがついています。おかげで本体を持ち上げる必要もなくお手入れができるのでとっても簡単です。

まとめ

もしかしたら自己満足なのかもしれません。これを使って焼くと、他とは違う格別に美味しいトーストが焼ける!というわけでもないし、具材を乗せたりチーズを乗せて焼く、なんてこともできず、とにかくパン焼きに特化したアイテムなので、じゃあ別に普通のトースターで良いじゃんといわれれば、うんまぁそうだねとしか言いようがないのですが。。

でも、私はとっても満足しています(´ω`*)こちらが来てからやたらとトーストが食べたくなるので朝ごパン率が圧倒的に上がりました!

常温でも冷凍でも、どんな状態でも間違いなく80点のトーストを焼くことができる安定性と、パンをセットする行為が楽しい!しかも、想像しているよりかなり安く買えた!!私にとっては、それだけで十分です。(´艸`*)

また、朝はお弁当を作ったり、ちょっとしたおかずを焼いたりするのにトースターを使うシーンがありますので、そういった渋滞しがちな時でもパンだけはこちらで焼けるので、そういった点でもとっても助かっています。

やたら大きかった!!というのは欠点といえば欠点ですが・・・この大きさがなければ、きっとロボットのような癒やしの表情も見れなかったと思うし、別に良いか。

とりあえず現状はキッチンカウンターの上に乗せていますが、個人的にはまだ定位置という感じではなく・・・なんとか居心地の良い場所を作ってあげたいと思っています。

動画レビュー⇒クイジナート メタルトースター(サイズ感の参考にどうぞ!)
使っている様子⇒ベーグルを焼いてみた

おすすめ度:★★★

コメント

  1. 5
    アクアっち says:

    楽天でクイジナートの2枚用ポップアップトースターが1万超えでした!!4枚用でこのお値段は安いですね~!良いな~欲しいけど置く場所ないな^^;

  2. 4
    メープルママ says:

    デロンギってデザインが良いからオイルヒーター、ジェラートメーカー、ワッフルメーカーなど購入しましたが、どれも悪くはないけれど、やはりどれも買い替えました。トースターの使い心地も、なんとなくわかります笑

  3. 3
    はや says:

    憧れのあるインテリアわかります!
    私は昔から何故か鳩時計が好きです(´∀`*)
    旦那さんにはそんなうるさそうなのいらんとずっと阻止されてます

  4. 2
    ベリー@神戸 says:

    4枚切り対応!
    ポイント高いですね。実家の昭和生まれポップアップは5枚切りまでしか入らなくて、5枚切りもたまに引っ掛かって出てこなくて菜箸でほじくり出してたのを思いだしました。

  5. 1
    ぜんちゃん 中部 says:

    NHK Eテレの『プチプチ・アニメ』|〝ロボット パルタ〝に似ていますねェ~。
    https://www6.nhk.or.jp/anime/program/detail.html?i=petit

    • コス子 says:

      素敵な友達〜♪

    • ぜんちゃん 中部 says:

      やけたよぉ~っ
      ┏━━━┓
      ┃◯│◯┃
      ┃ u ┃
      ┗━━━┛

コメントを投稿