カークランドシグネチャー 冷凍エビフライ 1.13kg

カークランドシグネチャー 冷凍エビフライ 1.13kg

KIRKLANDSIGNATURE Panko Breaded SHRIMP 1.13kg
購入時価格 2,780円(2018年9月)

コストコの冷凍コーナーに並んでいる「冷凍エビフライ」を購入しましたー!こちらはコストコのプライベートブランド、カークランドシグネチャーの商品です。これ、ずっと気になっていたんですよね〜。

冷凍エビフライそのものは、スーパーでも販売されていてそれほど珍しいものではないのですが・・・スーパーで販売されている冷凍エビフライって、エビを下処理して厚めに衣をまぶしたものが非加熱の状態で1匹ずつトレイに並べられているのが一般的じゃないですか?

一方こちらは「BAKEABLE」、加熱調理済みの商品なんです。なので、すでに油で揚げて出来上がった状態のエビフライが冷凍されているわけでして、つまりどういうことかといえば、実際に調理する際に揚げ油が必要無い!ということなんですよ〜(゚∀゚)

もはや油で揚げる必要もないエビフライなので、めっちゃ調理の手間が省けちゃう!斬新やな〜(゚д゚)初めて見た時はこの手があったか!という感じでした。

こういったカツ・天ぷら系の冷凍食品って、揚げるだけで食べられるなんて便利〜!!と思い、購入して冷凍庫に入れておいたりもするのですが、肝心の「油で揚げる」という調理が面倒で、実際はなかなか作らなかったりするんですよね。

でも、今回購入したカークランドの冷凍エビフライは、油で揚げる必要が無いため、とっても気軽に使えそう!

尾付きのエビフライがお弁当に1〜2匹入っていると、それだけで豪華に見えますし、メイン食材やちょっとした付け合せにと色々と使い勝手が良さそうなので、試しに買ってみることにしましたよ〜!

商品詳細

名称:えびフライ(加熱用)
原材料:えび、衣(小麦粉、とうもろこし粉、食塩、タピオカでん粉、米でん粉、乾燥酵母、ぶどう糖、砂糖、ホエイパウダー【乳製品】、粉末にんにく、粉末玉ねぎ、大豆粉、粉末卵)、揚げ油(大豆油)、増粘剤(キサンタンガム、CMC-Ca)、加工でん粉、pH調整剤、膨張剤、カロチノイド色素
内容量:1.13kg
賞味期限:購入日より約4ヶ月先まで
保存方法:要冷凍(-18℃以下で保存)
凍結前加熱の有無:加熱してありません。
加熱調理の必要性:加熱してお召し上がりください。
原産国名:タイ

パッケージにはカークランドシグネチャーのロゴマークとは別に「SeaPak」という文字が書いてあります。

これは、シーパック・シュリンプ&シーフード・カンパニーというアメリカの冷凍海老を専門とする食品メーカーのことで、この商品はコストコとコラボして作られたアイテムということみたいです。

どうでも良いんだけど商品名の「Panko Breaded(パン粉をまぶして揚げる)」ってちょっとビックリですね。英語圏でもパン粉は「Panko Breaded」なんだなぁ。。

カークランドシグネチャー 冷凍エビフライ 1.13kg 内袋

Oh・・・(゚д゚) 想像していなかった箱の中身。加熱調理済みのエビフライが1つの袋にどっさり詰められています。

エビフライが1匹ずつ綺麗に整列しているわけではないのは言うまでもありませんが、トレイすらも使われていないのって日本メーカーの感覚からすればすごい違和感があります。

おかげで内容量はたっぷりなのですが・・・なんというか、すごい大雑把な感じ。。このパッケージだとフライの衣が剥がれてボロボロになっちゃうんじゃ・・・?と少し心配になってしまいますね。

実際、袋の底の方にはフライの衣が剥がれて溜まっているのが見えるのですが、だからといってエビフライそのものは衣がハゲハゲになってる!というわけではなく普通にエビフライでした。

衣が多少剥がれるのも想定内と言わんばかりに、エビフライの衣はしっかり厚めにまぶされている印象があります。

内容量は1.13kg入りということで1箱あたり約40〜50匹のエビフライが入っていると箱に書かれていました。内袋はジッパーなどがついているわけではない普通の袋だったので、開封後はジップロックフリーザーガロンに移し替えて冷凍庫に入れております。

その時についでに数えてみたところ・・・全部で46匹の海老が入っていました!なので、1匹あたり60円程ということになりますね。

カークランドシグネチャー 冷凍エビフライ 1.13kg 袋から出した

こちらが取り出した中身です。大きさは約8〜10cm(尾も入れて)ですが、自然の生き物ということもあり微妙〜に大きさの違いがあります。おおよそ2口〜3口位で食べられるサイズですね。ちゃんと尾の部分がピン!と上を向いていて見栄えも良いです。

また、普通のエビフライのように長細い形ではなく、丸っこく平たい形状をしているのは、バタフライシュリンプ(海老の背中を割って開いたもの)を使用しているからと説明文に書かれていました。

あと、冷凍食品なので取り出した時点では凍ってカッチカチなわけですが、フライの衣はすでにこの時点でかなり濃い目の揚げ色が付いております。

パッケージに書かれている調理方法によると、220℃に予熱した家庭用オーブンの中段で16〜18分ほど加熱(6分ほどで裏表をかえすとより美味しく出来上がります)したのち、オーブンから取り出し2分ほど置いたら完成!

油で揚げる必要はありませんが、焼き直しという作業は必要になります。

カークランドシグネチャー 冷凍エビフライ 1.13kg 調理した

調理したよ〜!基本オーブン任せの放置調理なのでとっても簡単でした!凍ったまま天板に並べて時間どおりに焼くだけ!ただ、調理中に少し脂が浮いてきますので、余分な油はペーパータオルで取り除きました。

全然ふにゃふにゃしておらず、まるでしっかり目に揚げられたかのように衣はカリカリしています。特にソースなどはついていなかったので、タルタルソースは自分で用意しました。

味について

おっ・・・なんかいつも食べるエビフライとはちょっと違う感じがするなぁ。。まず、衣が思っていた以上にしっかり固めなんですよね。食感がガリガリ・ゴツゴツしているというか。。

普通にフライを作る時って、衣は基本小麦粉・卵・パン粉を使うものだと思うのですが、こちらはとうもろこし粉やタピオカでん粉といった色々な粉が使われているんですよ。

これらの食材が普段のフライには無いゴツゴツ感を出しているということなのかな?そして、これが温めるだけでもまるで揚げたかのようなしっかりした食感になる秘密なのかもしれません。

えびそのものは薄い塩味がついているだけで特徴的なスパイスが使われている雰囲気はありません。開いてあっても割と肉厚で、見た目は小ぶりですがしっかり食べごたえがありました。

カークランドシグネチャー 冷凍エビフライ 1.13kg カット断面

半分にカットしてみました。

えびをただ開いたというよりは、若干叩いて伸ばしたような雰囲気がありまして、おかげで海老の身そのものはプリプリというよりは、割としっかりした食感でしたね。生臭さなどはなく、美味しくいただくことができます。

しっかり海老の身を覆った衣の方に、粉末玉ねぎやにんにくなどの味付けがされているため、ソースなど何も付けずに食べても香ばしい味がついていますし、かといってそこまで塩辛めでもないので濃い味付けが好みの方はタルタルソースやソースをつけて食べたりすることも可能です。

ちなみに、初めて調理した時は記載どおりの方法でオーブン調理をしましたが、オーブンの予熱などを考えると、調理時間が結構かかってしまうので、それ以降は電子レンジ+オーブントースターで調理しています。

電子レンジで軽く解凍したのちに、オーブントースターのトーストモードで3分ほど加熱。取り出してペーパータオルで軽く油を吸わせてからお皿に並べております。

この方法だとオーブン調理ほどガリガリ!って感じにはなりませんが、しんなりすることなく美味しく食べることができます。お弁当おかずなどに1〜2匹調理するだけであればこちらの方が時短になるし、気軽に使えるので便利ですね〜。

まとめ

みんな大好きなエビフライは美味しいけど、作るのに何かと手間がかかりまして、私の中では気軽に作ろう!という感じの料理ではないのですが、こちらはすでに油で揚げた状態のエビフライが急速冷凍されているため、あらためて油で揚げたりする必要がなく、とっても手軽にエビフライが作れちゃいます。

こういったタイプのエビフライを購入したのは初めてだったので、なんだかとても新鮮でしたね〜。味も日本で食べるエビフライとはどこか違って、全体的に大雑把というか繊細さみたいなものは感じられない味ではありましたが、普通に美味しかったです。

なんというか、海外の屋台やワゴンなどで食べられるプレートランチとかに添えられてそうな・・・そんな雰囲気の海老フライでした。

あと、油を使って調理するわけではないのに、衣はしっかりザクザクな食感(むしろちょっと硬め?)に仕上がり、シナシナにならないのも印象的でしたね〜。衣に味が付いていて、冷めても美味しいのでお弁当おかずにもピッタリだと思います。

冷凍食品ということで賞味期限が長く、早く食べなきゃ!みたいな急かされることもないし、好きな分量を好きなだけ調理することができる点も便利ですね。

そんなわけで、大変利便性が高いアイテムなので、とりあえず購入してみたとしても冷凍庫の肥やしになるようなことはないと思います。気になる方はぜひ試してみてくださいね♪

おすすめ度:★★★

コメント

  1. 6
    ぜんちゃん 中部 says:

    天むす もいいけど、名古屋名物つながりで、「エビフライサンド」もいいかもォ~(⌒0⌒)/~~
    しゃきしゃき千切りキャベツにオーロラソースを一緒に挟んでイタダキマスぅ~。
    はぁ~コンパル行きてぇ~。

    • にん@川崎 says:

      ぜんちゃんのコメントみて思い出しましたが小さなエビフライなので、ディナーロールにはさむとピッタリサイズでしたよー!朝ごはんやおやつにその組み合わせで消費しました(*´ω`*)
      マスカルポーネロールにはさんでも美味しそう\( ´ω` )/

  2. 5
    A子@久山 says:

    これ、ずっと以前から気になっていて、手にとっては値段見て戻すってのを何遍かやりました。
    数日前もそうしてしまいました。

    値段もだし、一人暮らしだから量が多いって事でもある。
    でも1800円ぐらいだったら買うんだけど(^◇^;)

  3. 4
    にん@川崎 says:

    箱からは想像できない中身でしたのでワクワクしながら開けたら、コス子さんと同じ反応でした…( º_º )笑
    海老の大きさがかなりバラバラだったのにはビックリしましたが、味付けもしつこくなく手軽にぷりぷりの海老フライが食べられるので気に入りました〜(*´ω`*)
    自己責任ですが、しっかり加熱すれば大丈夫かな?と最後の方は面倒でレンジであっつあつにして食べてました。笑 意外と油があるので表面はサクサクに仕上がり美味しかったですよ( ˆωˆ )

  4. 3
    おみや says:

    電子レンジでチン。だけではダメですかね(笑)

  5. 2
    jiji says:

    つい先日初めて買ったこちらの商品、確かに中身を見た時にちょっと驚きましたー(笑)
    我が家はコンベクションオーブン低温で温めて、お塩を少しきつめにかけ、天むすにしてみましたが、美味しかったです。
    調理済みなので、温めずに冷凍のまま天むすにして、食べるときチンするって手もありかもしれないと思いました。

    • コス子 says:

      jijiさん
      なるほど天むすですかー。衣に味が付いてるしサイズ感もピッタリですね!チンで調理すれば衣がフワッとなりそうだから天むすみたいな楽しみ方もできそうですね(*´ω`*)

  6. 1
    さゆりん@久山 says:

    こちらの商品 気になっていましたが、原材料に 粉末にんにくとあり、お弁当に入れるのは難しいのかなぁ?と躊躇し 未だ購入には至っておりませんが 、そこまでガッツリにんにく臭がしないなら 買ってみようかな と思いました。

    • コス子 says:

      さゆりんさん
      そうですね。あまりにんにく!って感じじゃないと思いました。お弁当に使いやすいと思います!

コメントを投稿