オキシクリーン マルチサーフェスワイプス(多目的ウェットシート) 2個

オキシクリーン 多目的ウェットシート 2個

OXICLEAN MULTI-SURFACE CLEANING WIPES 2ケース
購入時価格:868円(2021年8月)
ITEM# 1457129

コストコの人気商品にオキシクリーンという有名な酸素系漂白剤があるのですが、こちらはそのオキシクリーンが手掛けているお掃除用のウェットシートです。

この商品はコストコでは「車内用クリーナー」として販売されているんですよ。なので、お掃除グッズのコーナーではなく、カー用品売り場に置かれています。実際、パッケージの写真も「車内の拭き掃除にピッタリ!」な雰囲気満載!

でも、後の方の説明文を見ると「多目的ウェットシート」と書かれているんです。つまり、車内に限らず家庭内の色んなところのお掃除に利用することができるウェットシート、ということみたいなんですよね。

コストコで買える住宅用のお掃除シートといえば、私もずっと愛用しているカークランドシグネチャーのハウスホールドサーフェスワイプスがお馴染みです。

個人的な思いとしては、住宅用のウェットシートはハウスホールドサーフェスワイプで必要充分だし、1枚あたりの単価も今回購入したオキシクリーンよりもずっ〜と安いので、用途が全く同じということであればハウスホールドサーフェスワイプスで良いやん、と思ってしまうのですが・・・

あのオキシクリーンの商品だと思うと、なんとなく汚れ落ちの良さとかに期待したくなっちゃうんですよね。。

いつも使っているシートとの違いや使い分けできるか?なども知りたかったので、試しに購入してみることにしました。

商品詳細

オキシクリーン 多目的ウェットシート 2個 商品ラベル(用途・成分ほか)

名称:自動車 車・家庭用 掃除シート
用途:プラスチック、ゴム、窓ガラス、塩化ビニル、革、繊維に使用可能
枚数:(30枚/1個)×2個
サイズ:300mm☓240mm
成分:水、溶剤、界面活性剤(0.9%、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル)、防腐剤、香料
※用途以外に使用しない、幼児、認知症の方の手の届く場所、直射日光では保管しない。人体には使用しないでください。皮膚の弱い方はかぶれるおそれがありますので保護手袋を使用する。目に入った場合は15分以上水で洗い流す。

オキシクリーン 多目的ウェットシート 1個

こちらが1本。直径12cm×高さ21cmほどのプラスチック容器に入っています。いわゆるウェットシート用の容器と同じ仕様で、上の蓋をパカッと開いて1枚ずつ取り出して使うイメージです。

容器自体そこまで重いわけではないのですが、サイズが大きくてツルッとしていて持ちにくい為か、本体に指をひっかけて持ちやすくなるような凹み(取っ手部分)が付いていました。

オキシクリーン 多目的ウェットシート 取り出し口

パカッと蓋を開けたら、取り出し口が大きく開いています。おそらく手前の部分にシートをひっかけて、1枚ずつカットしながら取り出す仕組みになっているのだと思います。

・・・が、シートが頑丈すぎるせいか全然片手でスッとカットできる感じではないんですよね(;´∀`)

何度か試してみたのですが、一般的な除菌シートみたいに手軽に使える感じではなく、容器の工夫は活かされることなく毎回シートを取り出して、切り取り線に合わせて両手でピリピリちぎって利用しております( ゚д゚)

ちなみに、初めて使う時は容器にアルミシートが貼られている為、まずはアルミシートを剥がしてクリーナーシートをセットして利用します。

洗浄液の臭いなのかな?結構、臭いがキツめなんですよね〜。なんとなく、漂白剤のオキシクリーンに共通する香り、という感じがします。

オキシクリーン 多目的ウェットシート 1枚

取り出してみたらこんな感じ!洗浄液がたっぷり染み込んでいてしっとりしています。

これ、市販されている除菌シートみたいな「紙っぽい」感じではないんですよね。想像以上にかなりしっかり!な、ワイプとなっています。

同じお掃除シートのハウルホールドワイプスの質感とはまったく違いまして、かといって布でもなく・・・しいて言うならスコットのショップタオルを薄くしてゴワつかせたような感じかな〜。ちょっとくらい摩擦しても破れにくそうな丈夫さがあります。

オキシクリーン 多目的ウェットシート ハウスホールドワイプとのサイズ比較

1枚あたりのサイズは300mm×240mm。

オキシクリーン的には通常サイズよりも大きなエクストララージサイズらしいのですが、ハウルホールドワイプスと比べると小さめです。

そして注目すべきなのは、ウェスそのものをよく見てみると裏面と表面で微妙に素材の手触りが違うんです。

オキシクリーン 多目的ウェットシート 表面のアップ

表側はウェス一面に青いウニョウニョとした繊維的なものが浮き出ていまして、触るとガサガサするんですよ。まるでタワシのようになってて、硬くこびりついたような汚れをこそぎ落としてくれるような、引っかかるような触り心地になっています。

一方裏側は、全くガサガサした手触りはなく、柔らかくてフワフワしています。ガサガサしたウェスでは傷が付いてしまいそうな、そういった繊細な場所のお掃除をするのにはこちらのフワフワ面を使う方が良さそうです。

「2−INーDESIGN」と書かれていたのはきっとこの素材の違いのことですね!傷つきやすい素材とか、汚れがひどい場所など、お掃除する場所によって使い分けよう、ということだと思います。

このウェスが容器1本につき30枚入っていました。

容器が大きいせいか、30枚入りというのはスカスカで量が少ない印象かな〜。ちなみに、ハウルホールドワイプスの場合は1ケースの中に72枚ないし80枚のウェスが入っています。だから余計に1ケースの量が少なく思えたのかも。

使ってみた

実際にいろいろ使ってみて、私自身が思ったこと、気がついたことを羅列してみます。

●オキシクリーン溶液が入っている、というわけではないみたい

オキシクリーンという名前だからといって、酸素系漂白剤オキシクリーンの希釈溶液がシートに含まれている、というわけではないみたいでした。

オキシクリーンでつけ置きした時の汚れ落ちスッキリ!な効果はこちらには特に感じられず。あくまでも、オキシクリーンが手掛けているウェットシート、ということみたい。

●油汚れもまぁ落ちる。でもこれならハウスホールドワイプでよくない?

おそらく一番頑固な汚れが多いであろうキッチン周りで利用してみました。少し泡立つのが気になりますが、ヌルヌルが残るということはなくスッキリ系です。

洗浄成分とウェスのエッジが効いて、例えばコンロのベタベタ汚れなどはスッキリ綺麗に落ちます。が、ちょっと時間が経った汚れなどは残りがちでした。

ウェスにもべったり茶色い汚れが付いて「落ちた感」はありますが、ハウスホールドワイプと比べてこちらの方がめっちゃ落ちやすい〜!ということは特になさそう。

●窓ガラスに使える。鏡掃除もOK!

ハウスホールドワイプスは窓ガラスの掃除は不可なんですよね。でもこちらは「窓ガラス使用OK」と書かれていたので、窓の表面を直接拭き上げることができます。

ただ、拭くことができるのと汚れ落ちが良いというのはまた別の話で、こちらで窓を拭くと少し泡立つせいか微妙に白残りしてしまって拭き跡が目立ちます。鏡も同様で、サッと拭き上げた後は乾いたウェスで二度拭きが必要になります。

私は、窓ガラスや鏡はいつもオレンジクリーンマイクロファイバータオルでお掃除しているんですよ。

2段使いなのでそれをこちらウェス1枚だけで済ませることができる、という点は手軽かな〜?とも思いますが、個人的にはオレンジクリーン+マイクロファイバータオルの方が仕上がりが綺麗だと感じております。

もしかするとめっちゃ水垢に強いのかもしれない、と思って浴室の鏡をこれで拭き上げてみたのですが、頑固なウロコはばっちりそのまま残っていましたね。特に水垢に強い、というわけではなさそうです。

●革にも使える。

こういったウェットシートで「革」を掃除できるものって珍しいと思うんですよね。

わざわざ「革に使える」と書いてあるのはどういうことかな?と思ったのですが、なるほど車のシートの素材が革張りになってる車もありますので、そういった革製のシートもササッと拭き掃除できるよ!ということだと解釈しました。

革でも利用できるということは、財布やバッグといった革小物でも利用できるのでは?と思い、思い当たる革製品をちょっとフキフキしてみたんですよ。

結果、確かに目に見える手垢のような汚れはスルッと落ちたのですが、洗浄成分が強めなせいか微妙に革表面がガサガサするというか手触りが変わったように感じました。

あと、革に着色しているタイプのものはガッツリ拭くと色落ちします。

やっぱり革は革でも車のシート専用なのかな〜。革製品の掃除に使うのはやめておいた方が良いかもしれません。

●素手で使うと手が荒れる

成分が強いせいか、ハウスホールドワイプは素手で使ってもなんともない私ですが、こちらは素手で使うとすぐに手荒れしました。なのでこちらを利用する際は使い捨て手袋の利用を推奨します。

注意書きにも書いてありましたね。皮膚の弱い方はかぶれるおそれがあるとのことなので、私はこちらを利用する際は使い捨ての手袋を使うようにしています。

●洗浄成分が乾きやすい気がする

シートそのものはしっとりしていて洗浄成分をしっかり含んでいる感じがしますが、乾くのも早い気がしています。このプラ容器の蓋の部分が大きく開いているからかな〜?どうなんでしょう。。

●車内掃除

運転席、助手席、メーター回り、ハンドル等の内装周りはもちろん、内窓や運転席のスイッチ周りといった細かい部分などもサクッと綺麗にできるし、掃除できるほどの充分なサイズ感だと思いました。

車内掃除って水気が無い状況でお掃除することが多いので、こちら1枚で車内のお掃除ができる、というのは良いかもしれないなぁと思いました。サッと拭くだけで手垢系の汚れとホコリ汚れは一掃できます。

ただ、私の場合は素手では使えないので、車内で使う場合でもお掃除用手袋が必須となります。

まとめ

率直に言うと、住宅の掃除にめっちゃ良い!!っていう感じではないかな〜。汚れの成分にもよるとは思いますけど、家の中で発生する汚れに関しては、ハウスホールドサーフェスワイプスの方が良いと思いました。

汚れ落ちの良さはそこまで変わらず・・・でも価格は断然ハウスホールドワイプスの方が安いですからねぇ・・・。

というわけで、私が普段使うものに関しては、やっぱり今まで通りハウスホールドワイプスでいいよね!という結論になりました。

オキシクリーンが手掛けているアイテムだし、めっぽう汚れ落ちがすごいんじゃないか??ということを期待してしまいましたが、現状それは残念ながら期待はずれという結果になってしまいましたねぇ・・・。

ただ、ニオイに関してはハウスホールドワイプスよりもこっちの香りの方が好きかな〜!かなり強めではありますが臭くはなく、掃除してる!って感じで使ってて気持ちが良いです。

あと、もしかすると私が気が付かない素晴らしい活用方法があるかもしれないので、もしもこういうお掃除に便利だよ〜!みたいなのがありましたらぜひ教えてもらえると嬉しいです!

私も引き続き、色々と試してみたいと思います。

おすすめ度:★★

コメント

  1. 1
    ゆ〜☆ says:

    ●素手て→素手で…ではないでしょうか⁈

    • コス子 says:

      間違えた!よく、間違えます!
      訂正しました!ありがとうございました〜

  2. 2
    今その口なので。気付いたのは昨日です。さすがに腹壊しそう says:

    アルビスへ

    日曜に楽しみに買ったプチデザート?(プリン、クリーム、フルーツ)

    安いと思って買ったのか忘れたけど、消費期限が当日だったようです。
    値引きもなく、期限間近とも書かれていなかったような気がします。

    わーい!これ一個残っとる!そういう事だったのか、あの喜びを返して下さい。悲しい。

  3. 3
    上乃屋まむ@かみのやま says:

    このシート、拭いた後にすぐサラサラになる分、シート自体の乾きも早いですよね(苦笑)
    そんな時は少ーし濡らしてあげると、拭き取り効果が復活しますよ。霧吹きのほうがいいのかもしれませんが、私は蛇口からピタピタ水を垂らして、3度ほど復活させて使い続けました。

    私はハウスホールドワイプの匂いが受け付けないので、匂いという点ではこちらがいいのですが、価格的なところと、やはり”これでなきゃ”という用途をまだ見つけられてないので、悩みます。。

    フローリングでゴム足の付いた棚を動かした後の黒い引きずり跡も落としてくれるのはいいんですけどね。洗剤というか、布の繊維が汚れを掻き取る力が強力な感じがしてます。

    • コス子 says:

      まむさんの掲示板のトピック見ました!大変参考になりました〜ありがとうございます!特に2ヶ月後でもしっかり水分が残っているというのを知ってちょっと安心しております。
      確かに、ウェスそのものはかなり丈夫で使い捨てするのがもったいないくらいに感じました。

  4. 4
    加奈子 says:

    アイテム番号が違います

    • コス子 says:

      ご指摘ありがとうございます!訂正させて頂きました。

コメントを投稿