カナダ産豚肉 三元豚バラ真空パック

カナダ産豚肉 三元豚バラ真空パック

カナダ産 三元豚豚バラ真空パック
購入時価格:79円/100g(2019年1月)
ITEM# 90020

精肉コーナーで販売されているカナダ産三元豚バラの塊肉を購入しましたー!

コストコで購入できる豚肉は、ざっくり言うと国産・アメリカ産・カナダ産の3種類があるのですが、我が家ではすっかりカナダ産の豚肉が定着しております。

外国産のお肉は冷凍もので鮮度が不透明だったり、成長ホルモンなど健康面が心配だったりで、やっぱり安心な国産の豚肉を選ぶ!という方も多いと思うのですが・・・コストコで取り扱われているカナダ産豚肉は、そのすべてにカナダポークの品質保証マークが付いているんですよ。

カナダポークの品質保証マーク

この品質保証マークは生産→加工工程がはっきりしており、成長ホルモンやラクトパミンなどが含まれていない、国産品と比べても遜色ないという安全性を示したものです。

そして、カナダポークは加工工程の中で一度も冷凍処理されていないので味も落ちにくいんですよね。それでいて価格を見るとスーパーで販売されている国産豚肉の半額くらいで購入できるのでめちゃくちゃお買い得なんです!

我が家の場合、バラよりも三元豚肩ロースの真空パックを購入することの方が多いのですが、旦那氏からたまにはヘルシーな肩ロースじゃなくて、脂がのった豚バラが食べたい!と言われましてね・・・。

それならばと、以前から気になっていた豚バラの塊肉を購入することにしたのです。ネタとかではなく大マジです。普通は、ラーメン屋さんとか業者さんとかがこういうお肉を買っていくんだろうなぁ。。

カナダ産豚肉 三元豚バラ真空パック 手に持った様子(サイズ見本)

これを買いましたー!正味量5.42kgです!赤ちゃんの重さだ!

三元豚肩ロースの塊くらいなら、もはやなんとも思わなくなってしまったくらい巨肉耐性がついた私でも、さすがに5kgオーバーのお肉にはちょっとビビってしまいました。でもね、この日はクーポンでたまたま通常価格よりも安く販売されていたんですよ。

豚肉ジャンルの中でも比較的高値で取引されている豚バラという部位が、100gあたり79円だなんてめちゃくちゃ安くない??

たぶんスーパーで販売されている豚小間とかよりも安いかも!?そして何度も言いますがこちら、一度も冷凍処理されていない品質保証されているお肉なのです!

これだけお買い得なら、もう〜これは買わなきゃ!!ってなりません?なりますよね!?(震え声)

カナダ産豚肉 三元豚バラ 焼肉用カット

ちなみにコストコには、このように焼肉用としてカットした豚バラも販売されています。大雑把に言えば、塊のお肉を開封し、繊維を断ち切るようにスパスパカットしたものが、上記のパックで販売されている豚バラ焼肉用です。

もとは同じですが、お店でカットする手間やらなんやらでどうしても、焼肉用カットの方が100gあたりの価格は高くなるので、値段を考えると塊で購入した方が断然お買い得!ということになるわけですね。

といっても、上記の焼肉用は99円/100gで購入したものなので、それで見ても他店の豚バラよりは断然お買い得なんですけどね。それだけ、79円/100gという価格が驚異的安さであるということが伺えるところだと思います。

あと、塊は真空パックなので、空気に触れているパック詰めより消費期限が長いというのも特徴です。

尚、こちらを購入したその日から、我が家は毎日豚バラ祭りだ〜!!というわけではありません。もちろん、豚バラ大好きな人が飽きるほど食べる!ということも、大人数のバーベキューパーティーで一気に消費する!ということも、この塊があれば可能なんですけどね。

でも我が家の目的は普段使い用!使いやすいように切り分け、小分けしたものを冷凍保存し、上手に使い切る予定です。コストコで買う巨大肉の活用法は、食べすぎない!食べ飽きない!が永遠のテーマなのですから(´ε` )

商品詳細

名称:豚肉
要冷蔵:4℃以下
正味量:5.42kg
消費期限:購入日より5日
購入時価格:4,282円
※加熱してお召し上がり下さい。

カナダ産豚肉 三元豚バラ真空パック 開封(まな板の上にのせた)

開封したらこんな感じ!我が家にある一番大きなまな板を使っても若干はみ出してしまうくらいの大きさです。

サイズは実寸で縦25㎝☓横幅53㎝ありました。真空パックでギュッと詰められていたせいか、開封するとさらに巨大化した気が・・・。

バラという部位のせいか、塊の状態だとなんかすごい、生々しいというか生き物感がハンパないですね。。( ゚д゚)

骨は全て除去されているので、肋骨周りのお肉なんかもそのままバッチリ残っています。これがいわゆる「中落ちカルビ」といわれる部位です。

バラ肉の塊は、こちらの写真で言う左方向の肋骨のあとがある側は、隣に肩ロースが続くということもあり脂が多く、柔らかめな肉質であるのに対し、右方向はもも肉に隣接している部位で比較的脂が少なめとなっています。

同じバラ肉でも、よく見れば脂が多い部分と少ない部分があるので、切る場所によって断面の感じは結構違いますし、食べた時の歯ごたえなども微妙に変わってきます。

具体的な調理例で言えば、例えば角煮なんかの煮込みは脂が乗った左側の方が向いてると思うし、焼き肉などではもも肉側の方が鉄板で焼いた時に油浸しになりにくいと思います。

カナダ産豚肉 三元豚バラ真空パック 裏側の脂身部分

裏側をぺらっとめくってみると、たっぷりの脂がぁぁ( ゚д゚)

驚いたことにこのお肉、この時点でドリップがほとんど出てないんですよ。

こういった真空パックのお肉って、開封したら中に液体が溜まっていたりすることもありまして、こちらは巨大なお肉なので、その分ドリップもタプタプなんだろうな〜なんて思いながら開封したのですが、全くと言って良いほど出ませんでした。

ドリップが少ないということは、それだけ細胞内に水分を保持しているわけで、お肉がパサパサになりにくいということだと思います。

あとこちら、開封してもぜんぜん臭くない( ゚д゚)これも嬉しい誤算でした!

お肉の臭みは脂から出ると言われているので、脂乗りの良い豚バラはケモノ臭みたいなものがあっても仕方ないかな〜?なんて思っていましたが、こちらに関してはいらない心配でした(゚∀゚)ベタベタ感も無いし、鮮度の良さが伺えます!

カナダ産豚肉 三元豚バラ真空パック カット断面

カットしたらこんな感じ。バラ肉は、赤身と脂身が交互に重なったような見た目をしていることから三枚肉と呼ばれたりもしますが、このお肉の断面を見ると納得です。厚みは約5㎝前後くらいでしょうか。

さっそく使いやすいサイズに包丁で小分けし、すぐに使わない分は鮮度が良いうちに冷凍保存しちゃいました。お肉も特に固いという印象はなく、カットしやすくて、そこまで大変な作業という感じではありませんでしたね。

味について

たっぷりの脂身もクドくなくて、甘味があってちゃんと美味しいです〜(゚∀゚)焼肉用のお肉と同じものなので私にとってはもはやお馴染みの味!安定してます。安心!

2倍位の価格で販売されているスーパーの国産豚肉と比べても遜色無い味わいというか、むしろカナダポークの方が美味しいのでは?な雰囲気すらあります。なので、この味だったら割高な国産豚を購入しなくても良いじゃん!ってなっちゃうんですよね。

もちろん、高級な国産ブランド豚などと比べれば味わいもかなり違ってくると思いますが・・・普通に食卓に出すために使うのであれば、こちらでも全然満足できます!あまりコッテリしておらず、比較的さっぱりした脂で食べやすく、いろんな料理に使いやすいです。

塊でお肉を購入するメリットは、自分が好きなように厚切り・薄切り・角切りなど、作りたい料理や食べる人の好み、食べたい量によってカットの方法を変えながら利用することができるということです。

例えば、焼肉用カットで販売されているものは、事前にスライスされていて厚みはどれも5mm前後くらいなので、このお肉を豚汁用に使うにはどうにも厚切りすぎるし、角煮なんかにするには薄すぎます。

つまり、事前にカットされているものは焼き肉や炒めものなどには使いやすいですが、ある程度使い勝手が限定されてしまうというデメリットがあるんですよ。

一方、塊のお肉は自分で切り分ければ、薄切りにして豚汁に入れたり、角切りにして角煮にしたり、もっと大きな塊を使ってチャーシューを作ってみたりと、いろんな調理で食べることができるので料理の幅がグンと広がるのです。

内容量が多いお肉だからこそ食べる方法が限られてしまうと、結局いつも同じ料理に使いがちで途中で食べ飽きてしまうんですよね・・・。

塊の状態だと自分でカットしなければならないという手間は必要ですが、実際にやってみると想像するほどの手間ではありませんし、むしろ大きいお肉捌いてる〜(゚∀゚)的な、なんとも言えない高揚感があって楽しいです!

それでいて塊の方が使い勝手が良く、飽きずに美味しく食べられて良い!

もはや、お肉は塊で買わない理由なんて無い!!・・・とすら、思っております(個人的な意見です。)

カナダ産豚肉 三元豚バラ真空パックで作った叉焼

大きな塊に切り分けたもので叉焼(チャーシュー)を作ってみました!

切り分ける時点でおおよそ1kg位の塊を2つほど作り、チャーシュー用にタコ糸を巻いた状態で冷凍保存していたものを使っております。

カナダ産豚肉 三元豚バラ真空パックで作った叉焼(カット)

いつも作っていた肩ロースの叉焼も良いけど、やっぱり豚バラだと脂が多いぶん脂身が濃厚でコッテリ美味しいんですよねぇ(´艸`*)

お酒のおつまみにしたり、ご飯の上に乗せて叉焼丼にしたり、ラーメンにトッピングしたり、お弁当のおかずにしたり・・・。叉焼にしておけばそれだけで保存食にもなるので、冷蔵庫内の嬉しい常備食材となります。

カナダ産豚肉 三元豚バラ真空パックで作った角煮

こちらは、みんな大好き豚の角煮です(´ε` )STAUBのルースターココットを使ってしっとり・こっくりに仕上げました(´ε` )

下茹でして余分な脂を抜いてから味を付けたので、とっても柔らかく、しっかり味が染みた豚の角煮が出来ましたよ〜!

カナダ産豚肉 三元豚バラ真空パック 薄切りにした様子

塊で購入しても、ある程度の薄切りなら、自分で作ることができます!

さすがにアスパラの肉巻きなんかに使えそうな、均一で長細〜いお肉に切り分けるには専用のスライサーが必要ですが、この程度の薄切りであれば普通に包丁でカットできます。

豚バラは生肉の状態だと柔らかく、薄くスライスするのは難しいので、薄切りにカットする場合は、一度凍らせたものを半解凍し、お肉の表面を削ぐように包丁を入れて切り分けています。豚汁・しゃぶしゃぶ・生姜焼きなどに大活躍です!

まとめ

購入する前は、いくら安くてもさすがに5.42kgはちょっと・・・という思いが私にもありましたが、一度自分で切り分けるという作業を経験し、実際に日々、美味しく便利に活用できているので、今は声を大にして塊肉をオススメすることができます。

お値段は安いのにとっても美味しいですし、自分で小分け冷凍したものを解凍し、調理しても味が落ちることがないので、上手に活用することができれば本当にお買い得な商品です。

きっと次からは、肩ロースの塊と同様、こちらも何の躊躇もなくカートに入れることができます!

ただ、どうしても避けられないのが冷凍庫のスペースの問題・・・。我が家の場合はコストコ用の冷凍庫を別に用意しているので特に問題にはならなかったのですが、冷凍スペースが少ないご家庭であればストック場所をどうするか、という点は大きな問題ですよね〜。

一応フォローしておくと、実際に小分け冷凍した感覚で言えば、いい感じに切り分けてパズルのように冷凍庫内に詰めていくことができれば、見た目のボリュームほど冷凍スペースをめっちゃ支配されたー!という事はなかったように思います。

とはいえ、一気に食べずに日々の生活で少しずつ活用するといった目的で購入される方はやはり、ある程度のスペースの確保は必須となります。もしくは少し手間ですが、切り分けて数人でシェア!という方法もアリかなー?と。

興味がある方は、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

おすすめ度:★★★★

コメント

  1. 1
    にん@川崎 says:

    私、豚のバラ肉が苦手だったんです…。でも、これを思い切って買ったら炒め物でも美味しくて!!克服できました(灬ºωº灬)♡
    脂がしつこくなく、甘くて、脂も多い分炒め油はなくていいし、楽チン(ฅ’ω’ฅ)♪
    コス子さんと同じく焼豚にしたものを冷凍して、ラーメンや炒飯、おつまみにしたり、生を細切りにして冷凍したものを豚汁や回鍋肉、ナス炒めなどたくさんの料理に使えるので嬉しいですヾ(*´∀`*)ノ

    個人的にはロース塊も大きくなってしまったので、それならバラ肉塊を買いたいぐらいの商品でした!

  2. 2
    パンダ@尼崎 says:

    私もよくコストコの三元豚バラ肉、肩ロースを買ってます!コストコ塊肉のために、業務用スライサーまで買いました。
    ただ、最近思うのは、カナダ産三元豚は旨味がやはり国産の方が上なんですよね。豚肉のパワーが足りないねなんて夫と話してます。
    豚しゃぶ、焼そば、豚カツ、餃子など、こちらのカナダ三元豚だと豚のうまみが薄く、あっさりしすぎなんです。脂身の味が国産の豚より薄いような。
    なので、豚の味そのものを味わう料理はコストコの国産の豚肉を買うことにしました。そしたら、やっぱり美味しい。
    カナダ三元豚は、醤油やデミソース、赤ワイン煮、カレーなどのこってり煮込みやベーコン作ったりなんかに向いていると思います。
    おすすめには違いありません。
    あくまで一意見です。

  3. 3
    パタパタママ@岐阜羽島 says:

    おはようございます~
    塊肉はヒレや肩ロースしか買ったことがないです。
    豚バラはあの大きさに尻込みしちゃいますね…
    でもコス子さんが作ったチャーシュー(糸の巻き方が上手すぎる!)を見たらお母ちゃんやる気スイッチが入りました!
    子供たちが春休みでお昼ご飯もいりますし、休み明けからはお弁当も作らなきゃ生活が始まるのでがっつり料理するために豚バラ塊買ってみます~
    息子からはねぎまをリクエストされました(笑)
    あの塊からねぎま何本作れるかな~

  4. 4
    みるくま@京都八幡 says:

    おはようございます♪

    我が家の豚バラはこの三元豚100%なんですが
    スライスする手間もあり、いつも焼肉用を買っていました(^▽^)
    ロースの塊はチャーシュー用にしょっちゅう買うのですが、バラはその上をいく大きさですもんねー
    ホント、赤ちゃんですねw
    しかも新生児ではなく3か月か4か月くらいの(爆)

    バラでもチャーシューできるし
    挑戦してみたいです!

  5. 5
    ぽちくろ@ちうぶ says:

    コストコで買う機会がなかなかないけれど、普段よく塊肉を買います。スライスは殆どコマ肉で代用( ̄∀ ̄)
    国産豚のが旨味は上かもですが、濃い目の味つけするならカナダ産のあっさり、とか、好みによって使い分ければ問題ないと私も思います。なにより惜しげなく使えるのが一番( ̄∀ ̄)

    地元中堅スーパーで買った国産豚スライスが、なんでだか旨味が全然出なくて美味しくなかったことがあり、産地によらず肉質が肝心だなと痛感。そしてコマ肉の美味しい店なら、まず及第点クリアなはず…。

  6. 6
    かけぴか says:

    生き物感(笑)
    思わず笑ってしまいました!

  7. 7
    つくし says:

    私も塊肉好きです。
    まな板が小さいので
    切り分けが大変なんですよ。
    わが家は一回の料理にかなりの量を使うので
    あっという間になくなってしまいます。
    だから助かってます。
    ロースも肩ロースもバラ肉も
    1番はホットプレートで焼肉が
    みんな好きかな。
    厚めに切るとダイナミックです!
    今回はチャーシューにチャレンジしてみます!

  8. 8
    riri@久山倉庫 says:

    初めまして。
    わが家では自家製ベーコンを定期的に作るのでベーコンが無くなると買っています。チャーシューも簡単に出来るのでとっても重宝しています😊

    • ぽちくろ@ちうぶ says:

      私も自家製で、簡易版なんちゃってベーコンを常備してます。
      このバラを買うなら、まず塩豚→ベーコン、それと茹で豚→チャーシューと角煮を仕込むと思います( ̄∀ ̄)
      それぞれ1キロならこれで5キロ。食べ盛りがいるからこれじゃ足りないかも?

      我が家の簡易版なんちゃってベーコン、要は茹でたハーブ塩豚のフライパン燻製です。
      カナダ産で肉の旨味がどこまで出るのかに少々不安があって、今のところは国産豚を使っているのですが、どんな仕上がりになりますか?

    • riri@久山倉庫 says:

      ぽちくろ@ちうぶ様
      ずっと鋳物鍋燻製していましたが昨年やっと燻製機を購入しましたので一度にたくさん作っています。どちらかと言うと国産より脂が少なくてあっさり、旨味は国産が勝ってると思いますので国産、カナダ産と使いみちを分けています。
      もうちょっと脂身が多い方がベーコンには良いなと思いますが安いのでね💦
      自分で作ると安いし安全、市販のベーコンには戻れません。

    • ぽちくろ@ちうぶ says:

      ririさん

      なるほど〜〜やはりあっさり目に仕上がるんですね。確かめてみたい気がムクムク( ̄∀ ̄)

      燻製器をご購入とは本格的〜〜!私もいつかは…とは思うものの、性根がズボラですんで、まだしばらくはなんちゃってになると思います…(^^;;
      確かに作りだすと市販品には戻れませんね。なんといってもインジェクションしてない肉本来の旨味、厚切り薄切り自由だし、なんちゃってレベルでも、ベーコンエッグがまぁ美味しいですもの〜。もう何年も買ってないので、愚息はたまに外で市販品を食べると「こんなしょっぱいんだっけ?香料くさいし」と言います…コレはいいのか悪いのか(⌒-⌒; )

  9. 9
    ふくべ@千葉ニュータウン倉庫店 says:

    うちは、豚バラ肉は薄切りスライスを大会リピしてます。
    帰宅して100グラム程度(約3、4枚)に小分けしてグラム数書いてジップロックで冷凍保存。
    それだけでも面倒臭がりの私には手間なので
    塊肉など、多分買うことは無いんだろうなぁ。
    薄切りスライスでも、スーパーの物より少し厚みがあって、肉肉しさが感じられて好きです。
    コス子さんを見習って、いつか、正月料理にチャーシューを作るのを目標にします。
    切り落としたのはカレーの一口大ひしてもよさそうですね。

  10. 10
    みーご says:

    一番最初にこの豚バラ塊を買った時が約6.7kgで、それをたいらげて以来、自信がついたのでクーポンのタイミングで何度か買ってます!
    豚バラは何にでも使えて便利なんですよねー。
    一度4kg台を買いましたが、あっという間になくなったので今は重量より美味しそうなものを選ぶようにしてます。
    アラフィフ夫婦二人だけですが、十分消費できるので絶対お勧めですよ!
    (あーだから痩せないのか〜)

  11. 11
    あまん@神戸倉庫 says:

    肩ロースとモモ肉(だったかな?)の真空パックは購入したことがあるのですが、バラ肉は見かけたことがないですねぇ。
    デカ過ぎて目に入らないだけかな!?
    コストコに行く2回に一回は焼肉用の三元豚バラ肉を買うのでパックがあったらぜひ購入したいです。
    記事と関係ないことなんですが、三元豚の「薄切り」バラ肉スライスって有りませんよね?
    なんでだろう?

    • hide says:

      あまんさん
      私も神戸で豚バラを見かけたことがないです。今日もいって探しましたが見つからず…

      一度チャレンジしたいですね~

      私はカナダ産の豚肉、とても美味しいとおもぅていただいています‼️このバラ肉も体験したいですね🎵

  12. 12
    しおり says:

    初コストコの日に、真空パックのスペアリブを購入しました。
    普通のパックのものより、空気に触れてないせいか
    風味が良くて子どもたちに大好評でした。
    (うちでは骨付き肉はいつも圧力鍋で煮ます)
    ただ、スペアリブは塊だとあばら骨13本と決まっている
    (ぶたさんの骨格のせい)ので、
    四人家族で不公平感なく切り分けるのが難しい・・・
    次はバラ肉にしようかと思います。

  13. 13
    めーさん says:

    このレビューを見て、
    今日はバラ肉塊を買うぞ!
    っと、意気込んでいたのですが…実際手にして怖気付き、隣の肩ロース塊にしてしまいました
    (T ^ T)
    ヘタレな私です…次回こそは!!

コメントを投稿