ブルックサイド ダークチョコレート マンゴー&マンゴスチンフレーバー

ブルックサイド ダークチョコレート マンゴー&マンゴスチンフレーバー

ブルックサイド ダークチョコレート マンゴー&マンゴスチンフレーバー 907g
購入時価格 1,688円

私の大好きなブルックサイドのダークチョコレートシリーズにまたもや見たことがないパッケージの商品が登場していました!

このシリーズ、今年の秋にもダークチョコレートクランキークラスターというサクサク食感のクリスプライス入りのものが発売されていて飛びついたんですよね〜。この商品を発見した時もブルッグサイドのチョコは3〜4種類が並べて置いてありました。

売れるものだけを厳選して販売しているコストコなのに、こんなにも沢山のフレーバーから選ぶことができるなんて・・・あまり他の商品には見られない光景です。

ブルックサイドの商品はコストコでも人気があるシリーズということなのかもしれませんね。コストコで初めてこのシリーズのアサイーブルーベリーを食べ、それ以来ファンになってしまった私にとっては大変嬉しいことです(^^)

しかも今回のフレーバーはマンゴー&マンゴスチン!私が果物の中で1番好きなマンゴスチンと、2番目に好きなマンゴーが一緒になってる!!

そのふたつがブルックサイドのダークチョコレートでコーティングされて一つのお菓子として売られているなんて、、これはもはや私のリクエストに応えて作られたとしか思えないお菓子(←絶対違う)だと、なんだか勝手に運命を感じてしまいました・・・(´ω`*)

旦那氏の許可を取ること無く、発見して即!光の速さでカートに入れる私。。

手に持つとズッシリとした重みがありまして内容量は907gでした。前回のクランキークラスターはパッケージのサイズは同じですが内容量は652gと少なめだったんですよね〜。価格は同じ1,688円ですのでこちらの方がちょっとお得な感じがしますね♪

名称:チョコレート菓子
原材料:砂糖、カカオマス、濃縮果汁(りんご、マンゴー、パッションフルーツ、レモン)、ココアバター、ライスシロップ、マルトデキストリン、乳脂肪、ココアバター、濃縮マンゴスチンピューレ、植物油、全粉乳、食塩、香料、増粘剤(ペクチン)、pH調整剤、乳化剤(大豆由来)、酸化防止剤(V.C)、膨張剤、光沢剤
内容量:907g
賞味期限:購入時より1年3ヶ月先まで
保存方法:直射日光や高温多湿を避け、涼しい場所で保存してください。
原産国名:カナダ
※開封後はお早めにお召し上がりください。

ブルックサイドは原産国のカナダではかなりメジャーなチョコレートメーカーでテレビCMも放送されているそうです。もともとはフルーツやナッツを製造していたファームで、フルーツやナッツとチョコレートの最高の組み合わせを生み出し世に広げたと言われています。

カナダのメーカーなのに、なぜかアメリカ土産として選ばれる商品だったりもしまして、日本では成城石井やカルディなど、輸入食品を取り扱うお店でも販売されていたりするので、ご存知の方も多いと思います。

ただ、他店で売られているものはコストコのように大容量ではないんですけどね。200g位の小袋(?)に入ったチョコが結構いい値段で売られていたりするので、グラム単価で考えるとコストコは格安だと思います。

パッケージはジップ付きになっているため、開封後も密閉保存することができます。見た目は以前食べたシリーズとほぼ同じ。パッケージから出した状態だと何のフレーバーなのか全くわからない状態です。

ブルックサイド ダークチョコレート マンゴー&マンゴスチンフレーバー 中身

ちょっぴりダークな色味をした光沢のあるチョコボールがゴロゴロしています。同じシリーズのアサイー&ブルーベリーや、ゴジ&ラズベリーとなんら変わりないビジュアルですね。直径1~1.5センチほどの円形〜楕円形でして、1個1個の大きさはかなりバラバラです。

他のシリーズと同様、こちらも甘さ控えめのダークチョコレートの中に円盤型をした果汁の濃縮グミが入っています。小さなチョコにはグミが1粒、大きいチョコには3粒ほど入っていたりしまして相変わらず大雑把な感じ。。^^;

というわけで、さっそく食べてみました!

一口目の感想は・・・なるほどこんな感じか〜!!です。

名前のとおりマンゴーとマンゴスチンがしっかり合わさったジューシーでトロピカルな甘さがある果汁グミががっつりと主張する味です。おかげで甘さ控えめのダークチョコが果汁グミの引き立て役に徹しているという感じですね。

今まで食べてきたフレーバーはベリー系の酸味が際立つものが多かったので、同じ果汁グミ+ダークチョコの組み合わせでも、これまでのものとはまたちょっと違ったテイストです。

今回、このフレーバーを食べてみて初めて気がついたのですが・・・私は多分、ブルックサイドのチョコの甘味×ベリーの酸味×チョコのほろ苦さという、一見ミスマッチかもと思える味の組み合わせが好きみたいなんですよね。

というのも、私はマンゴーもマンゴスチンもすごく大好きなフルーツでして、今回の果汁グミもしっかりマンゴー×マンゴスチンの味が感じられ、想像したとおりの味で大満足!・・・のはずだったのですが、このお菓子に関して言えば初めて食べた時のアサイー&ブルーベリーほどの感動が得られなかったんです。

フルーツの甘さが際立ってしまう感じで酸味は少なめ、食べながら微妙に物足りなさを感じてしまいました。私はやっぱりブルックサイドのチョコには「甘い、酸っぱい、ちょっと苦い」の絶妙な一体感を期待してしまうんですよね・・・。その点ではアサイー&ブルーベリーがやっぱり1番のお気に入りです。

一方、旦那氏は以前からこのチョコ×果実の組み合わせに関しては否定的でして私と全く逆の意見なんですよねー。チョコと果実グミの、これ甘いの?酸っぱいの?みたいな複雑な味とどことなくプルーンっぽい香りがするのが苦手らしく。。でも、今回のマンゴー&マンゴスチンは今までのシリーズの中では1番好きかも!と言っていました。

旦那氏曰く、今回の方がチョコとマッチしていて食べやすい、とのことでした。が、いやいやちょっと待って!ベリーの酸味があるからこのチョコは飽きずに美味しく食べられるのよ〜!というのが私の主張です。

あ〜なんか、このやりとり、毎度のことのような気がするなぁ〜。。ブルックサイドのダークチョコレートシリーズに関してはなかなか意見が一致しません。

そんなわけで、好みはやっぱり人それぞれですねー。決して嫌いというわけではなく普通に美味しいのですが、私が期待していた味のものとはちょっと違ったなぁというのが正直なところです。

チョコ×ベリーの組み合わせに違和感を感じる方は、今回のフレーバーの方が気に入るかもしれませんね。いずれにせよコテコテに甘いチョコというわけではないので比較的パクパク食べやすいです。こちらもお茶うけとして大事に楽しみたいと思います。

おすすめ度:★★★

コメント

  1. 1
    @ より:

    私はこれが一番好きですね。昔からずっとこれしか買っていなかったです。コストコで販売されているのを見て速攻でカートインしてしまいました。
    これからもずっと販売されてるといいなぁ。

  2. 2
    まるこす より:

    おお、さすがに年末、大掃除に買い物、おせち作りと皆さんお忙しいのでしょうか?コメント少なめですね(^-^)
    それとも年末のクーポン目当てにコストコに行っているのでしょうか(笑)。

    このチョコシリーズ、試食で食べて美味しいと思うのですが、なかなか怖くて手が出せません。小さいつぶつぶをポイポイ口に入れて止まらなくなりそうなので( ̄▽ ̄)
    でもコス子さんのコメント見ると欲しくなるなぁ。
    お正月太りが少し戻った頃にチャレンジしてみようかな(*^_^*)
    ってお正月太る事織り込み済みな所がダメなんでしょうね〜(^◇^;)

  3. 3
    いっちぃ より:

    我が家はこのシリーズ、マンゴーが1番でした☆
    私も見つけて速攻カートイン!
    マンゴー好きな家族なので、取り合いですぐ無くなりましたー(笑)
    この小粒な感じが止まらなくなるのに拍車をかけて困るんですよねσ^_^;
    多分次回もリピです♡

  4. 4
    こきゅ@中部 より:

    私はコス子さんと全く同意見です。
    すべて、べつべつでは大好きなフルーツ。ダークチョコも好き。でも合わさったらダメなんですよ…アサイー&ブルーベリーのあの感動にはかないませんでした。
    よかったー!同じように感じてくれる人に会えて。そして、この気持ちを文字にしてもらえてとてもスッキリです。ありがとうございます。

  5. 5
    cherie@座間 より:

    このチョコのレビュー、お待ちしていました!\(^o^)/
    以前、ザクロの小さいのを買ったけど好みではなかったので、これも気になりながら、購入に踏み切れずにいました。

    娘も私も、アサイーブルーベリーが大好き♪
    でもコス子さんと同じで、あの酸味がツボなのです。果物のマンゴーは大好きだけど、このチョコは好みに合わないかもしれませんね。

    …と言いながらも、やっぱり食べてみたいので、買っちゃうかも(^^;
    でも期待しすぎず、覚悟して(?)購入できますー♪
    いつも分かりやすく伝えて下さって、本当にありがとうございます(*^^*)

コメントを投稿