USAビーフチョイス ローストビーフ用モモかたまり

USAビーフチョイス ローストビーフ用モモかたまり

USAビーフ チョイスグレード モモ かたまりネット掛け
購入時価格 189円/100g(2018年12月)
ITEM# 098218

コストコでアメリカンビーフの塊肉を購入しました〜!こちらはローストビーフ用として販売されているお肉で、先日のメルマガでも紹介されていた冬の新商品になります!ローストビーフは普段からよく作るので、販売が開始されたときからすごく気になっていたんですよ〜!

下記はメルマガの説明文です。

ローストビーフに最適なモモ肉をネットでくるみました。スジや筋間脂肪の無い赤身肉なので切り分けた際の断面がとても綺麗な牛肉です。

コストコで販売されている国産の豚肩ロースも同じようにネット掛けされていて焼豚が作りやすいようになっていますが、こちらはその牛肉バージョンということですね。手作りのローストビーフ用として塊のまま、まるまる調理しやすい形になっているということだと思います。

売り場で手に取ってみると、どれも大きなモモ肉の塊が1つの容器に2つずつパッキングされていました。牛肉の塊にも関わらず、200円/100g以下という価格もお手頃で嬉しいな(゚∀゚)

ローストビーフ用と言えば、私はお値段がお手頃でいつでも購入しやすいという理由で、USAビーフ肩ロースの塊を使い、脂身やスジを切り分けた赤身の部分を使ってローストビーフを作るのが定番だったのですが・・・やはり肩ロースということで、断面に細かいスジが入ったりして、カット面によっては少し見た目が悪くなったりもしていたんですよね。

あと、赤身の切り分けた部分しか使わないということもあり、お肉がどうしても長細い形になってしまうため、小さなサイズでしか作ることが出来ず、ローストビーフにした時のカット面が小さくなってしまうという問題もありました。

まぁ、それはそれで食べやすかったので満足はしていたのですが・・・やはり見た目の豪華さで言えば無駄なスジや脂肪が無いモモ肉の方が、どこを切っても綺麗な断面に仕上がるし、お肉のサイズが大きめなのでパーティーウケする豪華なローストビーフが作れますからね。

そんなわけで今回は、こちらのモモ肉を使って美しいローストビーフを作るべく購入することにしました!2本あるから1本はクリスマス用、もう1本は年末年始用!なんて感じにしても良さそうですね。

商品詳細

名称:牛肉
要冷蔵4℃以下
スジ切り処理をしてます。十分に加熱してお召し上がりください。
消費期限:加工年月日含め4日
正味量:1700g
購入時価格:3,213円

内容量によって販売価格は異なるのですが、今回私が購入したものは約800gと約900gの2つの塊のお肉が入って、3,213円でした。パッと見、どれも3,000円前後の価格だったように思います。

USAビーフチョイス ローストビーフ用モモかたまり ひとつ

こちらは2つ入っていたうちの大きい方のお肉で、重さは900g。直径10cm☓長さ17cmという円筒形の形をしています。

焼豚やローストビーフ用のお肉がこのように網がかけられていたり、タコ糸などで縛ったりされているのには色々と理由があるのですが、いちばんのポイントは形が綺麗に整えられることで火の通りを均一にすることができ、見た目が美しく、味も美味しく仕上げることができるということだと思います。

もちろん、網掛けされてなきゃローストビーフが作れない!なんてことはないのですが、ローストビーフのようにお肉を柔らかく、中まで火を通して仕上げる場合などは特に、お肉の形がいびつだと火の通り方が変わってしまい、結果柔らかい部位と硬い部位ができたりしてしまうんですよね。それが原因でお肉全体の味を損ねてしまったり、もちろん見た目も悪くなりがちです。

なので、こういった「太め」のお肉の場合は、火の通り方を均一にするために、網掛けしたり、タコ糸で縛って形を整えたりすることは割と大事だったりします。

USAビーフチョイス ローストビーフ用モモかたまり ローストビーフ出来上がり

できました〜!モモ肉で作ったローストビーフです(゚∀゚)

作り方は、以前紹介したUSAビーフ肩ロースで作る簡単ローストビーフと同じ、炊飯器を使った低温調理法で行いました!

尚、肩ロースと比べるとこちらの方がお肉の厚みがあるため、低温加熱時間(保温時間)を、通常30分にしているところ、いつもより10分長めの40分に調整してみました。(ここはお好みで調整してみて下さい。)

まず最初に、味付けをしてフライパンでお肉の表面に焼き目を付けるのですが、網掛けされていることでお肉の形が綺麗に整っており、まんべんなく焼き色を付けるという作業がとってもやりやすかったです!トングでも掴みやすかったのでコロコロ転がすのも楽ちんでした。

USAビーフチョイス ローストビーフ用モモかたまり ローストビーフカット断面

おぉぉ〜中もいい感じにロゼだった(゚∀゚)肉汁も逃げずにしっかりお肉の中に留まり、とっても美味しそうにできましたよ〜!

ただ、今回作ったお肉に関しては見ての通り少しだけスジっぽい部分もありました。せっかくのモモ肉だし、カットしたら全面赤身!みたいなのを期待していただけに、ちょっとだけ残念だったな。

とはいえ、肩ロースで作るローストビーフより圧倒的に大きなスライスを作ることができるし、見た目の豪華さと食べごたえは明らかにこちらの方が上ですね!

味について

ウマウマである!(゚∀゚)1枚のサイズが割と大きいスライスになるので、薄くスライスしたローストビーフでもしっかり食べごたえがあり、赤身の旨味をしっかり感じられます。

モモ肉だからかな〜?お肉の繊維が均一で、口に入れてから噛み砕いてほぐれていく感じも滑らかでいい感じです!

脂が少ない部位ということもあり、食べていてヘルシーなのも嬉しいですね〜。これが霜降り肉となれば150g位の量で精一杯だけど、このお肉とワインがあれば、それはもうエンドレスに食べ続けることができるのでは?なんて思っちゃいます。

ちなみにローストビーフを脂身が多い部位で作ると、冷めた時に脂の部分が固くなってしまって滑らかな食感が楽しめなくなるんですよ。ローストビーフは熱々で食べる料理ではないので、冷めても美味しく食べることができる赤身が多い部位がやっぱり向いているんだなぁ〜ということが、こちらを食べるとよくわかります。

ただやはり、赤身は筋肉なので厚くカットしてしまうとかなり食べにくいです。硬すぎるとか、噛めないってことは無いのですが・・・食べていて「柔らか〜いお肉!」という印象はありません。

今回調理したローストビーフも2mmほどの薄〜い厚みでスライスすると、柔らかくてとっても美味しかったのですが、うっかり厚めにカットしてしまったところは歯ごたえが強く、食べにくく感じました。

もしかすると少し中まで火が入りすぎてしまったのかも・・・?なんて、あらためて写真を見て思ったりもするのですが。。いやでも、ローストビーフの火の通り方は各々好みもありますからねぇ。いずれにせよ、モモ肉はお肉の部位的にも決して、柔らかい食感の部位というわけではないので注意が必要です。

ちなみにこういった塊のローストビーフは、しっかり包丁を研いでお肉が完全に冷めた状態でスライスすれば、薄くスライスするのもそこまで難しくないのでぜひ試してみてくださいね。

USAビーフチョイス ローストビーフ用モモかたまり ローストビーフサラダ

こちらはたっぷりの生野菜の上に薄くスライスしたローストビーフを敷き詰めた、ローストビーフサラダです。ドレッシングはつけダレ+和風玉ねぎドレシングを混ぜ合わせてお肉の上からふりかけました。

ごちそうサラダとして食べごたえもありますし、見た目も華やかなのでパーティー用の料理にはピッタリですね!

USAビーフチョイス ローストビーフ用モモかたまり ローストビーフ丼

こっちは旦那氏リクエストのローストビーフ丼です!

ご飯が見えなくなるほどにローストビーフを巻き巻きして、頂上に卵黄を乗せてたっぷりとタレをふりかけていただきます!これも、とっても美味しかった〜!(゚∀゚)

下に埋まったご飯を甘辛ダレがたっぷり浸透しているお肉で巻きながら、トロトロ濃厚な黄身にいちいち潜らせて食す!(´艸`*)これが良いのですよ〜最高!

ヘルシーなお肉に、ほかほかご飯を合わせることでしっかりとボリュームがあるメニューとなり、お肉食べてる〜!的な恍惚感に浸れる、とても満足度が高い一品となりました!これ、990円ランチとかで売れるんじゃ??

これらの2品をお肉たっぷりで作ったところでまだまだ塊は無くなりません!

1つの塊だけでも800〜900gあるお肉で作ったローストビーフなので、すごいボリュームです!おそらくこちら1塊だけで上記のローストビーフ丼が4〜5人前は作れちゃうのではないでしょうか?

それが☓2ということなので、まとめて作っちゃえば本当に、飽きるほどローストビーフが食べられますね(゚∀゚)贅沢だ!

ちなみにこちらも加工段階で一度も冷凍されていないお肉なので、未調理のまま冷凍保存することができます。一気にまとめて作ってしまうのではなく、片方は冷凍保存しておいて、いざ必要となるべく時まで眠らせておく、というのも手だと思います。

まとめ

まさにローストビーフ専用のお肉!という感じでした!大きなお肉で形もきれいに整っており、すでにネットがかけられていることで、手がかかりそうなローストビーフという料理も、このお肉を使えば簡単に作ることができます。

実際、作る手順を考えてもローストビーフを作るのってそこまで難しくないんですよね。私が思うに、ローストビーフという料理が美味しく作れるかどうかというのは、8割は使うお肉のコンディションにかかっているといっても過言ではありません。

そういう意味ではローストビーフ用として販売されているこちらのお肉を選んだ時点で、すでに8割は成功しているとも言えます(゚∀゚)

このお肉を使って手作りすれば、市販されているものよりも安く、それでいて大量にローストビーフを作ることができるのでとってもオススメですよ!

モモ肉のローストビーフは見た目も美しく、スライスしたお肉のサイズも大きいので大変見栄えが良く、パーティー映えすること間違い無しです!

興味がある方はコストコの精肉売り場でお望みのサイズのものを品定めし、クリスマスパーティー料理の一品としてぜひとも作ってみてくださいね!

おすすめ度:★★★

コメント

  1. 1
    土日は北九州 says:

    instagramに上げられた写真が、ローストビーフもとても美味しそうで盛り付けも美しくて、一度も作ったことがないローストビーフを作ってみたくなりました。
    炊飯器を確保せねば、、、

  2. 2
    さらち says:

    このお肉の販売期間は、もう終了してるのでしょうか?
    昨日、久山店に行ったけど、置いてなかったです。泣

  3. 3
    けこ says:

    私も買いました♬*゚大きいので半分に切って作りました( ◜ω◝ )
    少し固めのお肉でした・・・ローストビーフ4本作って3本冷凍したのですが・・・先日解凍して食べたら1度冷凍したローストビーフの方が固くなくて美味しかったです☆

  4. 4
    ぽちくろ@ちうぶ says:

    私もこれ見つけて迷ったんですよねー。
    タイミング的に、作りきる体調と気力に自信がなくて諦めたのですが。

    ちなみに、筋繊維に対して、直角より斜めに削ぐように薄切りすると、食感も柔らかく、しかも大きく見えます( ̄∀ ̄)

  5. 5
    ちーず@つくば says:

    ローストビーフ食べたい♥️
    ネットがけはフライパンでコロコロしてるうちにゴムが切れるんじゃないか?とか色々考えてしまって手を出せず…←考えすぎ
    煮豚用もネットがけしてありますよね。beef or pork…どっちにしよう??と迷って決めかねて帰ってきてしまった(^_^;)
    来週辺りに行ってゲットしてこよー!

  6. 6
    宇治抹茶金時 says:

    いま、正に!尼崎店で買って帰ってきたところです。
    売り場には並んでなくて「ただ今カット中です」とのこと。
    出して下さったものも、あちこちから手がのびて即完売でした!

    いつもは、ビタントニオのヨーグルトメーカーで作ってましたが大きくて入らないので(^-^;炊飯器作戦試そうかな?

  7. 7
    コストコ好き(☆∀☆) says:

    もうクリスマス用に店舗は混んでますか?先日、前橋に行ったところ、17日から混雑すると言われましたが…

  8. 8
    のり says:

    ローストビーフ、薄く綺麗にカットするコツありますか?
    よかったら教えてください

    • ゲスト says:

      私も同じく、手切りで薄く綺麗にスライスしするコツって?と思っていましたら、大量に調理し、冷凍保存。
      ポイントは【食べる時に半解凍】これで薄くキレイにカットを実現しているらしい!
      試してみましょう!

  9. 9
    モモ猫 says:

    ローストビーフは比較的によく作るのですが、今までオーブンで作ると、焼き過ぎになる事が多かったんです。
    炊飯器ローストビーフは半信半疑でしたが、実に綺麗に美味しく出来ました!
    作る前から炊飯器を保温状態にしておき、お湯の温度が下がらないようにし、出来上がったらすぐに冷水で冷まして加熱を止めました。
    お肉がジップロックに入っているので、冷却が簡単で良かったです。
    加熱時にでた肉汁は、ソースにしました。

  10. 10
    ゆり says:

    我が家は炊飯器がないので、大きなお鍋で80度を保ちながら作りました。
    一つ1kg近かったので、二つだとなかなか火が通りにくく、1時間半でちょうどいい色に…。
    とっても美味しく出来上がりました。
    おせちに入れて、残りはローストビーフ丼に…。
    ソースは赤ワインを煮詰めて、ローストビーフを漬けたタレとともに温めてかけましたが、これまた好評でした。
    このお肉、リピ決定です!

  11. 11
    LaLa says:

    お正月のおもてなしに購入し、作ってみました。
    コストコの塊肉を購入して、年間20本以上焼いていますが、今回はこちらを初購入❤いつもは、choiceの肩ロース塊か、primeの肩ロースを購入しています。

    感想は、とっても美味しく手軽に出来て、良かった~✴です。

    すでに、筋や脂身を取り除くトリミング処理を済ませてあるし、形もローストビーフにちょうど良い大きさで、更にネットがかけられているので、温度も均一にかかるので、とっても綺麗なローストビーフができました。

    価格も近隣のスーパーでは考えられないくらい激安です✨

    是非、定番化してほしいです。2日に購入したときも4パックしか店頭にはありませんでした。そのうち3パック買い占めちゃいました‼

    残り2パックは冷凍庫で、次のおもてなし用にスタンバイしています。

    私の作り方のポイントは、
    ※3時間くらい前には、冷蔵庫からだしておく
    ※塩・黒胡椒をたっぷりとふる
    ※黒ニンニクはソースのときに加える

    お肉をしっかり焼き付ける→ポリ袋に入れる→フライパンに残った肉汁にワイン、黒ニンニク、醤油、みりん等加えて煮詰める。→お肉と一緒にポリ袋に入れる→空気を抜いてしばる。→ジップロックに入れて空気を抜く。→大きな鍋にお湯を湧かして、ジップロックごといれ、5分沸騰させる。→その後お皿等をのせて沈めて15分放置。→15分たったら、お湯から取り出してしっかり冷めるまでおく。これで出来上がりです。

    あとは、スライスして出来上がりです✨

    塊ごとホームパーティに持っていっても喜ばれますし、プレゼントにしても1,500円でこんなに喜んでもらっていいのかと思うほど喜ばれますよ🎵

    是非お試しください‼

  12. 12
    松子 says:

    去年 コス子さんの記事を読んで、このお肉のことがずっと気になっていました。

    遅ればせながら、やっと先週こちらを購入して、コス子さんお勧めの炊飯器調理で、ローストビーフを作りました。

    初炊飯器調理でおっかなびっくりでしたが、最高にうまくできました。コス子さんのおっしゃる通り、厚切りにするとお肉が硬い感じでしたが、薄ーくスライスしたものはとっても美味しかったです。

    またジップロックに入れたまま冷蔵庫で1日寝かせたローストビーフは、スライスも簡単でソースの味もしっかりお肉にしみていて何切れでも食べられるおいしさでした。

    このお肉は定番でずっと販売してほしいです。

    コス子さん、素敵な情報をありがとうございました!

コメントを投稿