ハードバイト オールナチュラル(ポテトチップス)

ハードバイト オールナチュラル(ポテトチップス)

FARMER GROWN Hardbite AllNatural 625g
購入時価格:638円(2019年9月)
ITEM# 593430

ハードバイトのナチュラル(ポテトチップス)を購入しましたー!

こちらは、最近すっかりお気に入りのカナダのHomegrownFoodsというメーカーのポテトチップス、ハードバイトシリーズです。

ポテトチップスらしくないカッコいいパッケージデザインも、安心・安全・ナチュラルにこだわって作られているところも、そしてジャガイモそのものの味をいかした味付けも、全体的にとっても好み!!

なので、新しいフレーバーを発見すると、なんとなく買わずにはいられない気持ちになってしまい・・・見つけたらついつい買ってしまいます(*´ω`*)

過去には、ロックソルト&ビネガー味ワイルドオニオン&ヨーグルト味アボカド&ライム味シーソルト&ペッパー味ケチャップ味が販売されており、こちらでも紹介させて頂きました。

今回も見慣れないパッケージの新しいフレーバーを発見したのでさっそく手に取ってみたところ・・・こちらは「オールナチュラル味」らしいんですよ。

もともと、防腐剤や遺伝子組み換え作物、トランス脂肪酸、グルテン、コレステロールなど、人工的な成分を一切使用しない「オールナチュラル」で作られているということを売りにしているメーカーさんなので、これ以上にオールナチュラルになってしまうと、もはや素材の芋に戻ってしまうのでは( ゚д゚)なんて一瞬思ったのですが、どうやらそういうことではないらしく・・・

公式サイトを見てみると、この「オールナチュラル味」というテイストこそがハードバイトの看板商品というか、最もメジャーな商品みたいなんですよね。いわゆる日本でいうところの「うすしお」みたいな定番の味なのだと思います。

逆に言えばどうして今まで、アボカド&ライム味とかケチャップ味といった、ちょっと変わったテイストのものが販売されていて、メジャーどころのオールナチュラルが後発になってしまったのかが謎なのですが・・・ポテトチップス=うすしお派の我が家(というか、旦那氏と上の子)にとっては、この上無くピッタリな商品なので、即決でお買い上げとなりました!

ちなみに今回のパッケージは、パッと見、孤島の海沿いみたいな感じの写真だなー?と思ったのですが、実はカナダのバンクーバーにある、スタンレーパークという公園の中にあるサイウォッシュロックというランドマークなんですって。

すごいよね、無人島かと思った写真が公園内だったなんて・・・スケール大きすぎ〜( ゚д゚)

商品詳細

名称:ポテトチップス
原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、食塩
内容量:625g
賞味期限:購入日より8ヶ月先まで
保存方法:直射日光や高温多湿を避けて保存してください。
原産国名:カナダ
※本品製造工場では、りんごを含む製品を生産しています。開封後はお早めにお召し上がりください。
栄養成分表示【100g当たり】/熱量 500kcal、たんぱく質 10g、脂質 25g、炭水化物 59g、食塩相当量 1.02g この表示値は目安です。

ハードバイト オールナチュラル(ポテトチップス) 横から(パンパンに詰まった様子)

やはりこちらも他のシリーズと同じように、袋の上の方までパンパンに詰まっております。日本のポテトチップスのように空気でパンパンというわけではなく、しっかりチップスが詰まっている感じですね。手に持つとずっしり!!

ハードバイトは日本の割れやすいポテトチップスと違って堅焼きなので、しっかり詰めても輸送中に粉々になるということが少ないのかもしれません。

内容量625gのポテトチップスはコストコのお菓子売り場の中では割と普通ですが、やはり通常のスーパーで販売されているポテトチップスと比べれば巨大サイズであることは間違いありません( ゚д゚)

いくらオールナチュラルで、安全性・健康面に気を使ってます!な商品でも、食べすぎちゃったら意味ないですからね・・・一気に食べすぎないように気をつけなければなりません。

ハードバイト オールナチュラル(ポテトチップス) 開封中身

中身は釜揚げ系のシンプルなポテトチップス。他のシリーズと同様、全体的に使われているポテトが小ぶりで比較的小さめのチップスが多く、つまみやすくて大口を開けなくても食べやすいサイズ感です。

めっちゃ塩たっぷり!ということもなければ、油でギトギトということもなく、時々ひしゃげて重なっていたりと不揃いな形のものもあったりして、全体的に自然に作ってるでしょ?みたいな雰囲気があります。

味について

美味しい〜(´艸`*)じゃがいもの味がめっちゃ甘い〜!!名前の通り、ガリッ!ボリっ!のハードな歯ごたえでしっかり食べごたえがあります。

味は塩気控えめの「うすしお」って感じではなく普通の塩味で、そこまで大きな特徴もなくどこにでもありそうなシンプルな味付けなのですが・・・それゆえに、美味しいジャガイモで作ってます感のある、芋の味がとても濃いポテトチップスでした。

口に入れた瞬間は表面にかけられた塩のしょっぱさが際立ちますが、口の中で噛み砕いて細かくなっていくうちに、ジャガイモの甘味・旨味がじんわり溢れてきて塩気といい感じに混じり合います。

芋のポテンシャルをしっかり引き出した後に喉元を過ぎていくので、口の中にはなんともいえない旨味が残り、ついついもう一口!もう一口!と続けて食べてしまいたくなっちゃうんですよ( ゚д゚)

すごいよね・・・本当にシンプルな味付けなのに、すごくヤミツキになっちゃう。これってやっぱり素材の芋の美味しさに自信があるということなのでしょうか?

塩気は決して少ないわけではなく、かといってそこまでしょっぱすぎることもなく、本当にじゃがいもの美味しさを引き出すのにちょうど良い絶妙な塩梅なんですよね。

初めて手に取った時はどうして「SALT」ではなく、わざわざわかりにくい「ALL NATURAL」というネーミングなんだろ?と思ったのですが・・・実際に食べてみて、ちょっと納得できましたね。

あと、先日紹介したカークランドシグネチャーのヒマラヤンピンクソルト味と比べると、こちらの方が油っ気が少なく、あっさりしているように思いました。

保存について

本来なら、湿気を防ぐためにジップロックのような密閉できる袋に入れて小分けするのが一番良いのかもしれませんが、我が家ではハードバイトはいつも、食べ残した分は雑にクリップで留めて保存しております(;´∀`)

日本メーカーのポテトチップスだと、この方法じゃ翌日はシナシナになって風味も変わってしまいますが、なぜかハードバイトは大丈夫なんですよね〜。というか、海外のポテトチップスって、なぜか湿気に強くて全然シナシナにならないんですよね。

そんなに急いで食べているつもりもないのですが、多少開封直後より油っぽさが増すことはあっても、風味が損なわれるということはなく、いつも食べ終わる直前までザクザクガリガリ食感で最後まで美味しくいただいております。

まとめ

ハードバイトシリーズの中で最も、どノーマルな「塩味」のポテトチップスです。

でも、「塩味」というよりも「じゃがいも味」のポテトチップス!と言ったほうがしっくりくる気もします。じゃがいもの美味しさをシンプルに、それでいてはっきりと感じられます。調味料の塩は味付けというより、引き立て役という感じでしょうか。

この一番ベーシックなポテトチップスを食べて、あらためてこのメーカーさんのポテトチップスは好きだなーと再確認しました。原材料も実にシンプルで、大変好感が持てます。

ちなみに・・・好みだとは思うのですが、私はカークランドシグネチャーのヒマラヤンピンクソルト味よりも、ジャガイモの素材そのものの味が濃厚に感じられるこちらの方が好きだなぁ〜と思いました。

でも旦那氏は断然ヒマラヤンピンクソルト味の方が好きらしく・・・なんでも、ヒマラヤンピンクソルト味の方が塩気がまろやかで、しっかりチップスと一体化しており塩のトガりを感じないのが良いのだとか。シンプルな「塩」という味付けですが、それぞれで微妙に違うというのも面白いですよね。

とはいえ、誰でも受け入れられる万人受けするテイストなので、子供のおやつ、お酒のおつまみ、映画鑑賞中のお供、料理への活用など、いろいろなシーンで大活躍間違いなし!

パッケージのデザインも相変わらずオシャレだし、ちょっとしたホームパーティーなんかにお呼ばれした時の差し入れにしても、センスのいいお土産みたいな感じでウケそうです。

おすすめ度:★★★★

コメント

  1. 1
    ひょこ太 says:

    これ、Calbeeのうすしお味が値引きされているときにカートに入れてうろうろしていたら、試食のお兄さんに「Calbeeのポテトチップスとの違いを味わってみてください」と勧められて試食しました。美味しかったのと、いつもあるわけじゃないとのことだったので、手土産用と自宅用に購入しました。手土産としてもインパクトがあり、喜んでもらえました♪
    本当に袋いっぱいにたっぷり入ってますね。堅あげポテトのようなザクザクした食感で、よく噛まないといけないから一度に食べ過ぎることもなく満足できました。
    早く食べきらなきゃ~と、サンドイッチやホットドッグの横にも添えて出してましたが、袋の口を雑にとめただけでも湿気ることなく食べきれました(^-^)
    昨日もまだ並んでいたので、また買っておこうかな。

  2. 2
    田作り@羽島 says:

    ちょうど昨日まとめ買いしてきました!
    塩分油分が控え目な感じで食べやすいと思っていたけど、コス子さんの仰る通り、改めて考えると確かに塩味はそれなりに主張しています。でも塩辛いとは感じません。ジャガイモの味がしっかりしているからでしょうね。
    オリーブオイルのポテチが復活しない現状、私の中ではハードバイトオールナチュラルがアミカのポテチと並んで「油っこくない塩味チップス」のツートップとなりました。

    • ゲスト says:

      我が家もハードバイトのオールナチュラルとアミカがツートップです!
      選びきれず両方買ってしまいます!

  3. 3
    ゲスト says:

    うちではKSのケトル ヒマラヤンソルトよりハードバイトのオールナチュラルの方が圧倒的に好評です!
    安くても後半変質するものはちょっと・・・。
    その点、こちらのハードバイトは最後まで油っぽくならず、塩気にムラがなくて、最後まで美味しく頂けました。
    かたあげポテト うすしおが好きな方なら気にいると思います!

  4. 4
    K@中部→羽島 says:

    チップス自体の味わいはKETTLEのUNSALTEDに似ているので、もう少し塩気が少なければ言うことなしですが、今まで食べてきたコストコ扱いのチップスの中で、我が家ではオリーブオイルチップスと並んで1番です(*´∇`*)UNSALTEDが入荷してくれたらダントツ1番ですけどね(笑)
    黒焦げチップスが普通に出てくるのでビックリしますが(^^;
    店頭にあるうちに……と、先日また1袋買ってきてしまいました(*^^*)開封したら食べ進めちゃうので、いつ開けようか思案中(我慢中?)です。

  5. 5
    む〜 says:

    何年も前KSポテチを食べ余りの油っぽさに海外物はこりごりと思ってましたが、みなさんのコメント見て再度こちらのポテチ挑戦しようと思います。

  6. 6
    源内さん says:

    神戸倉庫で試食していた「シーソルト&ペッパー味」「ケチャップ味」「オールナチュラル味」でこのナチュラル味をチョイス。ザクザクが美味しくて国産にはない食感でした。一緒にフリトレーレイズクラッシックも購入しましたが、レイズが油が多く塩からく感じました。

  7. 7
    りん says:

    我が家ではネギのサラダの時に堅あげポテトを入れるのですが、このポテトチップスちょうど良さそうですね!あとポテトサラダにも良さそうです。
    コストコにちょうど行こうと思ってたので良い商品を教えていただきました〜。絶対買います!(あるといいなぁ・・・)

コメントを投稿